レオンハルトさん死去 点鬼簿へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年1月18日 (水)

1月16日、アムステルダムの自宅でグスタフ・レオンハルトさんが亡くなられました。83歳でした。心よりご冥福をお祈りいたします。
 レオンハルトさんは2011年5月に日本を訪れ、チェンバロとオルガンのリサイタルを開いて元気な姿を見せていましたが、12月12日におこなったパリのブッフ・デュ・ノール劇場のリサイタルを最後に、2012年に予定されていた演奏会はすべてキャンセルし、公式に引退を発表したばかりでした。

【プロフィール】
グスタフ・レオンハルトは1928年5月30日、オランダのス・フラーフェラントに生まれました。生家はスウェーデン系の富裕な実業家の家庭で、幼い頃からピアノを学んでいましたが、15歳のときに父親が購入したチェンバロに触れ、その響きに魅了されたといいます。
 1947年にバーゼル・スコラ・カントルムに入学、チェンバロとオルガンをエドゥアルト・ミュラーに師事、1950年に最高栄誉賞とソリスト・ディプロマを得て卒業し、同じ年にウィーンにおいてチェンバロ奏者としてデビューします。
 また、50年代半ばにはレオンハルト・コンソートを組織、アンサンブルの中心として、また指揮者としても活動を始めます。1960年代には、フランス・ブリュッヘン、アンナー・ビルスマ、ヤープ・シュレーダーとともにクアドロ・アムステルダムを結成、古楽器演奏の牽引的存在となります。
 後進の教育にも熱心なことで知られ、1952年から1955年までウィーン音楽アカデミーで、1954年からはアムステルダム音楽院チェンバロ教授を務めています。
 レコーディングもキャリア初期から盛んで、1950年代初頭には初めてバッハのチェンバロ作品を録音、以降、現在まで膨大なレコーディングをおこない、チェンバロ、オルガンやクラヴィオルガヌム、フォルテピアノ、クラヴィコードなど、バッハを中心としたバロックから古典派に至るさまざまな鍵盤楽器演奏の権威として多大な尊敬を集め、「現代のバッハ」と称されています。
 指揮者としても、バッハの『マタイ受難曲』や、アーノンクールと分担で録音したカンタータ全集などを録音しています。
 1967年には映画『アンナ・マクダレーナ・バッハの日記』に出演、ヨハン・ゼバスチャン・バッハに扮しています。(HMV)

関連情報

レオンハルトを検索
訃報
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

グスタフ・レオンハルト・エディション(21CD)

CD 輸入盤

グスタフ・レオンハルト・エディション(21CD)

レオンハルト、グスタフ(1928-2012)

ユーザー評価 : 5点 (2件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥17,377
会員価格(税込) : ¥15,119

発売日:2008年07月17日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

フィーチャー商品

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です