CD  チャイコフスキー(1840-1893)
交響曲第6番『悲愴』、ロメオとジュリエット グイド・カンテッリ&フィルハーモニア管弦楽団





HMV ユーザーレビュー


★★★★★

生で聴かなければ  |  大阪府  |  不明  |  2009年08月24日

" 私見ですが、史上最高の指揮者は?と尋ねられたら、カンテルリと即答します。 残されている録音全てが名演と言えるものばかりで、この演奏も期待を裏切りません。 もし、飛行機事故で早逝しなければ、20世紀の演奏史そのものが変わっていたかも知れません。 この演奏も素晴らしいし、他の曲もライヴ録音も是非聞いて頂きたいと思います。 もっと長生きして欲しかった・・・ "
★★★★★

たか  |  東京  |  不明  |  2006年03月05日

" これは素晴らしい演奏。こんな悲愴は聞いたことがない。 第一楽章は通常のテンポより相当速いのにとてもよく歌っている。クライバーが振ったらこんな感じだったかも?以前EMIからCD化されていたがテスタメントのリマスターはそれと比較するとどうなのだろうか? "
★★★★★

並木の聖者  |  金沢区  |  不明  |  2005年03月26日

" カンテルリは天才です。 カペルやリパッティもそうですが、若い時にあまりにも桁外れな才能を与えられた芸術家はなぜ人生の早い時期にこの世を去らなければならないのでしょうか? このCDの演奏を聞いて、批判の言葉を見つけるほうがむしろむずかしいくらい、というようなすばらしい演奏です。 "

(C)1998 Lawson Entertainment, Inc.