キャノンボール・アダレイ1962年クインテット/セクステット音源2タイトル


ご購入はこちら

豪快&ファンキー!キャノンボール・アダレイ1962年クインテット/セクステットの好編集盤2タイトル

まさにオールスターメンツが揃い踏んだ、1962年のキャノンボール・アダレイ・セクステットのライヴ音源、その4CD集大成盤。 『The Cannonball Adderley Sextet in New York』、『Jazz Workshop Revisited』、『Cannonball in Europe!』といったRiverside音源全てに、ニューヨーク・バードランドにおけるライヴのラジオ音源や、LAでのTVショー音源など、今では入手困難な貴重音源ばかりを収録。1962年のキャノンボールに迫る好企画盤。ボーナストラックの3曲は、1960年のバードランド録音より。ザヴィヌルの代わりに、ビクター・フェルドマンのピアノを配した演奏が聴ける。

『Complete 1962 Live Performances』収録曲


CD1
IN NEW YORK & LOS ANGELES
01. Introduction By Cannonball
02. Gemini
03. Planet Earth
04. Dizzy's Business
05. Syn-Anthesia
06. Scotch And Water
07. Unit Seven [Cannon's Theme]
08. Theme & Announcement
09. Jessica's Birthday
10. Primitivo
11. The Jive Samba
12. Work Song
13. Closing Theme & Announcements

CD2
JAZZ WORKSHOP REVISITED
01. An Opening Comment By Cannonball
02. Primitivo
03. Jessica's Birthday
04. Marney
05. A Few Words・・・
06. Unit Seven
07. Another Few Words・・・
08. The Jive Samba
09. Lillie
10. Mellow Buno
11. Time To Go Now –Really!
12. New Delhi
13. Peter And The Goats
14. Never Say Yes

CD3
THE BIRDLAND BROADCASTS
01. P. Bouk
02. Gemini
03. Jessica's Birthday
04. Primitivo
05. Dizzy's Business
06. The Jive Samba

CD4
IN EUROPE
01. P. Bouk
02. A Few Words From Cannonball
03. Gemini
04. Work Song
05. More Words From Cannonball
06. Trouble In Mind
07. Dizzy's Business Into Unit Seven
08. Stay On It
09. Autumn Leaves
10. Dis Here

Cannonball Adderley (as)
Nat Adderley (Cornet)
Yusef Lateef (ts,fl.oboe)
Joe Zawinul (p)
Sam Jones (b)
Louis Hayes (ds)

CD1, M1-7: Live at the Village Vanguard, New York, January 12 & 14, 1962.
CD1, M8-13: “Jazz Scene USA” TV Show. Los Angeles, November 1962.
CD2: Live at the Jazz Workshop, San Francisco, September 21-23, 1962.
CD3: Live at Birdland, New York. March 10, November 24 & December 1, 1962.
CD4, M1-7: Live at the Antwerp Jazz Festival, Comblain-La-Tour, Belgium, August 5, 1962.

BONUS TRACKS (CD4, M8-10): Same personnel as above except Yusef Lateef omitted. Victor Feldman (p) replaces Zawinul.
Live at Birdland, New York, August 13, 1960.


一方こちらは、ジョー・ザヴィヌルを加えたクインテットの1961〜62年のスタジオ・セッション音源を完全収録。目玉は、ウルトラレアなベッシー・ワトソンとアダレイ・クインテットによるシングル曲「A Cottage For Sale 」、「'Deed I Do」の初CD化(オリジナルはRiverside)。
メインとなるのは、インストとヴォーカル・ナンバーから成る、『Nancy Wilson with the Cannonball Adderley Quintet』と、エディ”クリーンヘッド”ヴィンソン『Back Door Blues』の2枚。それぞれ、オリジナルLPには収録されてない追加音源も加えられている。さらに、評論家ラルフ J. グリーソンによる「Jazz Casual TV」シリーズのために録音された、インストチューン3曲(CD1:M13-15)も含まれている。

『Complete 1961-62 Studio Sessions』収録曲


CD1
01. One Man's Dream
02. Unit Seven
03. Never Say Yes
04. I Can't Get Started
05. Teaneck
06. Save Your Love For Me
07. Happy Talk
08. The Old Country
09. The Masquerade Is Over
10. Never Will I Marry
11. A Sleepin' Bee
12. Little Unhappy Boy
13. Scotch And Water
14. Arriving Soon
15. Unit Seven #2

CD2
01. Hold It!
02. Back Door Blues
03. Arriving Soon
04. Kidney Stew
05. Audrey
06. Vinsonology
07. Cannonizing
08. Bernice’s Bounce
09. Bright Lights, Big City
10. This Time
11. Person To Person
12. Just A Dream
13. Back Door Blues [Originally Issued Edited Version]
14. Kidney Stew [Alternative Take]
15. Vinsonology [Alternative Take]
16. A Cottage For Sale *
17. 'Deed I Do 2:09 *

Cannonball Adderley (as)
Nat Adderley (Cornet)
Joe Zawinul (p)
Sam Jones (b)
Louis Hayes (ds)

CD1, M1-5: New York, August 23-24, 1961.
CD1, M6-12: NANCY WILSON, vocals. New York, June 27-29, 1961.
CD1, M13-15: San Francisco, September 1961.
CD2, M1-15: EDDIE “CLEANHEAD” VINSON, vocals & alto sax.
Chicago, September 19, 1961; New York, February 14, 1962.
CD2, M16-17: BESSIE WATSON, vocals. New York, mid-1962.


2件中 1-2件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて