トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > 新生活と春の決意に関する意識調査

新生活と春の決意に関する意識調査 HMV独自調べの意識調査結果TOPへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2010年3月16日 (火)

新生活と春の決意に関する意識調査〜HMVユーザー2,226人に聞きました〜/「この春始めたいこと」は、男性「スポーツ」、女性は「習い事・キャリアアップ」がそれぞれ1位。「そのための予算」は「なし」が3割のなか、最高額は8,000万円!一番好きな「さくらソング」は「桜坂(福山雅治)」に世代を超えて支持の声が集中「私は『親のすねかじり』を卒業します!」など 珍回答続出の“卒業宣言”をご紹介!
■調査名:「新生活と春の決意」に関する意識調査/■調査期間:2010/2/26(金)〜2010/3/7(日)/■対象:HMV ユーザー(店舗、ONLINE、MOBILE)男女併せて2,226名
Q1.春になると気分は・・・?


1位:ワクワクする 61.0%
  「新年度だから」「昔から”はじまり”のイメージ」
2位:モヤモヤする 10.1%
  「花粉症だから」「一日中眠い」
3位:変わらない 9.1%
  「生活に変化がない」「自分が変われない」

Q2.この春、新しく始めたいことは?

CHECK POINT
【女性】
1位:習い事・キャリアアップ
2位:ダイエット
3位:イメージチェンジ

CHECK POINT
【男性】
1位:スポーツ・健康
2位:習い事・キャリアアップ
3位:貯金・節約

Q3.そのための予算は?
Q4.この春、卒業したいことは?
卒業宣言

・ぼくは、シャイを卒業します(12才、男性)
・親のすねかじり(笑)(18才、女性)
・地味な生き方(18才、男性)
・一人称「うち」を卒業します(18才、女性)
・ケータイ依存症(16才、女性)
・親不孝を卒業します(42才、女性)
・社宅からの卒業(47才、女性)
・猫背(43才、女性)
・言い訳ばかりの自分(25才、女性)

・都会生活(39才、女性)
・あまのじゃくな性格(21才、女性)
・虫歯(43才、男性)
・塩漬けの株(負債株)の卒業37才、男性)
・片想い(37才、女性)
・すっぴん通勤(37才、女性)
・ロン毛を卒業します(23才、男性)
・野菜嫌い(17才、男性)
・リズム感のない生活を卒業します(57才、男性)

Q5.春に楽しみな行事といえば?
Q6.この春、買い換えたいものは?
Q7.一番好きな「さくらソング」は?

CHECK POINT
『さくらソングの草分け的存在の「桜坂(福山雅治)」が世代を超えて大人気。
その他、「桜(コブクロ)」「サクラ色(アンジェラ・アキ)」「SAKURA(いきものがかり)」など、穏やかなメロディーラインと美しい歌詞への支持・共感が集まった。
早くも今年りリースの『桜会(ゆず)』や『サクラサク(ET-KING)』にも支持の声が多数。』

Q8.一番好きな「卒業ソング」は?

1位 卒業写真(松任谷由実)
2位 空も飛べるはず(スピッツ)
3位 3月9日(レミオロメン)
4位 想い出がいっぱい(H2O)
5位 道(EXILE)
6位 YELL(いきものがかり)
7位 YA YA〜あの時を忘れない〜(サザンオールスターズ)
8位 虹(ゆず)
9位 旅立ち(Greeeen)
10位 桜ノ雨(absorb)

CHECK POINT
『卒業写真(松任谷由実)』は意外?にも20代〜50代まで幅広く支持。10代、20代には圧倒的に『3月9日(レミオロメン)』が人気。
その他「MyGraduation(SPEED)」「卒業(尾崎豊)」「贈る言葉(海援隊)」「旅立ちの日に(合唱曲)」若年層には「seasons(嵐)」「サラバ青春(チャットモンチー)」などの声が多く新定番誕生を予感させる。
「卒業式で歌った」「世代的に」など学生時代にリアルタイムで”体験”した歌こそがその人にとっての”定番卒業ソング”となるようだ。