SACD  シュミット、フランツ(1874-1939)
Sym.4: Kreizberg / Netherlands.po+orch.music From Notre Dame (Hyb)





HMV ユーザーレビュー


★★★★★

sunny  |  兵庫県  |  不明  |  2015年07月16日

" キリル・ペトレンコが、2000年に振った音楽を聴いてしまった。この曲の発聴きだった。濃厚、絶妙、エモーショナル、ハーモニーも見事で美しい。クライツべルグも、同じロシア生まれ、このロマン主義最期の灯を、録音していた。ほぼデヴユーの2002年。物哀しいトランペット、チェロのソロ。今の処、代表盤として、お勧めする。シナイスキーより、厚み、深さがある。 "
★★★★☆

ミサワ・バッハ研究所  |  三沢  |  不明  |  2003年11月27日

" クライツベルクの指揮いいのだ。クライツベルクは昨年のチェコ・フィルでも振っていた。シュミットの幾分アマチョロな曲がずいぶん引き締まって聴こえる。この人のCDは今後出たものは全て聴く。「ドン・ジョヴァンニ」鮮烈な演奏は今でも忘れられない。 "

(C)1998 Lawson Entertainment, Inc.