TBM (スリー・ブラインド・マイス) 復刻シリーズ


ご購入はこちら

伝説のジャズ・レーベル:スリー・ブラインド・マイス復刻、これが本当の最終回


1970年代、日本のジャズが熱かった頃、「スリー・ブラインド・マイス」というレーベルがあった。TBMの愛称で知られ「楽しいジャズ」「スイングするジャズ」「創造的なジャズ」「個性的なジャズ」を四本柱に、メインストリーム系のモダン・ジャズからビッグ・バンド、ヴォーカル、フリー・ジャズ、フュージョンまで、幅広いカテゴリーを網羅。今田勝、山本剛、鈴木勲、金井英人、中本マリなど、それまであまりレコーディングの機会に恵まれなかったライヴ・シーンの実力者たちを積極的に起用し、日本のジャズ界に新風を吹き込んだ。その功績は彼らの現在に至るまでの活躍ぶりを見れば明らかである。約150種の作品がリリースされているが、駄作の類はひとつもない。驚異的なレベルの高さがTBMの大きな特質にして魅力である。

これまでに一部CD化されたものもあるが、それらも現在はすべて廃盤状態。中古市場ではトンデモない価格で取引がなされているものもある。このたび、THINK! RECORDSが厳選したタイトルを復刻。世界のジャズ史にも残る貴重な音源を再び世に問います!!

足かけ3年。2013年にスタートしたTHINK!レコードの復刻企画もこれが本当の最終章。中本マリ、横内章次、水野修孝&宮間利之とニューハード、金井英人、市川秀男、今田勝、松本英彦など、有終の美を飾るに相応しい名盤10タイトルが紙ジャケ&Blu-spec CDで完全復刻!

9/21発売の10タイトル


■ 中本マリ『Little Girl Blue』
■ 横内章次『Greensleeves』
■ 水野修孝 & 宮間利之とニューハード『World Of Shuko Mizuno』
■ 古谷充 & 大塚善章『Solitude』
■ 金井英人『アランフェス協奏曲: Concierto De Aranjuez』
■ 市川秀男『明日への旅立ち: Tomorrow』
■ 太田邦夫『俺たちの青春: My Back Pages』
■ 今田勝『One For Duke』
■ 松本英彦『Samba De Sun』
■ アラン・プラスキン『Encounter』
10件中 1-10件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて