プレトリウス:合唱作品集

2012年11月14日 (水)

ミヒャエル・プレトリウス:合唱作品集
クラウス・アイヒホルン指揮
カペラ・カントールム・ベルリン


にぎやかな世俗音楽『テルプシコーレ舞曲集』で名高いバロック初期のドイツの作曲家、ミヒャエル・プレトリウス[1571-1621]は、シュッツやシャイト、イタリア音楽の美点を取り込みながら、宮廷楽長として作曲にも力を入れていた人物。
 中でもルター派教会のために数多く書き上げたプロテスタントの合唱曲は敬虔で親しみやすい美しさが印象深い傑作揃いですが、ヴェネツィア楽派の書法が導入されたこともあって、多重合唱群の使用が効果的なものや、さらに定旋律や、ホモフォニックとポリフォニックの組み合わせといった進歩的な技法が活用された作品も含まれ、バロック後期への影響が見受けられるのも特徴となっています。
 指揮のクラウス・アイヒホルンは1949年ベルリン生まれのドイツの教会音楽指揮者兼オルガニストで、1981年に「カペラ・カントールム・ベルリン」を結成し、教会音楽専門に活躍してきました。(HMV)

【収録情報】
プレトリウス:
・『Hosianna dem Sohne David』
・『Nun komm der Heiden Heiland』
・『Lob sei Gottdem Vater』
・『Magnificat』
・『Vom Himmel hoch』
・『Euch ist ein Kindlein』
・『Es ist der Herr』
・『Lob, Ehr sei Gott』
・『A solis ortus cardine』
・『Domus pudici』
・『Summo parenti gloria』
・『Feno iacere』
・『Puernatus』
・『Gelobet seist du Jesu Christ』
・『Das ewige Licht geht』
・『Das hat er alles uns』
・『Ein Kindelein so lobelich』
・『Der Tag, der ist so freudenreich』
・『Uns ist ein Kindlein』
・『In dulci iubilo』
・『O Jesu parvule』
・『O Partis caritas』
・『Ubi sunt gaudia』

 カペラ・カントールム・ベルリン
 クラウス・アイヒホルン(指揮)

 録音時期:2012年5月
 録音場所:シュトラールズント、マリエン教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

合唱作品集 カペラ・カントールム・ベルリン

CD 輸入盤

合唱作品集 カペラ・カントールム・ベルリン

プレトリウス、ミヒャエル(1571-1621)

価格(税込) : ¥2,640
会員価格(税込) : ¥2,297

発売日:2012年11月27日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item