JAZZLINE 発掘ライヴ音源 Blu-ray Audio



ジャズ・ジャイアンツの発掘ライヴ音源リリースでおなじみのJAZZLINEから、Blu-ray Audio盤が登場!

 ケルンのWDR(西部ドイツ放送協会)に残されていたテープを発掘するJAZZLINEのシリーズが、このたびBlu-ray Audioで登場。
歴史的音源を高音質で是非どうぞ!


5件中 1-5件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • Blu-rayオーディオ 輸入盤

    1960 Duesseldorf

    John Coltrane

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,337
    会員価格 (税込)
    ¥2,904
    発売日
    2014年08月20日

    1960年3月から4月にかけて行われたJ.A.T.P. のヨーロッパ・ツアーに、コルトレーンはマイルス・デイヴィス・クインテットのメンバーとして参加しました。すでに退団/独立を決めていたこともあり、このツアーでのコルトレーンは、まるで自身のグループで将来やるべきことを練習しているかのような雰囲気を漂わせていましたが、3月28日のデュッセルドルフ公演にはマイルスが参加せず、コルトレーンはマイルス・バンドのリズム・セクションを率いて演奏を行いました。ここには、その模様と、一緒にJ.A.T.P. でツアーしていたスタン・ゲッツやオスカー・ピーターソンがゲストとして加わったとても珍しい録音も収められています。Blu-ray化でさらに艶と奥深さの増したコルトレーンのテナーが圧巻!

    JOHN COLTRANE (ts) / WYNTON KELLY (p) / PAUL CHAMBERS (b) / JIMMY COBB (ds)
    special guests:STAN GETZ (ts) / OSCAR PETERSON (p)
    1960 Duesseldorf

  • Blu-rayオーディオ 輸入盤

    Music For Two Pianos: 1988 Philharmonie Cologne

    Friedrich Gulda / Joe Zawinul

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,337
    会員価格 (税込)
    ¥2,881
    発売日
    2014年08月20日

    フリードリヒ・グルダとジョー・ザヴィヌルは、どちらもウィーン生まれ。グルダのほうが2年早く生まれていますが、同じウィーンの空気を吸って育ったふたりには共通するものも多く、この共演録音(Capriccio のCDがオリジナル)にもその相性の良さがはっきりと現れています。1988年の5月にケルンのフィルハーモニー・ホールで行われたこのコンサートは、ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」、グルダの「ニ台のピアノとバンドのための変奏曲」、ザヴィヌルの「ヴォルケイノ・フォー・ハイアー」と興味深いレパートリーが並んでおり、それらの題材に取り組んだふたりの息もぴったりの演奏が聴衆を釘づけにしています。ブラームスの変奏曲はたくみに2台のピアノ用に編曲されていて、原曲の味を保ちながらピアニストふたりの個性もちゃんと表に出ていますし、グルダの曲は、ジェリー・ファン・ローワイイェン指揮のWDR ビッグ・バンド・ケルンが大活躍するジャズ・ピアノ・コンチェルト。そして、ウェザー・リポート時代にザヴィヌルが書いた「ヴォルケイノ・フォー・ハイアー」は、ふたりの熱狂的なやりとりが圧巻です。

    Friedrich Gulda (p) / Joe Zawinul (p)

    ”Variations for two pianos and Band”:WDR Big Band Köln conducted by Jerry van Rooyen
    Andy Haderer (tp) / Rob Bruynen (tp) / Klaus Osterloh (tp) / Dave Horler (v-tb) / Henning Berg (tb) / Roy Deuvall (b-tb) / Christoph Brandt (hrn) / Hans Gelhar (tuba) / Heiner Wiberny (as,cl) / Olivier Peters (ts,cl) / Rolf Römer (ts,bcl) / Milan Lulic (g) / Rob Langereis (b) / Mel Lewis (ds)
    Music for two Pianos 1988 PHILHARMONIE, COLOGNE

  • Blu-rayオーディオ 輸入盤

    1960 Essen Grugahalle

    Dave Brubeck

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,337
    会員価格 (税込)
    ¥2,904
    発売日
    2014年08月20日

    1959年に『タイム・アウト』や『サザン・シーン』といった傑作を録音したデイヴ・ブルーベック・クァルテットがその翌年に敢行したヨーロッパ・ツアーから、エッセンでのステージを収めたアルバム。ベスト・メンバーのカルテットが勢いのある演奏を繰り広げています。ここで取り上げられているのは意外にも「トルコ風ブルー・ロンド」を除いて50年代半ばからのレパートリーばかりですが、この4人ならではの歯切れ良い演奏は各曲のオリジナル録音よりも生き生きとしており、他のCDでは聴くことのできない魅力が感じられます。録音状態の良さもBlu-ray化でますます際立つことになりました。

    Dave Brubeck (p) / Paul Desmond (as) / Gene Wright (b) / Joe Morello (ds)
    1960 Essen, Grugahalle

  • Blu-rayオーディオ 輸入盤

    1961 Cologne Gurzenich Concert Hall

    Oscar Peterson

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,337
    会員価格 (税込)
    ¥2,904
    発売日
    2014年08月20日

    The Trio(“黄金のトリオ”)と呼ばれたオスカー・ピーターソン〜レイ・ブラウン〜エド・シグペンのトリオが1961年にケルンで行ったコンサートの模様を収録したアルバム。この時点ではまだ正式な録音がなく、翌年の『ナイト・トレイン』に初めて収められることになる「バンド・コール」をはじめ、『ザ・ジャズ・ソウル・オブ・オスカー・ピーターソン』収録の「コン・アルマ」や「ライザ」、そしてトリオだけの録音がない「クバノ・チャント」など魅力的なレパートリーがずらりと並んでいます。凝ったテーマ・アレンジメントを息もぴったりにこなしていく演奏にこのトリオのバランスの良さが現れており、The Trio は決してオスカーのワン・マン・バンドではなかった、ということがよくわかります。

    Oscar Peterson (p) / Ray Brown (b) / Ed Thigpen (ds)
    1961 Cologne, Gürzenich Concert Hall

  • Modern Jazz Quartet

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,337
    会員価格 (税込)
    ¥2,904
    発売日
    2014年08月20日

    JazzlineからCDでリリースされた2枚のアルバムを1枚に収めた嬉しいBlu-ray Audio。ここで聴くことができるのは、1957年のケルン公演と、1959年のボン公演で、どちらも次々と傑作をものにしている期間にヨーロッパを訪れたときの録音だけに、グループとしての士気も頂点にあり、「私のベスはどこに」、「フォンテッサ」、「ザ・クイーンズ・ファンシー」などをライヴ演奏で聴く醍醐味をたっぷりと味わえます。1956年以降毎年のようにヨーロッパを訪れているM.J.Q.ですが、やはり50年代の演奏にはこの時期ならではの鋭い切れと覇気があり、特に57年のケルン公演は、同じツアーで録音されたドナウエッシンゲンでの演奏(MPS盤に収録)に劣らぬ名演が揃っています。

    THE MODERN JAZZ QUARTET:John Lewis (p) / Milt Jackson (vib) / Percy Heath (b) / Connie Kay (ds)
    1957 Cologne, Gürzenich Concert Hall & 1959 Bonn, Beethovenhalle

チェックした商品をまとめて