トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 声楽曲 > K.ヤルヴィ/カルミナ・ブラーナ

K.ヤルヴィ/カルミナ・ブラーナ

2012年8月13日 (月)

カール・オルフ:カルミナ・ブラーナ
クリスチャン・ヤルヴィ&MDR交響楽団


近年大活躍のクリスチャン・ヤルヴィは、ヤルヴィ・ファミリーの次男で、兄のパーヴォや、父のネーメとはまた違った魅力を持つ解釈で話題となっています。
 今回登場するCDは、クリスチャン・ヤルヴィが2012年秋から音楽監督に就任することになったMDR交響楽団を指揮してのセッション・レコーディングとなります。
 このオーケストラは1923年に設立されており、20年前まではライプツィヒ放送交響楽団という名称で活動していました。歴代の指揮者には、カール・シューリヒトやヘルマン・アーベントロート、ヘルベルト・ケーゲル、マックス・ポンマー、ファビオ・ルイージ、準・メルクルといった面々が名を連ねており、幅広い個性の指揮者に対応してきたことが窺えます。
 クリスチャン・ヤルヴィは、現代音楽から古典派作品まで幅広いレパートリーを好んで取り上げる指揮者で、リズムの扱いも非常にうまく、また、これまで、バーンスタインのミサ曲や、フランツ・シュミットの『7つの封印の書』、ベートーヴェン第九のマーラー版、自らペルトに依頼した『スターバト・マーテル』新ヴァージョンなど、声楽作品のレコーディングにもかなり力を入れて取り組んできた経緯もあるため、『カルミナ・ブラーナ』のようにリズムが特徴的な声楽作品の演奏ではその成果に大いに期待のかかるところでもあります。(HMV)

【収録予定曲】
・オルフ:カルミナ・ブラーナ

 キーラ・ダフィー(ソプラノ)
 マルコ・パヌッチオ(テノール)
 ダニエル・シュムッツハルト(バリトン)
 MDR放送合唱団
 MDR少年合唱団
 MDR交響楽団
 クリスチャン・ヤルヴィ(指揮)

 録音時期:2012年7月2-5日
 録音場所:ライプツィヒ、ゲヴァントハウス
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

カルミナ・ブラーナ K.ヤルヴィ&MDR交響楽団、MDR合唱団

CD 輸入盤

カルミナ・ブラーナ K.ヤルヴィ&MDR交響楽団、MDR合唱団

オルフ(1895-1982)

ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,640
会員価格(税込) : ¥906
まとめ買い価格(税込) : ¥906

発売日:2012年09月11日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です