トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > 【特集】ニューウェイヴほぼ30周年祭

【特集】ニューウェイヴほぼ30周年祭 【特集】ニューウェイヴほぼ30周年祭へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2011年10月14日 (金)



テクノポップの歌姫・小川美潮を擁するチャクラのデビュー作『チャクラ』、そして細野晴臣プロデュース/ゲストに松武秀樹 参加の2nd『さてこそ』が、貴重なボーナストラックを満載、小川美潮による完全監修(選曲・マスタリング)、インタビュー&解説なども掲載しての再CD化!
そして、ピチカート・ファイヴ前夜の野宮真貴が所属していたテクノポップ・グループ、ポータブル・ロックの初期音源集『ビギニングス』、コチラもボーナス音源を追加し再CD化!
さらに、ニューウェイヴの重要バンド・楽曲を収録したコンピレーション・アルバム『KING ソングス オブ ニューウェイヴ』もリリース!

これら“ニューウェイヴほぼ30周年祭”作品の発売を記念し、上記作品同梱ブックレット内のインタビュアー&解説も努める、『電子音楽in JAPAN』でもおなじみの田中雄二 氏による特別寄稿文を掲載致します。
ページ後半には、“「ニューウェイヴほぼ30周年」とその周辺レビュー”と題し、同じく田中氏によるニューウェイヴ重要盤の解説もアリ。じっくりとお楽しみください!


チャクラ 『チャクラ+5』 『さてこそ+5』、ポータブル・ロック 『ビギニングス+5』 をHMV ONLINEでお買い上げの方の中から抽選で、なんと「直筆サイン色紙」をプレゼント!詳しくはコチラ



ニューウェイヴほぼ30周年


 ニュー・ミュージック勢の台頭で、70年代末に『ザ・ベストテン』などの歌番組はフォーク、ロック勢が主役に。「ロックが市民権を得た」と讃えた雑誌もあったが、実のところは「ロック風味の歌謡曲」の流行に過ぎず、いわば保守化の時代の始まりだった。欧米でもAORなどのメロウサウンドが流行り、ロック本来の荒々しさが失われていたこの時代。そこに楔を打つように、ロンドンから起こったのがパンク・ムーヴメントだった。そうした海外の動きに刺激されて、78年に日本でも革命的な音楽ムーヴメントが起こる。それがニューウェイヴだった。

 セックス・ピストルズらに挑発され、楽器の弾けないアマチュアが結成した、エネルギッシュなバンドが数多く登場。インディー流通がほとんど整備されてなかった日本では、多くのパンクグループをメジャー会社が配給していた痛快な時代だった。特にエレクトロニク大国日本のお家芸、シンセサイザーを使った一群はニューウェイヴと呼ばれ、パンクから派生したジャンルでありながら、ポップでひねくれたサウンドが圧倒的な支持を受けることとなる。テレビ文化を批判したロック、「テレビに出ない」と宣言したニュー・ミュージック一派と違い、日本のニューウェイヴは積極的にテレビ、雑誌などのマスメディアに“寄生”して、ファン層を全国に広げた。NHK日曜日の人気歌番組『レッツゴーヤング』に、田原俊彦、松田聖子らサンデーズと並んで、プラスチックス、ビブラトーンズ、ジューシィ・フルーツ、ビジネスなどがごく普通に出演していたのが80年代なのだ。

サエキけんぞう  そんなカオスな時代を知っている、当時ブームの渦中にいた一人、元ハルメンズのサエキけんぞうが、78〜84年をニューウェイヴ時代と定義。そこからほぼ30年の歴史を振り返り、過去の名盤再発、オムニバス、カヴァーアルバムのプロデュース、イベント主催などでオマージュを捧げているのが、今秋より始動した「ニューウェイヴほぼ30周年祭」である。その第1弾として10月19日にウルトラ・ヴァイヴから、チャクラ『チャクラ』、『さてこそ』、ポータブル・ロック『ビギニングス』がボーナストラック入りで復刻。10月26日にビクターエンタテインメントから、重要バンドを網羅したオムニバス『KING ソングス オブ ニューウェイヴ』が発売される。

 サントリーがクラフトワーク、ウルトラヴォックスの音楽を使い、パルコCMにディーヴォ、ゲイリー・ニューマンが出演していた、お茶の間もニューウェイヴ一色だったアーリー80's。日本でブームを牽引していたのが、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏の3人が結成したYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)だった。ゲーム音楽のようなサウンドや赤い人民服のコスチュームなど、わかりやすいキャッチーさで、小学生、中学生の人気を集め、ブームは一躍全国区へと広がった。

 しかし反抗期で無頼を気取りたい年頃の高校生、大学生らが当時心酔していたのは、ライヴハウスを主戦場として活動していた、プラスチックス、ヒカシュー、P-MODELなどのストリートに根付いたグループだった。YMO結成のヒントにもなった、クラフトワーク、ディーヴォらの存在に近いのはむしろこちらの一群で、安価な小型シンセサイザー、リズム・ボックスを駆使して繰り広げられる奇天烈なサウンドは、洋楽好きも魅了。YMOのような高価なレンタル楽器が使えないのを逆手に、手作りの電子装置で、独自解釈のテクノ・サウンドを生み出していた、アイデア勝負のグループも多かった。

 立花ハジメ、中西俊夫、佐久間正英を擁したプラスチックス、巻上公一のヒカシュー、平沢進率いるP-MODELの3組は、「テクノ御三家」と呼ばれるほど大衆的人気に。ここに、細野晴臣のように過去のキャリアを精算して、パンク・スタイルに生まれ変わったムーンライダーズらが参戦して、当時はオムニバス形式のライヴなどで火花を散らした。

ポータブル・ロック  監修者のサエキけんぞうによれば、80年代のテクノポップ・ブームは、YMO『増殖』がリリースされてオリコン1位となった80年夏、ロンドンからツートーンブーム(スカ・リバイバル)が上陸したころにはすでに終焉を迎えていたという。その年の11月、遅れてデビューしたハルメンズはブーム終焉の煽りを食らい、わずか2枚のアルバムを残して解散を遂げる。メンバーだった泉水敏郎はヒカシューに、上野耕路はスパイに加入して散り散りとなるが、こうしたメンバーの流動性に富んでいたのが、ニューウェイヴ世代の面白さ。最終作『ハルメンズの20世紀』にゲスト参加していたコーラス隊からも、野宮真貴がポータブル・ロック、戸川純はゲルニカで、その後デビューを果たした。

 ブーム終焉と入れ替わりに、YMOも『BGM』という問題作を81年にリリース。海外のニューウェイヴの模倣ではない、独自のサウンドを世に問うて、それまで無関心だった洋楽評論家からも高い評価を受けた。ブームの終焉は、つまり成熟期の始まりだったのだ。細野晴臣のYMOでの成功は、同世代の70年代アーティストを刺激することになったのだろう。あがた森魚のヴァージンVS、元大橋純子と美乃屋セントラルステイションの土屋昌巳が結成した一風堂、元サディスティック・ミカ・バンドの今井裕のイミテーション、佐藤奈々子のSPY、小林泉美のバックバンドだったフライング・ミミ・バンドが発展したマライアなど、70年代からのキャリア組もニューウェイヴ路線で再デビュー。遠藤賢司まで先陣を切ってテクノ化していたのには驚くが、ニール・ヤングだってディーヴォを絶賛し、ピコピコしていたのが80年代なのである。

チャクラ  アイデア一発で消えていった海外のニューウェイヴ組と違い、成熟したプレイヤーの参加で日本独自の成熟期を迎えていたのが、このポスト・テクノ、第二期ニューウェイヴ期である。70年代からオーディションの常連だったチャクラもその一組で、フュージョン風のサウンドが180度生まれ変わって、テクノポップ路線でデビューしたのには旧来のファンもビックリ。大手芸能事務所、渡辺プロダクションからのデビューというプロフィールは、当時の芸能界のニューウェイヴへの関心を伺わせるものがある。しかしこうした旧世代や芸能事務所組の参入は「商業ニューウェイヴ」なる蔑称で呼ばれ、正当な評価を得ることなく解散したグループも多い。海外のXTC、トーキング・ヘッズらの影響を受けた、多くの傑作アルバムが発表されながら、「ジェニーはご機嫌ななめ」のジューシィ・フルーツを除けば、大きなヒットに恵まれなかった。

 チャクラ、ポータブル・ロック復刻から始まる、第二期ニューウェイヴに初めてスポットを当てたこのシリーズ。イギリスの60年代グループの復刻のように、デモテープやアルタネイト・トラックを満載した、考古学的視差が伺えるものになっている。原曲のホームデモが、当時のエレクトロニクス技術とスタジオの魔法によって、どのように変化して完成ヴァージョンが誕生したのか。「音のドキュメント」として、当時のファンの関心を集めることになるだろう。

- 田中雄二 -



田中雄二 プロフィール

編集者、ライター、CDリイシュー監修、ライターなど。
著書に『電子音楽 in JAPAN』、『電子音楽 in the (lost)world』(ともにアスペクト)、『吹替洋画大事典』(三一書房/共著)、編著に『イエロー・マジック・オーケストラ』(アスペクト)、音楽仕事に、ベルギーのテクノポップバンド、テレックス『イズ・リリース・ア・ユーモア?』(アルファレコード)のプロデュース、VA『イエローマジック歌謡曲』、『テクノマジック歌謡曲』、『テクノ歌謡アルティメット・コレクション』、『for winter music Lovers~TECHNOPOP Xmas』、一風堂『ESSENCE:THE BEST OF IPPU-DO』、土屋昌巳『ESSENCE:THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA』(以上、ソニー・ミュージックダイレクト)の選曲・解説、TPO『TPO1』、TAO『FAR EAST』、大野雄二『24時間テレビ 愛は地球を救う』、『生命潮流』、清水信之『エニシング・ゴーズ』(以上、ブリッジ)、フィルムス『ミスプリント』、ビジネス『ビジネス』、『クライシア』(以上、ウルトラ・ヴァイヴ)ほか復刻タイトルの監修などを手がける。





「ニューウェイヴほぼ30周年」とその周辺レビュー (text by 田中雄二)


商品ページへ   チャクラ  『Chakra+5』

[収録曲]
01. 福の種
02. マヌカン
03. あこがれ
04. 島の娘
05. 東京スウィート:モーニング・トップス 〜オープン・スペース〜グッド・ナイト東京
06. いっしょに

07. アイ・アム・ソーロー
08. 空の友達
-Bonus Tracks-
09. 極楽
10. つゆ
11. おにはそと
12. イパネマの娘
13. 魔法のチーズケーキ

※10〜12.=ライヴ・ヴァージョン「三軒茶屋オデッセイ」1979年頃
※13.=ライヴ・ヴァージョン「ガソリン・アレイ」1978年
中華服に身を包み、沖縄のカチャーシャなどワールドミュージックを独自解釈で取り入れていたオリエンタル・テクノの雄。フュージョンを経てのテクノポップ化は、ある意味初期YMOの正当な後継者かも。このデビューアルバムは、矢野顕子、喜納昌吉のエレクトロニク導入のキーマンだった矢野誠がプロデュース。渡辺プロダクションに所属し、『8時だヨ!全員集合』に登場して「福の種」を歌った小川美潮の姿に、お茶の間もぶっ飛んだ。



商品ページへ   チャクラ  『さてこそ+5』

[収録曲]
01. めだか
02. ミュンミュン
03. おちょーし者の行進曲
04. You Need Me
05. これから死んでゆくすベての生命体に捧げる詩
06. いとほに
07. Free
08. III
09. 微笑む
10. ちょっと痛いけどステキ

-Bonus Tracks-
11. You need me(early ver.)
12. おはよーみなさん(early ver.)
13. ミュンミュン(early ver.)
14. ちょっと痛いけどステキ(early ver.)
15. これから死んでいくすべての生命体に捧げる詩(early ver.)

※11〜15.=未発表スタジオ別ヴァージョン
リーダー板倉文の希望で、細野晴臣プロデュース。その後、小川美潮とユニットを組むなど、細野との縁はここから始まる。工場現場のSE、テープ・ループを使った実験性、松武秀樹のプログラミング、奥村靫正のシュールなジャケット画など、YMO『BGM』『テクノデリック』の近くて遠い親戚のような作品。前作にあったフュージョン色を払拭し、ポーナストラック「おはよーみなさん」で展開されるのはNY風ノー・ウェイヴ・サウンド。


【HMV ONLINE抽選特典】チャクラ・小川美潮サイン色紙(10名様)

コメントはサインごとに変わります HMV ONLINE/MOBILEにて、チャクラ『チャクラ+5』『さてこそ+5』いずれかを期間中にお買い上げの方の中から抽選で10名様に「チャクラ・小川美潮サイン色紙」をプレゼント!
※コメントはサインごとに変わります。

応募方法】対象商品ご購入後(商品出荷時)に、メールにて応募フォームのURLをお知らせ致します。
購入対象期間】〜2011年11月19日(土)まで ※以前にご予約いただいた方も対象となります。
応募対象期間】2011年10月18日(火)〜2011年11月26日(土)

※HMV ONLINE本サイト及びHMV MOBILEサイト以外からのご購入、非会員でのご購入は特典対象外となります。
(HMV Yahoo!店、HMV 楽天市場ストアでのお買い上げは対象外です。)
※お客様の携帯にて指定着信許可をされている場合は、“@hmv.co.jp”のドメイン指定許可設定が必要になります。
※HMV ONLINE/HMV MOBILEでご注文頂いた場合、タイミングによっては対象期間を過ぎる場合がございますことをご了承下さい。
※当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます。



【先着特典】チャクラ+ポータブルロック ジャケ写ステッカー

チャクラ+ポータブルロック ジャケ写ステッカー対象商品
■チャクラ『チャクラ+5』(CDSOL1458)
■チャクラ『さてこそ+5』(CDSOL1459)
■ポータブル・ロック『Beginnings+5』(CDSOL1460)
※先着ですので、なくなり次第終了となります。
※特典の有無は各商品ページにてご確認ください。







商品ページへ   ポータブル ロック  『Beginnings+5』

[収録曲]
1. ピクニック
2. グリーンブックス
3. ゴーレムポルカ
4. 天体観測
5. 冬の葡萄畑
6. ミシンで縫おう!
7. 自動車レース
8. 意地悪電波
9. クリケット

10. 真珠海岸
11. アイドル
-Bonus Tracks-
12. Grenn Books(別テイク)
13. ゴーレム・ポルカ(別テイク)
14. ピクニック(別テイク)
15. 夏の日々(別テイク)
16. BIG TURTL(TRAマガジン)

※12〜15.=水族館コンピのためのリハーサル音源ほか
※16.=カセット・マガジン「TRAマガジン」より
85年のデビューアルバム『QT』の2年前に、ムーンライダーズの創作拠点だった羽田湾岸スタジオで録音されていたデモテープを、90年にサエキけんぞうがCD化。このサウンドを聞いて、小西康陽がピチカート・ファイヴ結成を決意したと言われる幻の音源で、デビュー作と180度異なる、瑞々しいネオアコ風サウンドにノックアウトされた。トニー・マンスフィールドのような、淡いエレクトロニク・サウンドでの成功例としては唯一無二。


【HMV ONLINE抽選特典】
ポータブルロック(野宮真貴、中原信雄、鈴木智文)サイン色紙(10名様)

ポータブルロック(野宮真貴、中原信雄、鈴木智文)サイン色紙 HMV ONLINE/MOBILEにて、ポータブルロック『Beginnings+5』を期間中にお買い上げの方の中から抽選で10名様に「ポータブルロック(野宮真貴、中原信雄、鈴木智文)サイン色紙」をプレゼント!

応募方法】対象商品ご購入後(商品出荷時)に、メールにて応募フォームのURLをお知らせ致します。
購入対象期間】〜2011年12月19日(月)まで ※以前にご予約いただいた方も対象となります。
応募対象期間】2011年10月29日(土)〜2011年12月26日(月)
※発売日変更のため、期間も変更致しました。

※HMV ONLINE本サイト及びHMV MOBILEサイト以外からのご購入、非会員でのご購入は特典対象外となります。
(HMV Yahoo!店、HMV 楽天市場ストアでのお買い上げは対象外です。)
※お客様の携帯にて指定着信許可をされている場合は、“@hmv.co.jp”のドメイン指定許可設定が必要になります。
※HMV ONLINE/HMV MOBILEでご注文頂いた場合、タイミングによっては対象期間を過ぎる場合がございますことをご了承下さい。
※当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます。



【先着特典】チャクラ+ポータブルロック ジャケ写ステッカー

※チャクラ『チャクラ+5』『さてこそ+5』との共通特典となります。
※先着ですので、なくなり次第終了となります。
※特典の有無は各商品ページにてご確認ください。




商品ページへ
[10月26日 発売]
  V.A.『KING ソングス of ニューウェイヴ』
シリーズ監修者のサエキけんぞうが、ハルメンズが在籍したビクター音源を中心に重要バンドをコンパイル。冒頭の戸川純はハルメンズのコーラス要員として登場し、細野晴臣のYENレーベルからソロデビュー。YMO以来の社会的トピックを作ったスターとなった。ほか、プラスチックス、ヒカシュー、P-MODELの「テクノ御三家」から、最大のヒットとなったジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」まで、5年余のブームを総括。

商品ページへ   ゲルニカ  『改造への躍動』
元ハルメンズのキーボード、バイオリンの上野耕路が、戸川純と結成。戦前ドイツのキャバレー音楽を規範に取ったノスタルジアなサウンドと、第3のメンバー太田螢一の見事なコンセプトワークで、YENレーベル最初のヒット作に。YMOウィンターライヴの前座を務める計画や、デモテープを聞いて衝撃を受けた鈴木慶一らムーンライダーズが『マニア・マニエラ』のヒントを得たことなどを思えば、その登場がいかに衝撃的だったかわかるはず。

商品ページへ   少年ホームランズ  『少年ホームランズ16』
80年にデビューするハルメンズの前身。サエキけんぞうが高校時代に結成したこのバンドに、8 1/2から上野耕路、泉水敏郎が加わって、上野の自宅で録音されたデモテープが後にリリースされたもの。「昆虫軍」など継承されるナンバーもあるが、この時期はフュージョン、AORの影響が濃厚で、上野の編曲はハルメンズ時代よりもずっと意外性に富む。1年デビューが早かったら、「テクノ四天王」になったかも、と思わせる充実作。

商品ページへ   ハルメンズ  『ハルメンズ の近代体操+8』
少年ホームランズと8 1/2の合体バンドで、両グループのレパートリーを併せ持つ名曲づくしのデビューアルバム。音楽学校時代にジャズ、現代音楽をやっていた上野のパンクへの視座は、ある意味 坂本龍一と共通するもので、高品位な音楽性はYMOにもっとも近い。ロキシー・ミュージックの影響下にあるグラマラスなサウンドは、英『サウンズ』誌のジャパニーズ・チャートに取り上げられるなど、本国のリスナーにも高く評価された。

商品ページへ   野宮真貴  『ピンクの心+2』
『ハルメンズの20世紀』に戸川純とともにコーラス参加。ディレクターに見初められ、資生堂CM曲でデビューを飾る。元々はイーストウエストのレディース部門で受賞経験もある、ディーヴォの影響を受けたパズルのメンバー。鈴木慶一のプロデュースと、ハルメンズ組の楽曲提供で、テクノ歌謡の嚆矢的作品として記憶される。佐藤奈々子作「ツィッギ−・ツイッギー」は、後にピチカート・ファイヴ時代にセルフ・リメイク。

商品ページへ   ポータブル・ロック  『QT』
『ビギニングス』のデモテープを聞いたディレクターが、鈴木慶一主宰のレーベル水族館のVAにスカウトし、83年に『陽気な若き水族館員たち』に曲提供。レーベルは終了するが、遺産を継いで2年後にデビュー。この間、セッションマンとして働いた鈴木智文、中原信雄のスタジオ技術の習得によって、スクリッティ・ポリッティなどのプロフェッショナルなスタジオワークの産物へと、サウンドは激変。リリース時には評価は二分された。

商品ページへ   SPY  『SPY/Live&Unreleased Recordings』
佐野元春の立教時代の同窓で、70年代のボサノ・ヴァ路線でデビュー。その後ムーンライダーズ『カメラ=万年筆』への客演を経て、自らのグループを結成して再デビューを果たす。プロデュースは加藤和彦で、米国のガレージで録音した真にニュー・ウェーヴなサウンド。「悲しきセクレタリー」などのコンセプトは、ヴァーナ・リント、ピチカート・ファイヴのセンスを先取りしていた。後に上野耕路もメンバーに加入し、充実期に突入。

商品ページへ   ビジネス  『ビジネス』
元東京おとぼけキャッツの美空どれみが結成した、和製ポリス的グループ。ジャパンレコードの第1弾アーティストとして華々しくデビュー。芸能事務所所属の力もあって、NHKなどにも出演していた。鳥山明が大ファンで、彼女をモデルに『Dr.スランプ』のアラレちゃんを創作した話は有名。鈴木慶一プロデュースの本作は、スカ、レゲエなどに取り組んだグループとしては上質な仕上がりで、同世代ニューウェイヴ組の中でも演奏力は特筆。

商品ページへ   FILMS  『MISPRINT』
近田春夫『星くず兄弟の伝説』にも曲提供していた赤城忠治が、グラム時代からのキャリアを捨て、スパークス、チューブスのテクノ化に触発されて結成。エレクトロニクス担当の岩崎工の加入で、バグルズのような密度の高いプログレ・アルバムとして完成したのが本作。後にポータブル・ロックの鈴木智文、鈴木さえ子、ブラボー小松らが加入するなどメンバー変転。果たせなかったが、YENレーベルから再デビューする計画もあった。




Live情報


ニューウェイヴほぼ30周年祭 オープニング!
〜ヒカシュー & サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース sings ハルメンズ〜


2011年10月28日(金)東京都 渋谷STAR LOUNGE
OPEN 18:00 / START 18:30(予定)

【出演者】
ヒカシュー / サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース featuring 泉水敏郎
スペシャルゲスト:野宮真貴
司会:加藤賢崇

料金:前売 3000円 / 当日 3500円(ドリンク代別)
一般発売:2011年9月10日(土)(予定)

 


ニューウェイヴほぼ30周年祭 オープニングツアー!
〜祝!野宮真貴デビュー30周年 幻のユニット ポータブル・ロック再結成 & サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース sings ハルメンズ〜


・2011年11月5日(土)愛知県 名古屋TOKUZO
OPEN 17:00 / START 18:00(予定)
・2011年11月6日(日)京都府 京都CLUB METRO
OPEN 15:00 / START 15:30(予定)

【出演者】
野宮真貴 / ポータブル・ロック(野宮真貴、鈴木智文、中原信雄)/ サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース / ぶどう÷グレープ / and more
DJ:グルーヴあんちゃん

料金:前売 3000円 / 当日 3500円(ドリンク代別)
一般発売:2011年9月17日(土)(予定)







その他オススメ情報はコチラから!


  • Boogie the マッハモータース!

    Boogie the マッハモータース!

    プロデューサーに飯尾芳史(戸川純ミキサー)を迎えたNewアルバム!サエキけんぞう氏からの推薦コメントを掲載!ONLINE特典缶バッヂあり!

  • 小川美潮 限定盤!

    小川美潮 限定盤!

    小川美潮のユニット・スプラゥトゥラプスのNewアルバム『起きてください』が数量限定で取り扱い開始!

  • コスミック・インベンション ベスト盤!

    コスミック・インベンション ベスト盤!

    「コンピューターおばあちゃん」のオリジナルVer.やYMOの武道館公演オープニングアクトをつとめたことでも知られるコスミック・インベンションのベスト盤!

  • 高護『歌謡曲番外地 HMV ONLINE編』

    高護『歌謡曲番外地 HMV ONLINE編』

    Dopeな歌謡曲ファン必見!Hotwax編集長・高護(こう まもる)氏による不定期連載『歌謡曲番外地 HMV ONLINE編』!

  演歌/歌謡曲 Topページへ
  演歌/歌謡曲 ニュース一覧へ
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

チャクラ +5

CD

チャクラ +5

チャクラ

ユーザー評価 : 4.5点 (7件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,750
会員価格(税込) : ¥2,530
まとめ買い価格(税込) : ¥2,337

発売日:2011年10月19日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

さてこそ +5

CD

さてこそ +5

チャクラ

ユーザー評価 : 5点 (10件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,750
会員価格(税込) : ¥2,530
まとめ買い価格(税込) : ¥2,337

発売日:2011年10月19日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

ビギニングス +5

CD

ビギニングス +5

ポータブル・ロック

ユーザー評価 : 5点 (4件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,750
会員価格(税込) : ¥2,530

発売日:2011年10月29日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

KINGソングス of ニューウェイヴ

CD

KINGソングス of ニューウェイヴ

価格(税込) : ¥2,096
会員価格(税込) : ¥1,928
まとめ買い価格(税込) : ¥1,782

発売日:2011年10月26日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

数量限定で取り扱い開始!

起きてください

CD

起きてください

小川美潮スプラゥトゥラプス

価格(税込) : ¥3,143
会員価格(税込) : ¥2,891

発売日:2011年10月19日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

田中雄二 関連作品

  • 電子音楽 In The (Lost) World

    本

    電子音楽 In The (Lost) World

    田中雄二

    価格(税込) : ¥3,190

    発行年月:2005年03月


    • 品切れ
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 電子音楽 in JAPAN

    本

    電子音楽 in JAPAN

    田中雄二

    価格(税込) : ¥3,960

    発行年月:2001年12月


    • 品切れ
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • イエローマジック歌謡曲

    CD

    イエローマジック歌謡曲

    ユーザー評価 : 4.5点 (18件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥4,400
    会員価格(税込) : ¥4,048
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,740

    発売日:2005年02月23日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • テクノマジック歌謡曲

    CD

    テクノマジック歌謡曲

    ユーザー評価 : 2.5点 (2件のレビュー)
    ★★★☆☆

    価格(税込) : ¥3,300
    会員価格(税込) : ¥3,036
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,805

    発売日:2005年02月23日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 「テクノ歌謡」アルティメット・コレクション1

    CD コレクション

    「テクノ歌謡」アルティメット・コレクション1

    価格(税込) : ¥2,640
    会員価格(税込) : ¥2,429
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,244

    発売日:2008年11月26日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • for winter music Lovers 〜TECHNOPOP Xmas

    CD コレクション

    for winter music Lovers 〜TECHNOPOP Xmas

    価格(税込) : ¥2,200
    会員価格(税込) : ¥2,024
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,870

    発売日:2009年11月11日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • ESSENCE: THE BEST OF IPPU-DO

    CD グレイテストヒッツ

    ESSENCE: THE BEST OF IPPU-DO

    一風堂

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,640
    会員価格(税込) : ¥2,429
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,244

    発売日:2010年02月24日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • ESSENCE: THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA

    CD グレイテストヒッツ

    ESSENCE: THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA

    土屋昌巳

    ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,640
    会員価格(税込) : ¥2,429
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,244

    発売日:2010年02月24日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • TPO1-25th Anniversary Edition

    CD

    TPO1-25th Anniversary Edition

    TPO

    ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥3,666
    会員価格(税込) : ¥3,373

    発売日:2009年02月18日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Far East

    SHM-CD 限定盤 紙ジャケ

    Far East

    TAO

    価格(税込) : ¥2,750

    発売日:2010年04月22日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 愛は地球を救う

    CD

    愛は地球を救う

    大野雄二 & ユー・アンド・エクスプロージョン・バンド

    ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,750
    会員価格(税込) : ¥2,530
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,337

    発売日:2010年01月20日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • LIFETIDE-生命潮流

    CD

    LIFETIDE-生命潮流

    大野雄二

    ユーザー評価 : 4点 (2件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,750
    会員価格(税込) : ¥2,530
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,337

    発売日:2010年01月20日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Anything Goes

    SHM-CD 紙ジャケ

    Anything Goes

    清水信之

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,750
    会員価格(税込) : ¥2,530
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,337

    発売日:2010年08月20日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • CRISIA

    CD

    CRISIA

    ビジネス

    価格(税込) : ¥2,640
    会員価格(税込) : ¥2,429
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,244

    発売日:2009年11月18日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です