激ロック×HMV


激ロック×HMV
ラウドロックのポータルサイト“激ロック”とのコラボコーナー登場!
毎月レコメンドアーティストとアイテムをご紹介!

激ロック×HMV 今月のレコメンド:KNOCK OUT MONKEY「Mr. Foundation」

今月のレコメンド:KNOCK OUT MONKEY「Mr. Foundation」

KNOCK OUT MONKEY「Mr. Foundation」
KNOCK OUT MONKEY 『Mr. Foundation』
[2015年1月14日発売]

1st ALBUMから約1年、初めてのワンマンツアーの成功、数々のフェスへ出演、3枚のシングルリリースと2014年攻めに攻めた神戸の暴れ猿・KNOCK OUT MONKEY 2nd ALBUM発売!
2014年にリリースした3枚のシングルでその雑多な音楽性から全く指向の違う音楽性を表現し、1つのジャンルに捕われず常に最新を最高にしてきた暴れ猿、キャリア最高傑作のフルアルバム完成!

新たな音楽環境の中、多くの音楽的経験、知識を得ることで完成した1stアルバム『INPUT∞OUTPUT』を経て、あえて音楽的知識だけに頼らず、改めてバンドとして4人で音を鳴らすことを大切にして制作に取り組んだという今作。“バンド・KNOCK OUT MONKEY”としての“Foundation(土台)”を確固たるものにしたという思いが収められた注目作!

KNOCK OUT MONKEYによる「Mr. Foundation」セルフライナーノーツ


01. Revolution
アルバムのスタートになるインスト曲。アルバムの全容を見た時に衝動に身を任せたアルバムができたと感じました。その衝動はどこからきたものなのかをリスナーのかたにも見えた方がいいと思い、こういった革命がテーマの曲になりました。
(w-shun)

02. RIOT
KNOCK OUT MONKEYの得意とする“衝動感”と“疾走感”を“暴動”というテーマに落とし込み、Revolution(革命)から繋がる、ライヴを感じられる曲。サビでは思わず“wow”“yeah”と叫びたくなること間違いなし。
(亜太)

03. If you fly
テーマはズバリ“スノーボード”。同テーマで過去に楽曲を制作したことがあり、メジャーというフィールドで改めて挑戦した曲。疾走感はもちろん、ゲレンデを滑り下りるようなサビのコード進行が特徴的である。是非この曲を聴きながらゲレンデに足を運んでほしい。
(亜太)

04. Take you
今のメンバーが揃うまではわりとこういったタイプの曲をよく書いていました。昔ただのリスナーだったころの自分が聴いたら喜ぶような曲にしたいと思い、その通りのできあがったと思っています。
(w-shun)

05. How long?
昨年夏の2枚のシングルのイメージをいい意味で裏切るべく制作された曲。印象的なベース・イントロから始まり、曲中のリズム形式をあえて展開させず、シンプルながらもバンドとしては新しい切り口で攻めた曲。リズム隊のグルーヴを是非体感していただきたい。さぁ召し上がれ。
(亜太)

06. Priority
夏の西海岸。タトゥーが少し入っていて悪そうだけどなんだか気前の良さそうな兄ちゃん達が浜辺でBBQをしていたら誰かがその辺に置いてあったアコースティック・ギターをノリで弾き始め、いつのまにかみんなで歌っていた。このイメージがリアルに湧いたのでスタジオでも楽しみながら作曲できました。R&Rなギター・ソロ後にムーディーなR&Bに変わる感じがお気に入りです。
(dEnkA)

07. Greed
実は5年前ぐらいに作ったリフを使って作り直した曲です。夏のシングルということで往年のサーフ・ミュージック的なフレーズを取り入れて奇想天外な展開で夏休みの楽しさを表現しました。冒頭のテケテケはもちろんTHE VENTURESをオマージュ、ギター・ソロは初期LED ZEPPELIN時代のJimmy Pageを意識しました。真実はいつもひとつ!
(dEnkA)

08. MOON
KNOCK OUT MONKEYでは珍しいミドル・チューン。ルーム・ミュージックや夜のドライブでゆったりしたいときにでも聴けるような曲をやりたいと思って作りました。UKロックのニオイも取り入れたりなどKOMとしては新しい要素がいっぱい入っています。曲最後のコードの音(アドナインス)が胸キュン過ぎて最高です。それだけでごはん丼ぶり3杯食べれますw
(dEnkA)

09. 街
KNOCK OUT MONKEY過去最遅の曲です。落とせるところまでテンポを落としてみたところ、新しい自分達のテイストになりました。地元があるありがたみを最近よく感じるので地元に対するリスペクトを綴った曲です。
(w-shun)

10. Our World
まさに衝動の塊!スタジオ時間残り1分半のときにできした。曲は2分ちょいありますが(笑)4人の意思がひとつになって創ったカタチを大事にし、アレンジもほぼそのときのままです。2分間でモッシュ、ダイブ、合唱が出来るのでLIVEでもおなじみの曲になること間違いなし!BPMはKNOCK OUT MONKEY史上最速!
(ナオミチ)

11. ?
バンド史上、歌詞もサウンドも最も激しい曲。最大限に振り切ってやりたい放題作ってみると超カオティック・メタルな曲に仕上ったので早くライブで披露して大暴れしたいです。エレクトリック・シタール・ギターやトーキング・モジュレーターを導入して細部にわたっていろいろとこだわりました。激しさの中に面白い音がいっぱい隠れているのでじっくりと聴いてみるのも面白いと思います。
(dEnkA)

12. Wonderful Life
2014年7月にリリースした2ndシングル。とにかく“夏”をテーマにドラムはレゲエ・ミュージックの打ち込みで多く使われているソカ・ビートを生ドラムで最大限に表現してみました。1サビで叩いている16ビートのハイハットとスネアのコンビネーションがきちんと出来るまでかなり苦労しました(笑)快晴の日や夏の海はもちろん。家族、仲間と出かける時の車内BGMにピッタリです!Let's enjoy☆
(ナオミチ)

13. Eyes
アルバムの最後を飾るに相応しい、高揚感を煽る楽器と歌のメロディから未来への光を感じさせる曲。日常の中、その目で見てきた現実からすぐに目を逸らすのではなく、その目で見ているからこそ可能性がある、そういった希望が詰め込まれた曲である。(※個人差があります。)
(亜太)


激ロック | ラウドロックポータルサイト
激ロック×HMV一覧へ

パンク/ハードコアTOPページ(PC)
パンク/ハードコアニュース一覧へ(PC・スマホ)
7件中 1-7件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 今月の激ロックレビュー

    濃厚なベガス・サウンドでありながらニュー・タイプ、そしてライヴ仕様。 3曲全てがキラー・チューン!

    Fear, and Loathing in Las Vegas

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,320
    会員価格 (税込)
    ¥1,214
    発売日
    2015年01月07日

    販売終了

    [GENRE : LOUDROCK, SCREEMO, ELECTROCORE]
    文句ナシの傑作と断言。アニメ“寄生獣 セイの格率”のオープニングに抜擢されたタイトル・トラックは日本語詞も絡めファン層を大きく拡大するキャッチーな楽曲。カップリングの「Sparkling Sky Laser」は頭っからアゲアゲでアッパーなEDMテイストの踊り尽くせるトラック。そして「Abyss」は意外にもオーソドックスなスクリーモをベースに4人のヴォーカルが変幻自在に交錯するトラック。2015年、ベガスにとって最高の滑り出しとなる作品の登場。
    村岡 俊介(DJムラオカ)【激ロック オーガナイザー】推薦

  • 大阪発のスカ・パンク5人組から元旦に届く、お年玉的なライヴDVD!

    HEY-SMITH

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,189
    発売日
    2015年01月01日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,456

    [GENRE : SKA PUNK]
    泉大津フェニックスにて、HEY-SMITH主催のイベント“HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2014”が4回目にして初の野外開催!もともとDVD化する予定はなかったようだが、ファンの熱い要望に応えてのリリースとなった! HEY-SMITHのパフォーマンスは地元開催のフェスらしい自由な空気感と、脂が乗りまくった熱情的な演奏をぎっしり収録。また過去のサーキット・ツアー、フェスの裏側やバンドに密着したドキュメンタリー映像もあり。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • ROTTENGRAFFTYが、15周年のアニヴァーサリー・イヤーを締めくくるライヴ映像作品をリリース!

    ROTTENGRAFFTY

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥5,390
    発売日
    2014年12月24日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥4,150

    [GENRE : LOUDROCK]
    最新アルバム『Walk』のリリース・ツアー、ファイナル渋谷AX公演収録のライヴ映像作品。ライヴの迫力をそのままとじ込めたような良質なサウンドと、細部まで鮮明な映像、そして新旧織り交ぜたベスト・アルバム的なセット・リストは、ライヴ前のテンションを上げるアイテムとしてもおすすめ。モッシュ・ピットにいると観ることができないパフォーマンスや機材の細部、メンバーひとりひとりの表情、ステージから見た光景など……複数の視点からライヴを数倍楽しむことができる。
    山本 真由【ライター】推薦

  • 相次ぐトラブルにも歩みを止めずに作り上げた、MERRY3年5ヶ月ぶりのフルアルバム!

    メリー

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,640
    会員価格 (税込)
    ¥2,429
    発売日
    2014年12月24日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,165

    [GENRE : JAPANESE ROCK]
    ガラ(Vo)復活の矢先にテツ(Ba)が怪我により戦線離脱、だが彼らは一切歩みを止めなかった。“NOnsenSeMARkeT”、欲しいものはどんなものだって揃うMERRYの闇市場。1度入ったら抜け出せない、中毒性の高いサウンド、世界観。食わず嫌いはやめて、この深夜の市場に出かけてみよう。ちなみにタイトルの大文字だけ読むと、“NO SMART”。我武者羅で“素”な今の彼らのすべてが詰まっている。シングル曲「群青」、「梟」、「ZERO -ゼロ-」も収録。
    TETU★KID【激ロックDJ】推薦

  • 元INHALEのショウイチ(Vo)率いるGhouls Attack!、前作から約4年ぶりの新作リリース!

    Ghouls Attack!

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,650
    会員価格 (税込)
    ¥1,518
    発売日
    2015年01月14日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,353

    [GENRE : METAL, HARDCORE, METALCORE]
    Versus The NightやINHALEで活動していたショウイチ(Vo)を中心にDEMIGOD、BLEEDING HEADなど地元・柏人脈で固められた強力なメンツが顔を並べるGhouls Attack!。ハードコア/パンクの衝動的なサウンドはそのままに、今作ではジャーマン・メタル、ヴァイキング・メタルの要素を咀嚼し脱メタルコアを果たした。BLIND GUARDIANに通じる壮大なドラマ性があり、メタル特有のクサメロとハードコアの荒ぶるシャウトが共存している点が最高だ。
    荒金 良介【ライター】推薦

  • V系とかラウド系とか、そんな括りを意識することすらバカバカしくなる、激ヤバな2ndフル・アルバム!

    NOCTURNAL BLOODLUST

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,300
    会員価格 (税込)
    ¥3,036
    発売日
    2014年12月17日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,706

    [GENRE : DEATHCORE, SHOCK ROCK]
    基底に流れるのは海外のオリジネーターたちを凌駕する完成度のデスコア・サウンド。これを先入観に捉われて聴かない自称デスメタラーは勿体ない。ヘヴィでテクニカルなリフに力強いブラスト・ビートからブレイクダウンに至るまで、ヘヴィネスの先端を突き詰めたようなサウンドに、スクリーム、グロウル、ガテラル、ホイッスル、ウィスパー、クリーン・ヴォイスを楽器のように使い分けるヴォーカル・ワークが重なった納得のデスコアが詰め込まれている。もう何系とかそういう考えは不要だ。
    米沢 彰【ライター】推薦

  • 1stアルバムから約1年、まさに全ロック・シーン対応型の2ndフル・アルバム『Mr. Foundation』完成!

    KNOCK OUT MONKEY

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,970
    会員価格 (税込)
    ¥2,732
    発売日
    2015年01月14日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,435

    [GENRE : LOUDROCK]
    2014年はメタルフェスであるKNOTFESTからCOUNTDOWN JAPANまで多ジャンルのイベントに挑戦してきたKOMが満を持して完成させたニューアルバム。前半は疾走感&熱量溢れるトラックにメタリックで攻撃的なラップコアなど戦闘モードの彼らが楽しめ、後半は一転バラエティに富んだ楽曲が収録されており、陽気でピースフルなトラックやJ-POP的なアプローチ、そしてまさかの切ないバラードまでが出揃っている。2015年もひた向きに攻めていくであろう彼らを予想できる1枚。
    村岡 俊介(DJムラオカ)【激ロック オーガナイザー】推薦

チェックした商品をまとめて