CDシングル  東京女子流
predawn/Don't give it up 【初回限定盤】(PHOTOBOOK仕様)


視聴できます

試聴サンプルを聞くには、各種プレイヤーがありますが、
Windows Media プレイヤーReal Audio プレイヤーQuick Timeプレーヤーをご利用されることをお奨めします。
上の各プレーヤーの名前をクリックすると、それぞれの最新ヴァージョンがダウンロードできるページが表示されます。
各プレイヤーとも、優れたプレイヤーで、なおかつダウンロードは無料です。

サンプルが試聴できない場合は、プレイヤーの設定を間違えている可能性があります。
プレイヤーの最新ヴァージョンをダウンロードするか、マイクロソフト、RealAudio、アップルのウェブサイトでプレイヤーの設定の仕方の説明を参照してください。
なおMacintoshをご利用の場合、試聴ファイルによって特性上再生できない場合がございます。

・【封入特典】生写真1枚(全5種からランダム1種封入)



HMV ユーザーレビュー


★★★★★

hiroyuki  |  東京都  |  不明  |  2017年03月18日

" 音楽リスナーであれば、現在のJ-POPシーンは世界的な潮流に圧倒的な差をつけられていると感じていることはごく自然なことだろう。 それはいわゆるEDM以降、つまりトロピカルやオルタナR&B、あるいはベースミュージック、グライムといった方向に世界がシフトしていることから分かる。もちろんEd SheeranやBruno Marsなどのシンガーソングライターの人気も落ちていない。 だがグローバルスタンダードとJ-POPが遠い距離の乖離に陥ってもいいのだろうか?そんな問いに答えるのが本作のpredawnだ。 深海から現在の音楽シーンを捉えたのは分かった。じゃあグローバルと普遍的なJ-POPを融合させることに意欲的になったことを示す、という東京女子流側からの回答が今作品と言えるかもしれない。Hip-Hopやグライム的な要素とJ-Musicを掛け合わせる。これが上手くいった瞬間がpredawnという静と動の音楽になっていると解釈できるだろう。 それに対してはリスナーはどうレスポンスを返すことができるか。この意欲的な作品に対して、「むしろ我々リスナーは挑戦を受けている」 そうとれることに疑いの余地はないだろう。 "

(C)1998 Lawson Entertainment, Inc.