SSJ 復刻・発掘シリーズ



SSJ世界初登場ライヴ音源発掘シリーズにモンク、コーン&ズート、ピーターソン!

 優れたヴォーカル・アルバムを厳選して発掘する「SSJ(シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン)」のライヴ音源発掘シリーズ。
 ソニー・ロリンズ、デクスター・ゴードン、ハンク・モブレーの「カフェ・モンマルトル」ライヴ音源に続いて、今回、セロニアス・モンクのノルウェー・オスロ/コペンハーゲン公演、アル・コーン&ズート・シムズのスウェーデン・マルメ公演、オスカー・ピーターソンのロンドン公演、いずれも世界初登場となる貴重ライヴ音源が登場です。

注目の発掘ライヴ音源

世紀の大発見!コルトレーン最晩年の音源がオリジナル・マスターテープから作品化! 
1966年11月フィリーのテンプル大学で行なわれたコルトレーン・クインテットのコンサート音源が、Resonance/Impulse!より完全版にて正規音盤化! 日本公演とオラトゥンジ・センター公演の間に存在するパフォーマンスは本盤のみ。まさしく歴史的発掘音源です!購入者初回特典として、特製日本版ブックレットを付属!
盟友ハバード参加のシダー・ウォルトン1977年未発表ライヴ 
SFキーストン・コーナー未発表ライヴ・シリーズ。昨年8月来日公演を目前にこの世を去ったシダー・ウォルトン、1977〜78年の年末年始にかけて行なわれた未発表ライヴ音源登場。ジャズ・メッセンジャーズ時代の盟友フレディ・ハバードがゲスト参加し、「UGETSU」、「Impressions」などをモーダル&スピリチュアルに激奏!
ゲッツの貴重57、58年JATP公演をカップリング収録 
『Stan Getz & J.J. Johnson at the Opera House 』の録音翌日、ゲッツの1957年シカゴのオペラハウスで行なわれたJATP公演に、58年5月17日マンチェスターのフリー・トレイド・ホールにおける同じくJATP公演をカップリング収録したCDでは初登場となる貴重音源を収録。
最高にハッピーなジャズがここに在る。 
日本でも人気の高い正統派バップ・ピアニスト、バリー・ハリスの1995年新宿DUG公演盤が未発表音源6曲を追加して復刻!96kHzハイサンプリング・32bitデジタルリマスターにて及川公生氏の名録音を完全再現!

3件中 1-3件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • Thelonious Monk

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,592
    会員価格 (税込)
    ¥2,385
    発売日
    2014年08月20日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,125

    セロニアス・モンクは1966年春にチャーリー・ラウズのテナー、ラリー・ゲイルズのベース、ベン・ライリーのドラムスという当時のレギュラー・カルテットでヨーロッパ・ツアーを行い、4月にノルウェーとデンマークを訪れた。その際にTV収録された映像素材を使った世界初のCD化作品である。最初の3曲は夜に予定されていたオスロ大学の講堂でのコンサートにさきがけて観客を入れず午後に収録されたもの。続く3曲はコペンハーゲンのティヴォリ・ガーデンでのコンサートの翌日にデンマーク国営TVのスタジオで収録された、いずれも貴重な演奏。カルテットはこのあと5月に二度目の日本公演を行っている。
    DSDマスタリング、紙ジャケット仕様。

    セロニアス・モンク(p) / チャーリー・ラウズ(ts) / ラリー・ゲイルズ(b) / ベン・ライリー(ds)
    1966年録音

  • Al Cohn / Zoot Sims

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,592
    会員価格 (税込)
    ¥2,385
    発売日
    2014年08月20日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,125

    テナーのスタン・ゲッツ、バリトンのサージ・チャロフとともにウディ・ハーマン楽団のフロント・ラインの“フォア・ブラザース"を形成していたふたりのテナー奏者ズート・シムズとアル・コーンは音楽性が極めて近く、1956年の退団後も機会があればステージを共にしレコーディングを行い、“アル&ズート"として人気を集めた。

    本作はふたりが1974年晩秋に北欧を訪れた際に、スウェーデンの最南端に位置するこの国第三の都市マルメで行われたコンサートを収録している。コーンとズートは音楽的にもビリング上でも対等の立場にあったが、当時ズートがパブロと契約していたためコーン名義のアルバムになっている。スリー・リズムは、ホレス・パーランのピアノに、フーゴ・ラスムセンのベース、アレックス・リールのドラムスというデンマークの実力者。「メドレー」と「朝日のごとくさわやかに」でズートはソプラノを吹いている。因みに、このアルバムはふたりがストックホルムでソネット・レーベルに残した『モータリング・アロング』のちょうど一週間前の録音だが、重複しているのは「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のみ。
    世界初登場、DSDマスタリング、紙ジャケット仕様。

    アル・コーン(ts) / ズート・シムズ(ts) / ホレス・パーラン(p) / フーゴ・ラスムセン(b) / アレックス・リール(ds)
    1974年録音

  • Oscar Peterson

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,592
    会員価格 (税込)
    ¥2,385
    発売日
    2014年08月20日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,125

    オスカー・ピーターソンはレイ・ブラウン(b)、エド・シグペン(ds)との不動のトリオを解散したあとはかなり頻繁にメンバーを入れ替えた。このアルバムのメンバーはジョージ・ムラツ(b)とレイ・プライス(ds)で、この新トリオはブラウン&シグペン時代に劣らぬ高水準の演奏を披露したが、1971年にプライスがシアトルに帰郷しルイス・ヘイズに替わったため、残されたアルバムは1970年に独MPSレーベルで録音された『ウォーキング・ザ・ライン』と『アナザー・デイ』の二枚しかなかった。よって、この英BBCラジオへの公開収録音源はファンにとって驚きの発見でありドキュメントとしても極めて貴重な作品だ。しかもMPSの二枚とタブっている曲はまったくない。1971年3月、ロンドンで収録。
    世界初登場、DSDマスタリング、紙ジャケット仕様。

    オスカー・ピーターソン(p) / ジョージ・ムラツ(b) / レイ・プライス(ds)
    1971年3月録音

チェックした商品をまとめて