グレン・ヒューズ8年ぶり最新ソロ・アルバム


ご購入はこちら

“ヴォイス・オブ・ロック” グレン・ヒューズ8年ぶりの最新ソロは原点に立ち返った最高にヘヴィなロック・アルバム

“ヴォイス・オブ・ロック” グレン・ヒューズの最新ソロ・アルバム『Resonate』が10月28日に発売決定。初回限定盤はアルバム・メイキング・ドキュメンタリーやMV2曲を収録したDVDが付属し、初回限定盤のみボーナス・トラックとしてゲイリー・ムーアのカヴァー「ナッシングズ・ザ・セイム」を収録。

2016年はディープ・パープルのメンバー達にとって激動の1年だった。バンドが『ロックンロール・ホール・オブ・フェイム』殿堂入りしたのに加え、リッチー・ブラックモアがレインボー名義でライヴ復帰。デヴィッド・カヴァーデイル率いるホワイトスネイクが『ラウド・パーク16』にヘッドライナー出演するなど、彼らは今なおハード・ロック界において嵐を巻き起こし続ける。

グレンもブラック・カントリー・コミュニオンやカリフォルニア・ブリードでの活動やソロ・バンドでダグ・アルドリッチ(元ホワイトスネイク)との合体、またレインボー再結成にも招かれる(辞退)など、多彩な活動を経てきた。そんな彼が自らの原点である“歌声”を軸としたロック・アルバムが『レゾナンス』だ。

「グレン・ヒューズのすべてが詰まった作品。ロック・ファンのためのロック・アルバムで、最高にヘヴィ」とグレンが語る本作は、ソロとしては8年ぶりの新作。1曲目「ヘヴィ」から強靱なグルーヴを伴っており、「グルーヴィ、ファンキー、ソウルフル...あらゆる要素を取り入れながら、常にロックがあった」という音楽性をバックに、ありったけのパワーを込めたシャウトを響かせている。

グレン(ヴォーカル/ベース)を支えるソレン・アンダーセン(ギター)、ポンタス・エングボリ(ドラムス)、ラッキー・ドリー(キーボード)も単なるバックアップの域を超えて、熱いロックの塊となったプレイを披露する。彼らはグレンのツアー・バンドのメンバー達でもあり、ライヴでグレンの親友であるレッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスが「ヘヴィ」「ロング・タイム・ゴーン」で聴かせるドラムスもパワフル極まりない。さらにソウル・バラード「ホエン・アイ・フォール」での熱唱もグレンの歌ごころの真髄を見せつけるものだ。

初回限定盤ボーナストラックにはゲイリー・ムーアのカヴァー「ナッシングズ・ザ・セイム」を収録。今は亡き盟友に捧げるエモーショナルな歌声には、感涙を禁じ得ない。

65歳にして精力的なツアー活動を行い、ブラック・カントリー・コミュニオン再始動も予定されるなど多彩な活動を続けるグレンだが、そのヴォーカルは不変だ。半世紀にわたって最前線を進み続けてきた男のシャウトが、聴く者の心に響きわたる。

初回限定盤に同梱されるDVDにはアルバム・メイキング・ドキュメンタリーと「ヘヴィ」「レット・イット・シャイン」「ロング・タイム・ゴーン」ミュージック・ビデオを収録。

収録曲


CD
01. ヘヴィ
02. マイ・タウン
03. フロー
04. レット・イット・シャイン
05. ステディ
06. ゴッド・オブ・マネー
07. ハウ・ロング
08. ランドマインズ
09. ホエン・アイ・フォール
10. スタンブル・アンド・ゴー
11. ロング・タイム・ゴーン
12. ナッシングズ・ザ・セイム (初回盤限定ボーナストラック)
13. ホエン・アイ・フォール(アコースティック・リミックス)(日本盤限定ボーナストラック)

DVD(予定)
01. 「ヘヴィ」ミュージック・ビデオ
02. 「ロング・タイム・ゴーン」ミュージック・ビデオ
03. 『レゾネイト』アルバム・メイキング

【メンバー】
グレン・ヒューズ(vo,b)
ソレン・アンダーセン(g)
ポンタス・エングボリ(ds)
ラッキー・ドリー(key)

「Resonate」 Short EPK (Official)




9件中 1-9件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて