トップ > ゲーム > 商品情報 > ドラクエの世界を歩く楽しみが味わえたシリーズ8作目。

ドラクエの世界を歩く楽しみが味わえたシリーズ8作目。

2012年8月1日 (水)

ドラゴンクエスト VIII 空と海と大地と呪われし姫君

ドラゴンクエストVIII
空と海と大地と呪われし姫君

発売日:2004年11月27日
対応ハード:プレイステーション2
販売価格:9,240円(税抜)

前作発売から4年。
今作も任天堂ハードではなく、引き続きソニーハード(プレイステーション2)での発売となる『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』。 まず目に入ってくるのはキャラクターの頭身が高いこと。 これまでのキャラクターはパッケージイラストは別として、ゲーム内でほぼ2頭身で描かれていました。 頭身だけでなく、フィールドの視点もよりキャラクターの視点に近くなり、 乗り物もキャラクターに合わせたリアルなサイズとなった本作は、 「ドラゴンクエスト」の世界を今まで以上に体験することができました。

また、戦闘でも大きな変化がありました。
これまでモンスターしか表示されなかった戦闘画面に、主人公たちも戦闘に表示されるようになりました。 これによりモンスターだけでなく、主人公たちが攻撃したり呪文を唱えると、それに合わせてアクションをする 派手な戦闘システムへと進化しました。 そして、もはやシリーズおなじみの要素となっている「テンション」が初めて取り入れられたのは本作が初。

前作『ドラゴンクエストVII』では、立体にはなったものの平面と立体の融合ともいえるグラフィックでした。
今作で始めて世界は完全3Dとなり、当時夢にまでみた「ドラゴンクエスト」の世界を歩く体験を実現させてくれました。

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

©1986 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

『ドラゴンクエスト』特集ページはコチラ!