SIGH 川嶋氏コラム番外編!

2012年9月5日 (水)

ALCEST
Alcest / Neige (Vocals, Guitars, Bass, Keyboards)

Alcest / 『Les voyages de l'âme』

※動画や音声が再生中に途切れる場合は、インターネットブラウザを立ち上げなおしてみてください。

<音楽におけるジャンル分けの是非とブラックメタルと Alcest >

 音楽において、ジャンル分けは必要か。ジャンル分けは善なのか、それとも悪なのか。
よく音楽をジャンルにおいて分類することによる弊害について語られるのを耳にする。
音楽には良い音楽と悪い音楽しかない、ジャンルなどどうでも良いという主張。(そもそも良い音楽悪い音楽って何だよって聞きたいですけど。)自らがジャンルの奴隷となり、興味を持てないジャンルの素晴らしい音楽を耳にする機会を逸してしまう危険。どれも一理ある。しかしジャンルというものが、音楽にとって絶対的に悪ならば、おそらくはその存在そのものが淘汰されているだろう。しかしジャンル分けは無くならない。何故か。
そこはやはりジャンルというものがあった方が、少なくとも「便利」であるからだ。
Bartok のとなりに Bathory が並んでいるようなCD屋があったら、それはそれは探しにくくて不便だろう。HR/HM が独立しておらず、すべて Rock コーナーに並べられている CD 屋で、「メタルくらい別コーナーにしてくれよ!!」と叫びかかった経験を持つ人も少なくないはず。
というわけで、ジャンル分けというのは芸術的・音楽的見地とは別に、便宜性という点においては少なくともあった方が便利なのは間違いない。

 しかしジャンル分けというのは時に容易ではない。ある中古CD屋での出来事。そこではクラシックの中古 ALL 300円引き、ジャズの中古 ALL 200円引きというセールをやっていた。
そこで私は Steve Reich"Different Trains / Electric Counterpoint" というCDを買った。
Steve Reich は一応説明すると、ミニマル・ミュージックと呼ばれるスタイルを代表する20世紀のアメリカの作曲家。通常はクラシックに分類されるし、このCD屋でもクラシックコーナーに置いてあった。ところが会計をすると、店員は何故か200円引きしかしてくれない。
「あれ、クラシックは300円引きですよね?」という問いに対して店員は、「え?でもこれ、演奏はPat Methenyですよね?」という驚愕の対応!確かにそのとおり、Electric Counterpoint の演奏は、アメリカのジャズギタリスト、Pat Metheny によるものなのだ。まあとは言え、Reich の作品をジャズ扱いするのは無理があるし、向こうもこちらがお客様ということであっさり300円引きにしてくれたのだが、ジャンル分けの難しさというのはこんなしょうもない事態を引き起こすことがある。

 そもそも我々の愛する Heavy Metal って何なんだろう? Hard Rock とはどう違うのか?どこに境界線があるのか。ファンである我々は、何となくその違いを耳で知っている。しかし言葉で明確に定義しろと言われると、それは容易なことではないし、おそらく人によっても見解が異なってくるだろう。そしてまたその混乱に輪をかけるのが、そのサブジャンルの多さ。
Heavy Metal から Speed MetalPower MetalThrash Metal が生まれた。ではその3つはどう違うのか?前者2つはヴォーカルがハイトーン、もしくはメロディがある、後者はヴォーカルにメロディが無い、もしくは希薄。そんな漠然とした印象は受ける。では Speed MetalPower Metal は違うのか?例えば Gamma Ray などは Power Metal と言われても違和感ないが、Speed Metal かと言われると、それはちょっとという気がするから、やはり何らかの違いはあるのだろう。そして Thrash Metal から Death Metal が生まれる。しかし当然この2つの境界線もあいまいだ。Death のファーストは Thrash Metal なのか Death Metal なのか?二つのジャンルの中間とも言える Deathrash というジャンルすら存在する。今更言うことでもないが、これら外部の方々から見たら、一体何の違いがあるのかわからない無数のサブジャンルは、それぞれが別箇に存在するのではなく、あるときはグラデーションのように連なり、あるときは学生時代に習ったヴェン図のように、一部が重なりあったり、或いはサブジャンルの中にまた別のサブジャンルが包含されていたりする。


Venom


 では Black Metal とは何なのだろう。言葉自体の出自は明らかで、1982年の Venom のセカンドアルバム "Black Metal" だ。なので80年代から Black Metal という言葉は使われていたし、例えばブラジルの Sarcofago などは当時から Black Metal と呼ばれていたりした。しかし Black Metal がジャンルの一つとして明確に認知されたのは、やはり90年代ノルウェーを中心としたムーヴメント以降である。(事実、それ以前には日本のCD屋でも "Black Metal" というコーナーは存在していなかった。)このムーヴメントは、明らかに当時流行っていたフロリダやスウェーデンのデスメタル、そしてグラインドコアに対する挑戦状、そして当時時代遅れと蔑まれていた80年代の復活という明確なスローガンを掲げていた。Death Metal とは名ばかり、社会派を気取りイーヴルであることを時代遅れと見なしておいて、何が "Death Metal" か、そんなものは "Life Metal" だ。Death Metal を標榜しておきながら、白Tシャツに短パン、バスケットシューズとは何ごとか。そんな格好のどこが「デス」なのだ。Tシャツは黒、皮ジャンに皮パンツこそが正装だ。(しかしフロリダとノルウェーの気候の違いは考慮すべきだよなあ、と正直なところ当時思いましたけど。)ついに彼らはノルウェーをツアーする Death Metal バンドを襲撃する行為まで始めた。当時はまだ Death Metal っぽい音楽を演奏していた Paradise Lost のツアーバスを横転させるような完全なる犯罪行為から、Morbid Angel の楽屋に勝手に忍びこみ、ケータリングのピザを勝手に食べてしまうというあまりにもしょうもうない嫌がらせまで、Black Metal の連中は徹底して Anti-Life Metal を貫いた。そんな彼らが主として音楽的テンプレートとしたのは、Venom の "Black Metal" ではなく、スウェーデンの Bathory が1987年に発表した "Under the Sign of the Black Mark"。このアルバムは、90年代ブラックメタルのプロトタイプというよりも、すでにその完成形と言ってしまって差し支えない。ヴォーカルスタイル、リフ、ギターの音色、全体の音質、シンセの使用まで、90年代以降のブラックメタルにおいて主流となったスタイルは、すでに87年の時点で完全に完成、このアルバムにて提示されている。まったくメタルを知らない人に、「ブラックメタルって何?」と聞かれたら、とりあえずこのアルバムを聴かせておけば問題ない、そんな作品である。"Black Metal" というアルバムを発表した Venom が90年代において直接の、そして一番の影響力を持たなかったのはある意味不思議ではあるが、もちろん Venom 直系のバンドも存在しているし、何より Bathory 自体、特にそのファーストアルバムにおいて、いくら Quorthon が必死になって否定していたとしても、Venom から多大な影響を受けているのは明白であるから、Venom を Black Metal の始祖の一つと捉えることに何ら問題はない。しかし、Bathory からの影響を主軸として展開していた90年代初期でさえ、Black Metal の音楽的有り方は一様ではなかった。特に顕著だったのがフィンランドのシーン。BeheritImpaled Nazarene などは、音的にはデスメタルやグラインドコアに近く、後者は Extreme Noise Terror のカバーも披露するなど、ノルウェーとの音楽的、思想的隔たりは大きかった。


Bathory


 その後 Black Metal が音楽的に拡散し続けて行ったのは、おそらくシンセサイザーがこのジャンルにおいて大きな位置を占めていたことと無関係ではないだろう。ギターやベースに比べ、シンセサイザーが出せる音の自由度は非常に高い。オーケストラ楽器など、生楽器のシミュレーションからいかにもシンセサイザーらしい音まで、その範囲は非常に広い。使える音色が多ければ、音楽的自由度もそれに比例して増していく。Mayhem が1987年発表の "Deathcrush" のイントロを、元 Tangerine Dream の Conrad Schnitzler に作成を依頼しているという事実が、Black Metalとシンセサイザーという楽器のつながりの強さを暗示している。そしてシンセサイザーが、音楽全体に占める比率をどんどん高めていけば、それはやがてテクノアンビエントヒーリングミュージックなどのジャンルへと接近して行くことになる。実際にアンビエントとしか形容しようのないアルバムを出しているブラックメタルバンドもいるし、それ系のサイドプロジェクトを持つブラックメタルミュージシャンは数知れない。
つまり、Black Metal とはどんな音楽か、と聞かれれば、基本的には Bathory の "Under the Sign of the Black Mark" を持ち出せば良いものの、実際には "Black Metal" というのは、もはや音楽のスタイルを規定することのできる言葉ではなくなっているのも事実だ。


Alcest


 何でこれがブラックメタルに分類されるの?という代表の一つが、フランスの Alcest 。ちなみにこのバンド、日本語で書くとしたら「アルセスト」。「アルセ」ではない。フランス語は語末の子音を発音しないことが多いのは事実だ。しかしあくまで「多い」というだけ。新宿にはルミネESTという建物があるが、これは英語の East にあたるフランス語で、発音は「エスト」。「エ」ではない。
est というスペリングで、語末の st を発音しないのは、例えば "C'est bon"=セ・ボン、これおいしいね、の est、英語で言うところの be動詞にあたる etre の活用形 est が例外的に「エ」と読まれる程度。
むしろ est で終わる単語では st が発音されるほうが支配的だ。
その Alcest、これまでにフルレングスのアルバムとしては2007年に "Souvenirs d'un autre monde"、2010年に " Écailles de lune"、そして今年 " Les voyages de l'âme" の3枚をリリースしている。
そのいずれでも良いので聞いてみて欲しい。おそらく殆どの人が、これのどこがブラックメタル?と思うはず。確かにブラックメタルを思わせるギターのトレモロや、それらしきドラムパターンもたまに挿入される。しかし殆どのパートはアコースティックギターやクリーントーンのギター、美しいヴォーカルなどに支配され、最早普通のロックファンであっても何の抵抗もなく聴けるであろう仕上がりになっている。
もちろん轟音ギターは度々登場するものの、それもあくまでメロディックなもの、特に最近の作品では Black Metal 特有の絶叫ヴォーカルなど、殆ど存在しない。何故このような美しい音楽すら Black Metal 扱いされるほどその懐は深いのか。まあ実際はリーダーの Neige(ネジュ=フランス語で雪の意)が、元々はブラックメタルバンドとして Alcest としてスタートさせた名残だと言うのが大きな理由の一つだろう。かつて Metallica が、どんなに本人達が否定しようとも、しつこくスラッシュメタル扱いされていたように。2001年にリリースされたデモ "Tristesse hivernale" を聞いてみればわかるが、これは完全な Black Metal だ。それもコテコテの、むしろプリミティブな。たまに現れるメロディックなギターフレーズに、現在の Alcest の萌芽は見られるものの、知らなければこのデモと最近の作品が同じバンドによるものだと見破るのは不可能であろう。しかし次作、2005年発売のEP "Le Secret" でいきなり転換期に入る。10分超えの大作2曲からなるこの EP で、いきなり現在の ALCEST の象徴とも言えるギターのトレモロ、アルペジオを主体とした楽曲に、Neige の美しい歌声が乗るというスタイルが完成される。いわゆるシューゲイザースタイルのブラックメタルだ。シューゲイザーとは何かという問いに、物凄く簡略化して答えるなら、ギターは轟音なのにヴォーカルは妙に甘ったるくポップな音楽の総称ということになるだろう。そういう意味で、"Le Secret" は間違いなくシューゲイザーだ。ギターのトレモロによって作り出される轟音の壁は、確実に Burzum によって作り出され、Emperor によって一般化されたブラックメタルスタイル。ブラックメタルのシューゲイザー化、もしくはブラックメタルとシューゲイザーの融合、その完成形が2007年の "Souvenirs d'un autre monde"

ここで一つ考えたいのは、へヴィメタルの定義とは何か、という点だ。もちろん人により定義は様々だが、大切なのは、やはりへヴィなギターが中心であることだろう。しかし、ただギターがへヴィであればへヴィメタルなのかというとそうではなく、やはり「リフ」を中心に曲が構成されているという点が重要である。ただコードをジャカジャカ弾き鳴らしているだけでは、いくらギターの音がへヴィであっても(狭義の)へヴィメタルではない。例えば Iron Maiden の超名曲、"Hallowed be Thy Name" はあの名リフあってこその名曲であって、あそこでバックのギターがリフではなく、単に Em → Em/C → Em/D とコードをかき鳴らしているだけだったらどうだろう?「こんなのメタルじゃない!」と思うコアなファンも少なくないだろう。少なくともあれほどの名曲とはならなかったのは間違いない。ところがその点、ブラックメタルは非常に緩い。特にプリミティブブラックメタルになると、最早リフではなく、単にコードや単音をかき鳴らしているだけというバンドも少なくない。もちろん「こんなのメタルじゃないよ」と切り捨てるメタルファンも少なくないだろう。しかしこれはこれで一つのジャンルとして認知されているのである。そして、ブラックメタルというバンドが、他のメタルのジャンルに比して「リフ」というものを重視しなかったせいで、まったく別のジャンルを取り入れやすかった、結びつきやすかった、というのはおそらく事実だろう。シューゲイザーと結びついたのはその最たる例である。厳密に言えば、このようなギタースタイルは「リフ」とは言い切れない。(絶対リフじゃないとも言えないが。)リフではないとなると、これはメタルではない、と成りかねない。しかし、リフへのこだわりが緩いブラックメタルの世界ではこれが許されるのである。ちなみにメロディックな単音トレモロ(=リフと呼べるか否かのギリギリの境界線)というスタイルは、BurzumVarg は自分が発明したと明言している。そして Emperor を始めとする、他のブラックメタルはすべて Burzum のコピーでしかないとも発言している。まあ Burzum の影響力の大きさは認めざるを得ないとしても、探そうと思えば例えば Helloween"Ride the Sky" など、単音トレモロメロディを軸とした楽曲は、Burzum 以前にもいくらでも存在している。


Burzum


話を "Souvenirs d'un autre monde" に戻すが、結局 Alcest を許容できるか否かは、リフへのこだわりに鍵があるのではないか。ゴリゴリのリフ重視派は、「こんなのそもそもメタルじゃないよ。」と切り捨てるだろう。だがそのこだわりさえ捨てれば、ブラックメタルからシューゲイザー、アンビエントからポストロックまでのすべてを飲み込んだ、Alcest のみが持つこの美しさ、激しさを併せ持った世界が見えてくるだろう。そしてこの作品が気に入れば、続く2作 " Écailles de lune"" Les voyages de l'âme" も気に入ること間違いなし。基本的には同じ路線だ。

で、何故敢えて Alcest を取り上げたかというと、すでに多くの方はご存じだろうが、彼らは9月に来日公演を行うのである! Alcest のライブは映像などにも気を配っており、フランス語で歌うことに強い拘りを持っている彼らとしては当然音楽も含め、総合芸術として非常に完成度が高い。
是非この動画もチェックしてみて頂きたい。

日本でこのライブが見られる日が来ようとは。こんなチャンスを逃す手はない!

日程その他は以下の通り。

<いいにおいのするALCEST JAPAN TOUR 2012 〜Less Voyages De L'ame world tour 日本編 with Vampillia〜 >

追加公演東京編 9/27@渋谷Star lounge
出演:ALCEST、Vampillia
開場/開演:18:00/19:00
■Lコード:71363
■e+
料金:前売4,000円、当日4,500円(別途ドリンク代)


2012年9月28日(金)名古屋3Star
出演:ALCEST、Vampillia
開場/開演:18:00/19:00
■Pコード:175-364
料金:前売3,800円、当日4,300円(別途ドリンク代)


2012年9月29日(土)大阪Conpass
出演:ALCEST、Vampillia
開場/開演:18:00/19:00
■Lコード:55076
■e+
料金:前売3,800円、当日4,300円(別途ドリンク代)


2012年9月30日(日)東京O-nest
出演:ALCEST、Vampillia
Special Guest:SIGH
開場/開演:18:00/19:00

※ Sold Out

いいにおいのするALCEST JAPAN TOUR 2012詳細ページ
http://iinioi.com/news04.html

我々 Sigh も出演する9/30の東京公演は残念ながらソールドアウトとなってしまっているが、
27日東京の追加公演も決定しているので、チケットを買い逃してしまった人はぜひそちらに。

川嶋未来/SIGH
https://twitter.com/sighmirai
http://twitter.com/sighjapan

SIGH 関連 Links

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

SIGH・2012年最新作!川嶋氏ご提供のHMVオリジナル特典付き!!

In Somniphobia

CD 輸入盤

In Somniphobia

Sigh

価格(税込) : ¥1,663
会員価格(税込) : ¥1,530

発売日:2012年03月19日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年 最新作!

Les Voyages De L'ame: 魂魄の旅路

CD 輸入盤(国内盤仕様)

Les Voyages De L'ame: 魂魄の旅路

Alcest

価格(税込) : ¥2,592

発売日:2012年01月25日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

2010年発表の2nd!

Ecailles De Lune

CD 輸入盤

Ecailles De Lune

Alcest

ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥3,456
会員価格(税込) : ¥2,149

発売日:2010年03月29日
通常ご注文後 2-7日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

2007年発表の1st!

Souvenirs D'un Autre Monde

CD 輸入盤

Souvenirs D'un Autre Monde

Alcest

ユーザー評価 : 5点 (2件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,749
会員価格(税込) : ¥1,609

発売日:2007年08月06日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

2005年発表のEP音源にリレコ音源を追加(2011年作)!

Le Secret

CD 輸入盤(国内盤仕様)

Le Secret

Alcest

価格(税込) : ¥1,944

発売日:2011年08月10日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

関連作

  • the primitive world

    CD

    the primitive world

    Vampillia + Nadja

    価格(税込) : ¥1,944
    会員価格(税込) : ¥1,788

    発売日:2012年03月04日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Rule The World -Deathtiny Land

    CD 輸入盤

    Rule The World -Deathtiny Land

    Vampillia

    価格(税込) : ¥2,484
    会員価格(税込) : ¥2,161

    発売日:2011年05月30日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Alchemic Heart

    CD 輸入盤

    Alchemic Heart

    Vampillia

    価格(税込) : ¥3,013
    会員価格(税込) : ¥2,303

    発売日:2011年01月25日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • sppears

    CDシングル

    sppears

    Vampillia

    価格(税込) : ¥1,028

    発売日:2009年10月17日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%