DESTROSE Mina隊長 登場!

IRON ANGEL

2010年12月24日 (金)

DESTROSE / Mina
profile
Mina
[DESTROSE guitarist/leader]

横浜出身。AB型。 ガールズ・メタルバンド DESTROSE でギタリストとして活動中。DESTROSE のほとんどの楽曲を手がけるリーダーであり通称「隊長」。幼いころから父親の影響でクラシックギターに触れ、17歳でエレキギターを始める。その後音楽学校MI JAPAN GIT-DX科に入学し、地獄カルテットの小林信一や ex.HELLEN、現Cycloneの清水保光などに手ほどきを受け、へヴィな刻みとフル・ピッキングでの速弾きを得意とする。
趣味はお昼寝とパソコン。特典などで配布しているflashゲームや、オフィシャルサイトはすべてMina隊長が作成している。ステージや文章のアグレッシブさとは裏腹に普段はおとなしいので、色んな人に驚かれてしまうのが悩み。

第1回 『鋼鉄の薔薇、開花!』

皆さまはじめまして!ご機嫌うるわしゅう。Minaと申します。(最新コラムはこちら)

……ちょっと堅苦しいでしょうか?

アーーライッ!!!

…これで大丈夫ですよね???(笑)

というわけで始まりました、DESTROSE のギタリスト Mina のコラム『お嬢メタラーの憂鬱』です♪

『 DESTROSE ってどんなバンド?』っていう方も多いと思うので、まずは簡単にバンド紹介をしたいと思います♪♪♪

活動の始まりは2005年12月、HR/HM中心のコピーバンド DESTROYA を結成し、LED ZEPPELINSHOW-YAPANTERAMETALLICAMANOWAR・・・などのコピーをしていました。
それが母体となって2007年3月からオリジナルに転向、ガールズ・メタルバンド DESTROSE が誕生しました。

DESTROYA の名前の由来は KISS のアルバム『DESTROYER』と、映画ゴジラに出てくる最強のライバル、『デストロイア』から名づけました(笑)

バンド名が決まらず悩んでいた当時にハマっていたのが KISS で、『DESTROYER』 のジャケを見て「これは!?」と思ったんです。 そして私は小さい頃からゴジラの映画を見て育ったので、怪獣デストロイアには思い入れがあって、見た目がゴツいからメタルにはちょうどいいと思って(笑)

そこに女性らしくROSE を加えて、DESTROSE という名前になりました!^0^
GUNS N'ROSES が好きだったというのも理由のひとつです。

活動を始めて約半年後には Killer Guitar 社のシークレット・ライヴにて高崎晃(LOUDNESS)、TAIJI(ex.X JAPAN)のサポートアクトを務め、
2010年1月には IRON MAIDEN 公認の女性トリビュートバンド THE IRON MAIDENS のすべての日本公演でサポート・アクトとしてツアーに同行しました。

★さて、ここで DESTROSE のメンバーと担当パートを紹介させていただきます★

●AKANE・・・ボーカル。盛り上げ担当。方向オンチ。
●Mina隊長・・・ギター。リーダー。電柱の影からみんなを見てるタイプ。
●Satty・・・ギター。ドリフでいう志村さん。高所恐怖症。
●Ami・・・ベース。メタラー。ゴアグラインダー。
●Emi・・・ドラム。緊張緩和剤。グミ。

・・・という5人です。個性の強いメンバーが集まって活動しております(笑)

このメンバーで今年10月に1stシングル 『破壊の薔薇』 を発表し、おかげ様で予約殺到、全国発売前に追加プレスが決定したほどで、こんなにたくさんの皆さんに聴いて頂いて本当に感謝しております♪

そして2011年1月の HMV Presents IRON ANGEL LIVE 一日目に出演決定!!

そして今に至る・・・というわけです。

DESTROSE


音楽性はツインギターを主体にした正統派メタルで、80年代っぽいと言われることが多いです。
楽曲には明るめのハードロックや泣きのバラードもあるので、女性版 X JAPAN なんていう例えられることもあります。 

他にもジャパメタ、メロスピ、スラッシュメタル…など色々言われます(笑)
でもここまで書けばどんな感じかは伝わりますよね=☆
…え、文章じゃわかりづらい???(。ω°)

関東を中心に色々な所でライヴをやっているので、ぜひ確認しに来てください☆

ライヴはひたすらヘドバンや拳を挙げる系なので、
IRON ANGEL LIVE でも早く暴れたくてしょうがないです!!(笑)


早く来い来いお正月…じゃなくて1月22日! 獅子舞のごとくヘドバンしますよぉぉぉ!!



しかし…ちょっとしたバッド・ニュースが。
私が頻繁に通っていたあるCDショップが1月で閉店してしまうのです…

なななんということでしょう…

雨の日も、
風の日も、
ずっと新しいメタルを求めて通いつづけたのに…



そ れ が 閉 店 だ な ん て 。。。(;ω;)



ああ私はこれからどこに行けばいいの…???

あ、そうかここか(爆)

大丈夫!実は HMV ONLINE さんには8年くらい前からお世話になってます♪
ついこないだも Black Sabbath の2枚組みデラックス・エディション買っちゃったよ〜〜〜♪

ワタクシこう見えても、筋金入りのサバス・ファンなので…☆
DESTROSE のシングル『破壊の薔薇』をお持ちの方は、ジャケ写の私のギターをよぉぉぉく見てみてください。
もしくはオフィシャルサイトのトップ写真を見てみてください。

そう☆ そこには… 悪魔のし・る・し(はぁと)

サバスのギタリストであるトニー・アイオミは、私が影響を受けたギタリストの一人です!
左手の指を事故で失いながらも、伝説を作り上げてきたあのお方…
ホントに尊敬しますっっ(;ω;)

特に『Headless Cross』のリフはやばいです!あんなにシンプルなのに、なぜあんなにカッコいいのでしょう!?

まぁアイオミ先生のリフは全部好きなんですけど♪♪♪

なんか Black Sabbath について語りたくなってきちゃいました(笑)
私もレビューを書かせて頂くチャンスを頂きましたので、ここでレビューといきます!

DESTROSE / Mina

『Black Sabbath - Seventh Star (DELUXE Edition)』

ご存知、DEEP PURPLEのベーシストだったグレン・ヒューズをヴォーカルに迎えたアイオミのソロ・プロジェクト作品。レコード会社の要求により、名義は「BLACK SABBATH featuring TONY IOMMI」となっている。そのため当時、サバスの新作として聞いたファンは「何だこれ!?」と思ったことでしょう。アイオミ本人も「サバスとして聞くな!」って思っていたでしょうね^^;(でもここで作り上げたスタイルが、その後の「Headless Cross」、「TYR」などのサバス作品のルーツとなっていたりします)全体的にリヴァーブがかかり、無限の広がりを感じさせる神秘的な音空間。。。特にタイトルトラック「Seventh Star」に差し掛かると、初期作品にも通じる「これぞブラック・サバス!」という怪しくも色気のあるリフに始まり、目をつむれば、夜の砂漠に古代の遺跡がだんだんと現れてくるような…荘厳な世界が待っています。Disc2はレイ・ギランが歌う貴重なライヴ音源!これだけでも買いです!(笑)それにしても彼はやはりDie Youngのような疾走様式美系の曲が似合いますね!エンディングはツーバスドコドコいってます。ただこういった素晴らしいヴォーカリストに限って、天は皮肉な運命を与えてしまうわけですが…

『Black Sabbath - the Etarnal Idol (DELUXE Edition)』

キターーーーーー(。∀°)ーーーーーーーーー!!今は亡きレイ・ギランが歌う幻の音源を収録した、2枚組みデラックス・エディション!この見発表音源が目当ての方も少なくないでしょう(笑)私もそうです(笑)あの開けづらい輸入版のシュリンクをウニウニさせながら、「早く開けよムキーーーーーーーーー((。∀°))ーーーーーーーー!!」・・・とやっていた私です(爆)Disc1の通常版は何十回も聞いているので、すかさずDisk 2を聞きました!――――何でしょうこの違和感のなさ!?レイ・ギランがプロデューサーにクビを切られてお蔵入りしたほどだから、実は歌も音も酷いんじゃないかと思ったけど・・・全くそんなことはない!ここまで録っておいて発売されなかったなんて…レイ・ギランの無念を晴らすためにも、是非聞いてあげてください><若干アレンジが通常版と違うので、聞き比べてみましょう♪Lost Foreverのソロはこっちのがカッコいいですアイオミ先生!!(笑)Disc1にはボーナストラックが2曲収録されています。ラストの「Some Kind Of Woman」は私好みの疾走ロケンローです(笑)余談ですがジャケットの銅像は本物の人間から型を取ったらしいですよ。生々しいですね〜。

『タイヨウのうた』

 えっと、ここにきてメタルじゃないんですが…(笑)まぁちょっと聞いてくださいヨ奥さん!主人公の薫は、XP(色素性乾皮症)という太陽の光に当たれない難病を持つ16歳の少女。夜しか出歩けない彼女の生きがいはアコースティックギターを弾き歌うこと・・・そんな彼女がサーファーの少年と出会い・・・っていうストーリー。やがて病気が進行して、ギターが弾けなくなっていく薫を見てると、これがもし自分だったらって思うと・・・うぁぁっぁぁぁ(;ω;)ってなっちゃいます^^;薫が住んでいるのは鎌倉で、湘南住まいの私にとっては見たことのある光景ばかりですごい感情移入してしまいます。そして彼女が歌うストリートライブのシーンは横浜VIVREの前の広場なんです!!HMV横浜VIVRE店に行くときはいつもここを通るので、このシーンを思い出します♪しかも、学校のシーンは私の母校で撮影されたんです(笑)まさか使われてるとは思わなくて、最初は気づきませんでした^^;地元の人はもちろん楽しめるし、そうじゃない人にも見てもらって湘南の海を感じてほしいです。切ないストーリーなんですが、なんだか心が温まるような・・・そんな作品です♪主演のYUIちゃんも可愛い♪♪♪


第一回いかがでしたか?
次は IRON ANGEL LIVE でお会いしましょう♪

ライヴに向けて練習しなきゃいけないのですが、時間の許す限りサバスが聴きたいというこの誘惑…ああどうしたらいいのでしょう;;
とくにグレンの歌うDie Youngにハマりすぎです。
え?Die Youngはやっぱロニーだろって?

駄目です…今私にロニーの歌を聞かせたら…(;ω;)ぶわっ

2010年は多くの偉大なアーティストを失った年でした。
2011年は新たなアーティストが次の時代を築いていくと思いますが、
私達 DESTROSE もその一翼を担うことが出来たら光栄です。

私たちと一緒に素晴らしい2011年のスタートを切りましょう♪

あ、そうそう!
ライヴに合わせて1月15日に発売されるライヴ出演13バンド収録の『IRON ANGEL』のCDには、DESTROSE のライヴでは欠かせない「Skykiller」のニューミックス版が収録されています!是非聴いて下さいね。

それでは皆さま御機嫌よう☆☆☆  アーーライッ!!!

次回をお楽しみに♪…。

DESTROSE Mina

【ライヴ画像提供:Webロックマガジン BEEAST】

☆ IRON ANGEL - HMV Girls Metal Collection!!

DESTROSE も登場!HMVが激押しするガールズ・メタル・バンドを結集したライヴが2010年 1/22,23に開催決定!2日間通し券販売中!
☆そしてライヴに出演する14バンドのうち13バンドの音源を収録したHMV独占販売のコンピレーションCDも発売決定!!

【Iron Angel Live】
【2日間通し券】

2011年1月22日、23日
会場:吉祥寺 CLUB SEATA

出演バンド:DESTROSE・・etc
全14バンド!!
【V.A / IRON ANGEL】
DESTROSE・・etc
1/22,23の“HMV Presents IRON ANGEL LIVE”出演14バンドのうちの13バンドの 楽曲を1曲ずつ収録した“予習”コンピレーションCD!!

Mina隊長のギターが炸裂する待望の1stシングル!

  • DESTROSE 1stシングル『破壊の薔薇』

    DESTROSE 1stシングル『破壊の薔薇』

    破壊力のあるリフとツインリードを聴かせるメタル指数No.1ガールズ・バンド DESTROSE!待望の1stシングル!ガールズバンドらしからぬ正統派サウンドに酔いしれろ!

Destrose 関連 Links

その他のメタル情報はコチラから!