トップ > アニメ > 商品情報 > ミュージック・声優 > Crush Tears/小林ゆう インタビュー

Crush Tears/小林ゆう インタビュー HMVアニメ インタビューへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2010年2月8日 (月)

interview
Crush Tears


 唯一無二の個性で高い人気を集める声優・小林ゆう。既に歌手としての活動も行っている彼女ですが、新たに本格ロック・プロジェクト、Crush Tearsを始動させました!アニソンとロックの世界を繋ぐ懸け橋的な存在である彼女の新たなスタートを見逃すわけにはいかない!・・・という事で来る2月17日にファースト・シングル“閃光の瞬き”をリリースするCrush Tearsのお二人にお話を伺ってきました。  

ファンの方々が応援してくださる気持ちに、できること全部で応えたい!

--- 「Crush Tears」のユニット結成のいきさつをお聞かせください。

YU:日頃“小林ゆう”の名義で声優の仕事をさせていただいていまして、 キャラクターソングや自分の歌を歌わさせていただいたことがあるんですけど、 そちらの活動とは全く別で、今まで皆様の前でお見せしたことのない部分を本格的な音楽活動を通じて表現させていただきたい、ということで今回のユニットが結成の運びとなりました!…「運びとなりました」とか似合ってないんですけど、緊張してしまって・・・はい。

--- 今回のユニット結成に当たって、お二人は初対面だったと思いますが、お互いの第一印象はいかがでしたか?

RYO:すごく低姿勢で、何事に対してもすごく本気で取り組む、という印象を受けました。
…ホントに勉強になるっていう感じで。

YU:(RYOの回答を受けて)とんでもありません・・・私は、RYOさんとお会いしたときに、まずギターのパフォーマンスやテクニックを 見せていただいたんですけど、その迫力に感動しまして、こんなスゴイ方と一緒に活動させていただけるんだ、と嬉しかったです。あと、私の作詞とRYOさんの曲でどんなものができるんだろうと、ワクワクもしました。

--- RYOさんのギターはかなり激しいものがありますが、これまでどういったギタリストに影響を受けましたか?

RYO:一番好きな、影響を受けたギタリストはTUBEの春畑道哉さん。僕はとっても尊敬しています。プレイの面でも曲の面でも・・・一番の方です。

--- YUさんのほうは影響を受けたアーティストはいらっしゃいますか?

YU:私はですね、もういろいろな方から学ばさせていただいているんですけど、 パフォーマンスの面だったら、QUEENのフレディ・マーキュリーさん。 ダイナミックで、派手で、すごく大好きで・・・(突然立ち上がって身振りしながら)・・・ こういうところがすごく大好きで!やらせていただいているラジオ番組のオープニング曲をQUEENさんの「Don't Stop Me Now」にさせていただいたり、自分のソロイベントのタイトルに「Don't Stop Me Now」ってつけさせていただいていただいたり。・・・もう「止めないで!」って!で、“フレディ・マイク”って言われている、あのマイクもイベント使わせていただいたしていて。・・・あのーその「ワァー!」(野太い声で)みたいなところがすごく尊敬していまして・・・他にはRED HOT CHILI PEPPERSさんとか、ライブに行かせていただいて方たちからも影響を受けています。

あと、パフォーマンスというか、ライブでお客様を魅了するにはトークの部分もその要素の一つだと思うんですけど、 私は綾小路きみまろさんの大ファンで、両親もすごくファンで、あの動き・・・(また立ち上がって身振りしながら) 本当に大好きなんです!!ああいった人を惹きつける、飽きさせないパフォーマンスが私もできたらいいな、と思っています。

--- YUさんのステージパフォーマンスはかなりパワフルでオリジナルですが、あの力はどこから沸いてくると思いますか?

YU:何ていうかファンの方々が応援してくださる気持ちに、もうできることを全部で応えたい!っていう気持ちだけです。 この間早稲田大学さんの学園祭に出演させていただいたとき、客席の後ろのほうの方々、わざわざ予定を裂いてお越し下っているのに、 その方々に手が届かないのがどうしても我慢出来なくなってしまって、コードが伸びる限り進んで行ってハイタッチさせていただきました。 ちょっと予定には無かったので、私の独断でさせていただいたんですけど・・・。

--- ユニットの話に戻ります。Crush Tearsというユニットに込められた意味やコンセプトをお教えください。

YU:Crush Tearsはスタジアム・ロックの王道を行く、大きな会場でライブをさせていただくことを目標としておりまして、 その時に映えるような、来ていただいたお客様が一つになってノっていただける、もう何もかも忘れて・・・もう無礼講! 私はそうなっちゃうんですが(笑)皆さんが本当にそこで真っ白になれるような、楽しんでいただいて、驚いていただけるサウンドを目指しています。 そして、“ジェンダー超えたスタイル”これが一つのポイントになってきます。

私は今でも男性の役柄をさせていただいていることが多くて、今回、サウンドプロデューサーさんですとかスタッフの皆様に声を聞いていただいたときに、 男性の声で歌っているキーのところが一番魅力的だって言っていただきました。ですので、今回は男性の歌声で、男性の気持ちになって、そして男性の目線で書いた歌詞で…“YU”として、今までの女性の私とは全く別のスタイルで表現をしていきます。

--- 声優として男性役を何度も演じてきたYUさんですが、現実で男性の衣装を纏ったり演じてみていかがですか?

YU:声優で男性役を演じるときは、特に意識することも無く、ごく自然に入っていくことができていましたが・・・ 今回、このユニットで男性役に取り組むに当たって、まずはビジュアル面から入っていこうということで、大変高名なカメラマンの方・・・ ラルク・アン・シエルさんですとか、X JAPANさんの撮影をされている方に撮っていただきました。

その撮影の時に、いろいろなことを伝授してくださって、引き出してくださって・・・ すごく勉強になりました。今までしたこともないような方法で撮影をしてくださったりとか・・・ 出来上がりを見て、自分でも見たことのない自分に出会えました。 レコーディングの時も気持ちを込めながら、意識しながら男性になっていたので、 何かこう・・・普段の時も男性っぽくなってきてしまって。 今まで無かったんですけど、無意識に足を開いて座るようになってきていて、 マネージャーさんに「普通に男っぽくなってますね」とか言われまして・・・

あと、髪の毛も50cmくらい切って・・・やっぱり所信表明じゃないですけど、 ビジュアル面でも一番いい状態を突き詰めて、ストイックに取り組みたかったので、 やっぱりウィッグじゃなく、自分の髪の毛を切る形で。 ウィッグだと、もしかしたらライブの時飛んで行ってしまうこともありますし(笑)

--- 何事もかなり全力で取り組む姿勢ですね。

YU:何か全力でしかできないみたいです…どうしたらいいんでしょう?

--- 今回のシングル2曲ともYUさんの作詞ですが、実際書いてみて、その手応えはいかがでしたしょうか?

YU:私、初めてラブソングというものを作詞させていただきまして、そのことが自分の中でもすごく大きなことでした。 やっぱり愛を描いて自分で歌う機会をいただいたことは、すごく素晴らしいことだなって・・・嬉しかったです。 それで、今回は「少年の恋心」っていうのをテーマに、自分の思う愛の形を書かせていただいてます。 想い人に対して、葛藤しながらも体いっぱい伝えたいんだ、という「叫び」を・・・ストレートに。 今回のシングルはストレートな言葉で、ストレートに綴らせていただいていて、「愛しい」とか「欲しい」とか直接的な言葉を使っています。

私は、多分自分からはこういうことをほとんど言ったことが無くって、自分とは縁遠い言葉たちだったので・・・ ですから、私を知っている方々には「こういう面もあるんだな」っていうことを知っていただけると思います。

--- 今回のシングルは、曲調もかなり激しいものとなっていますが。

YU:そうですね…すごく良く作っていただいているので・・・RYOさんお話しされますか?

RYO:やっぱり一発目は、名刺がわりじゃないんですけど、ドーンとパンチを・・・全力で。
YUさんとやるんだった全力しかありません。 あと、YUさんの声が低めなんで、僕のほうのギターもどんどんヘヴィにしていって、それに疾走感もつけていって・・・デカい会場が似合うイメージで作ってみました。




profile

小林ゆうがボーカルとギターの2人組ロックユニットを結成。 声優・歌手「小林ゆう」が持つアイデンティディを打ち破る、 ボーカリスト『YU』として音楽活動をスタートさせる。YUは自ら作詞も担当し、 ライブハウスシーンで圧倒的な注目を集めているRYOが参加。 Crush Tearsはジェンダーを超えたスタイルとスタジアムロックの王道をゆくタフなサウンド兼ね備え、 2010年代を代表するロックスターへの階段を登り始める…