トップ > ゲーム > 商品情報 > 「ドラゴンクエスト」最大のチャレンジ

「ドラゴンクエスト」最大のチャレンジ

2012年8月21日 (火)



ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

ドラゴンクエストX
目覚めし五つの種族 オンライン


2012年8月2日
通常版:6,678円(税抜)
Wii USBメモリー同梱版:8,552円(税抜)


※この記事は2012年8月2日当時のものです。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』が発売され、早2週間が過ぎました。
発売前はオンラインへの不安もあれば、「ドラクエ」の新たなチャレンジとして期待感もありました。
実際、私も発売日からプレイを開始して、これを書いている最中も本作がやりたくてやりたくて仕方がないほどハマっております。そんな筆者が魅力を感じた、ほんの一部分を掲載させていただきます。


まずなんといっても、「ドラクエ」の世界を見事にオンライン化した、完璧な世界観。


今作はオンラインということもあり、シリーズとしては別物…。
なんて、イメージしている方もいるかと思いますが、そこはやはり「ドラクエ」。いつものファンタジーな世界観が広がっています。フィールドに出れば、スライムやキメラ、ドラキーたちが生き生きとそこに存在しています。お城もあれば、洞窟もあり、薬草もあれば、どうのつるぎだってある。また、グラフィックも“皆が描くイメージ通りのドラクエ”を再現しており、奇をてらわず色鮮やかな世界が広がります。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン


オンラインならではのフィールドを駆け巡る無数の勇者(プレイヤー)たち。


これまで、コンピュータが決められたセリフを喋っていた世界に、本物の意思が飛び交います。
「レベル上げしませんか?」
「ダンジョン攻略手伝ってください」
「ホイミお願いします」

なんてプレイヤーたちの言葉がそこらじゅうに。
いつもの「ドラクエ」の世界がこんなにも賑やかになるとは思いもしなかったし、入るたびに違う表情を見せてくれるのはオンラインならでは。見ず知らずの人とパーティを組み、きりのいいところでお別れ。まさに一期一会な体験が待っています。そのままフレンド登録をすれば、いつでもその人とコンタクトを取ることも可能です
なんだか本当に「ドラクエ」の世界で生活しているような気がします。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン


5つの種族のスタート地点が違うことで世界の広がりを感じる。


本作には5つ種族が存在し、オンラインに入る時にまずは自分がどの種族になるかを選びます。スタート直後、その種族の村から始まるので、当然同じ種族の方がたくさんいます。しかし、村を出て、洞窟を抜け、新たな大地に降り立つと、そこには様々な種族が行き交います。彼らも自身の村を飛び出し、冒険してきたのです。
「いやぁ〜ここまで来るの大変だったよ。」
「初めて違う種族を見た!」
「ここには私の国とは違うモンスターがたくさんいますね」

など、それぞれの種族なりの意見が聞くことができます。
また、冒険を進めると列車に乗って、それぞれの種族の国や、新たな土地へ移動することができ、さらに本作の壮大な世界観を知ることになります。それぞれ種族のスタート地点を散らしたことにより、世界の広さをこれほどまでに体感させてくれる描き方は、さすがの一言。


自由度の高い「ドラゴンクエスト」


昔の「ドラクエ」作品は今振り返っても難しかったですよね。でも、最近では全滅なんてあまり味わったこともなかったかもしれません。本作「ドラクエX」は、過去のシリーズを彷彿とさせるなんとも緊張感のある難易度となっています。メインとなるストーリーはあるものの、この壮大な世界をどこに行こうともプレイヤーの自由なのが本作の特徴。いきなり新たな土地に向かっても良いですし、最初の村でレベル上げに勤しんでも良いのです。ただし、あまり遠くに行くと強敵が待ち構えており、一瞬で全滅。
そんなことがよくあります。
でも、それこそがこのオープンフィールドRPGの醍醐味ではないでしょうか。自分で危機管理をし、時には通りすがりのプレイヤーに声をかけ、一緒に進んでみる。でもやっぱり全滅して帰ってくる。今度はもっと大人数で挑んでみる。もっと強い人に手伝ってもらう。こういったことがオンラインだからこそできること。難しいのなら、自分なりに考え行動してみる。なんて、最近のゲームじゃ忘れてたことです。


バザーにはまる。


本作の難易度は前述したとおり、なかなかのものです。
それはお金にも影響しています。敵はなかなかの強さなのに、お金もなかなか良い金額を落としてくれません。宿屋に泊まるにも一苦労。薬草買うのも一苦労。本当にシリーズ初期を思い出させてくれます。しかし、冒険を進めると自分で武器や防具、アイテムを作れるようになるのです。もちろん、自分の装備としてアイテムとして使うのは自由なのですが、 ここからが本当に面白い要素で、自分で作ったアイテムをバザー出品することができるのです。価格は当然自分の好きなように設定できます。購入してくれるお客様は実際のプレイヤーたちです。しかし、出品するのは自分だけではありません。他のプレイヤーも同じ商品を出品するわけです。売るためには他よりも価格を下げたり、より上手く武器防具を作り付加価値を付けて高値で販売したりと、そこはもう本物の商売の世界です。

お客様方も良いものをより安く、と目を光らせてます。その駆け引きがもう面白くて面白くて
売れたとき、ゲーム内のメールで「あなたの商品が売れました!」と通知してくれるんですが、冒険そっちのけで喜んじゃったりしてます。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン


冒険していなくても経験値やお金が手に入る素敵すぎる“サポート仲間”システム。


オンライン専用と言いつつも、一人でプレイできる懐の深さもまさに「ドラクエ」。
残念ながらすぐに利用可能というわけではないのですが、冒険を少し進めるとシリーズおなじみの「酒場」が利用できます。ここでは、他のプレイヤーをコンピュータとして雇うことができます。オンラインだからといって必ずしも他のプレイヤーとパーティを組む必要はありません。自分だけでもパーティを組むことができるのです。逆に自分自身を「酒場」に預ければ、他のプレイヤーがあなたを雇ってくれることもあります。ゲームを終了させておく必要がありますが、あなたが学校や会社に行っている間、他のプレイヤーがあなたを雇い、一緒に冒険しているかもしれません。

ここでこのシステムの大きな魅力として、雇われたプレイヤーにも経験値とお金がもらえる、ということ。いまどのくらい稼いでるかな、なんて気になる方は公式サイトの「目覚めし冒険者の広場」というページで確認することができます。私も仕事中はちょこちょここのページを見に行きニヤニヤしています。


日々進化し続ける「ドラゴンクエストX」


ベータ版からプレイをしている方ならもっと本作が進化し続けていることに気づいているかと思いますが、発売してから何度もプレイ環境の快適化やアップデートが行われています。たとえば、20個あるサーバーがほとんど混雑状態になったことがありましたが、臨時で計40個のサーバーを設置。また、様々な土地に移動できる電車ですが、ネックなのがその電車賃。公式ページ「目覚めし冒険者の広場」ではユーザーの方々の意見を募集していますが、その中で「電車賃をもっと安くしてください」という要望があったのでしょうか。開発者の判断で、電車賃が100Gから25Gに値下げされたときは、 この作品はユーザーと一緒に育っていくゲームなんだなぁ、と関心したものです。

これからも配信クエストで新しいストーリーや、実はすでに施設としてはゲーム内にあるけどまだ運営されていない「カジノ」や「闘技場」など、まだまだ面白い要素が増えていきそうです。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンラインドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

また、8月22日からはあの一世を風靡した(?)「すれちがい通信」を利用するなどして、より本作を楽しめる専用のダウンロードソフト配信も予定されています。大型アップデートも約10週ごとに実施されるそうで、本当にどこまで進化するか計り知れないものがありますが、ゲームとして日々進化していく過程を見られるのはそうはありません。

「ドラクエ」という名前で、どれほどの方がオンラインというゲームに興味をもったでしょう。
オンラインゲームの見本とも言える安心した作りに、さすが“国民的RPG”の偉大さを感じさせてくれます。
まだまだこれからも進化し続ける『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』に期待しましょう。「ドラクエ」最大のチャレンジはまだまだ進化します。

そして、まだまだ今からでも遅くありませんよ、一緒に冒険しましょう!


©2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ローソン・HMV特典付き『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』特集ページはコチラ!