CD  ショスタコーヴィチ(1906-1975)
『馬あぶ』全曲、『呼応計画』より マーク・フィッツ=ジェラルド&ラインラント=プファルツ州立フィル





HMV ユーザーレビュー


★★★★☆

レインボー  |  不明  |  不明  |  2018年06月04日

" ショスタコーヴィチの映画音楽『馬あぶ』の全曲盤。 ショスタコの映画音楽ではよく知られた馬あぶであるが、それはアトミヤンによる組曲版で知られており、シャイー盤の様に抜粋でオリジナルの譜面を使った演奏はあったが今まで全曲盤というのはなかった。 この盤は既にいくつかのショスタコの映画音楽を復元してきた指揮者、マーク・フィッツ=ジェラルドの指揮、復元、ラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団の演奏で録音された物です。 演奏は前奏のテンポは速いが荘厳さがあり、おおっと思わせますが、後はしっかり丁寧に演奏されているのは分かるものの、有名な曲などは他の演奏の方が良いと感じます。 ただ、15曲目のバッハはなかなか良くてさすがドイツオケでしょうか。 併せて収録された『呼応計画』からの抜粋は既に2つ程録音がありこれで3つめですがこちらは丁寧に演奏しすぎたためか、凡庸な仕上がりになっているのが残念。 録音は綺麗です。 この盤、サントラから外された曲や、組曲以外の曲が聴けるという資料的価値の方が高い一枚と言えそうです。 "

(C)1998 Lawson Entertainment, Inc.