CANNIBAL CORPSE 新作 日本盤!



<="0" allowfullscreen>

<="0" allowfullscreen>

ご購入はこちら

CANNIBAL CORPSE 新作 日本盤リリース!


アメリカのデス・メタル・バンド、カンニバル・コープスの14thスタジオ・アルバム『レッド・ビフォー・ブラック』の日本盤が2018年4月18日に発売されることが決まった(輸入盤は発売済)。

カンニバル・コープスはアメリカのデス・メタル・バンド。というよりも、彼らはデス・メタルというジャンルそのもののような存在である。彼らの登場により、デス・メタルはさらに一段上のブルータリティを獲得したのだ。トータルで13枚のスタジオ・アルバムを発表している。そのいずれも「デス・メタル」としか形容しようのない、一切のブレのないスタイル。1枚の例外すらない。カンニバル・コープスは、30年にわたりデス・メタルというジャンルにプライドを持ち、シーンを牽引し続けているのだ。

そして今回、スタジオ・アルバムとしては14枚目となる『レッド・ビフォー・ブラック』が、ここ日本でも発売となる。内容については言うまでもない、デス・メタル、いつものカンニバル・コープスである。「スローでドゥーミーな要素の導入」という新構想もあったようだが、やはりどう聴いてもいつものカニバル・コープスだ。ヘヴィでタイトでブルータル。音楽から歌詞、アートワークに至るまで、一切の不純物のない血まみれのデス・メタル。カンニバル・コープスが、ファンの期待を裏切ることなどあるはずがない。彼らは骨の髄までデス・メタル・バンドなのだ。

興味深いのがカバー集であるボーナス・ディスク。メタリカ、アクセプト、クリエイターといった大御所から、ポゼッスト、サクリファイス、レイザーといった往年のスラッシュ・メタル・バンドの名曲たちが、さまざまな方法で料理されている。ポゼッストなどはヴォーカルも含めかなりオリジナルに忠実に再現されているのに対し、メタリカやアクセプトは、完全にカンニバル・コープス化させられているのが面白い。ジ・アキューズドが取り上げられているのも、実に興味深い。シアトル出身、その筋では有名なクロスオーバー・スラッシュ・バンドだが、カンニバル・コープスのイメージとはすぐには結び付かない人も多いだろう。だが、アレックス・ウェブスターによれば、非人間的デス・ヴォイスを完成させる以前のクリス・バーンズは、ジ・アキューズドのBlaine Cookのようなスタイルだったというのだから、ジ・アキューズドもカンニバル・コープスにとって、大事なルーツの1つなのである。

『レッド・ビフォー・ブラック』には、30年間迷うことなくデス・メタルの番人であり続けた彼らの誇りが詰まっている。彼らこそ、デス・メタル界のモーターヘッド、ラモーンズ。デス・メタルが聴きたければ、カンニバル・コープスを聴けば良いのである。

 


カンニバル・コープス『レッド・ビフォー・ブラック』
【CD収録予定曲】
01. オンリー・ワン・ウィル・ダイ
02. レッド・ビフォー・ブラック
03. コード・オブ・ザ・スラッシャーズ
04. シェディング・マイ・ヒューマン・スキン
05. リマインド
06. ファイアーストーム・ヴェンジェンス
07. ヘッズ・シャヴェルド・オフ
08. コーパス・デリクティ
09. スカヴェンジャー・コンスーミング・デス
10. イン・ザ・ミドスト・オブ・ルーイン
11. デストロイド・ウィズアウト・ア・トレース
12. ヒディアス・イコル

【ボーナスCD収録予定曲】
01. サクリファイス [サクリファイス カヴァー]
02. コンフェッションズ [ポゼスト カヴァー]
03. ノー・リモース [メタリカ カヴァー]
04. デーモンズ・ナイト [アクセプト カヴァー]
05. ベサニー・ホーム(ア・プレイス・トゥ・ダイ) [アキューズド カヴァー]
06. エンドレス・ペイン [クリエイター カヴァー]
07. ビハインド・バーズ [レイザー カヴァー]

※レーベルインフォメーションより
※収録曲・商品仕様等は変更になる場合がございます。



5件中 1-5件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて