夢の共演!トニー・ベネットとダイアナ・クラールのデュエットアルバム『Love Is Here To Stay』 9/14全世界同時発売!

©Mark Seliger 

ご購入はこちら

ジャズヴォーカル界のキング&クイーン夢の共演!トニー・ベネットとダイアナ・クラールのデュエットアルバム『Love Is Here To Stay』登場


過去10年間のアルバムセールスが合計1,000万枚(2作品が全米チャート1位を獲得)を誇る現役最高峰の”キング・オブ・ジャズ・ヴォーカル”トニー・ベネットと、8作品が全米ジャズチャート1位に輝く”ジャズヴォーカルの女王”ことダイアナ・クラール。

正真正銘のジャズヴォーカル界のキング&クイーンによるデュエットアルバム『ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ』が9月14日に全世界同時発売されることが決定した。

トニーとダイアナは2000年にツアーを一緒にまわり、トニーの2枚のアルバム『ウィズ・マイ・フレンズ』(2001年)、『デュエッツ:アメリカン・クラシック』(2006年)にダイアナがゲスト参加しデュエットを披露するなど、20年以上にわたり友情を育んできましたが、今回満を持してフルアルバムを完成させた。

アルバムでは、20世紀アメリカが生んだ最高の作曲家ジョージ・ガーシュウィンの生誕120周年を祝し、グラミー常連のビル・チャーラップ・トリオをバックに、スタンダードナンバーとして現在も歌い継がれるジョージ&アイラのガーシュウィン兄弟作の名曲の数々を録音。

Love Is Here To Stay (Trailer)



発売元のヴァーヴレーベルグループの社長兼CEOであり、アルバムのエグゼクティヴプロデューサーを務めたダニー・ベネットは、次のようにコメントしている。

「トニー・ベネットとダイアナ・クラールがガーシュウィン兄弟の名曲を歌うということは、歌手とソングライティングの実に完璧で芸術的な組み合わせです。スペシャルなパフォーマーをスタジオに連れて行き、ガーシュウィンのソングブック集を彼らの前に置く。これは、それが必然的なものであると聴けばすぐに理解できる、そんな類の作品です」。

2018年の最重要ジャズヴォーカルアルバムとして話題となること必至の作品。国内盤は、通常盤CDに加えて、貴重なデュオパフォーマンス映像を数曲分収録したボーナスDVD付デラックスエディションも発売される。



NY Showcase photo by Gregg Greenwood 


Love Is Here To Stay


収録曲
01. スワンダフル
02. マイ・ワン・アンド・オンリー
03. バット・ノット・フォー・ミー (ダイアナ・クラール・ソロ)
04. 首尾よく行けば
05. ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
06. アイ・ガット・リズム
07. サムバディ・ラヴズ・ミー
08. ドゥ・イット・アゲイン
09. アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー
10. ファシネイティング・リズム
11. 誰にも奪えぬこの想い
12. フー・ケアズ? (トニー・ベネット・ソロ)
13. いつの頃から (ダイアナ・クラール・ソロ)(ボーナストラック)
14. ア・フォギー・デイ (トニー・ベネット・ソロ)(ボーナストラック)


85件中 1-85件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて