盟友ボウイ追悼曲も イアン・ハンター新作は最高のロックアルバムに


ご購入はこちら

イアン・ハンター 美しく、そして胸を打つ最高のロック・アルバム完成!亡き盟友デヴィッド・ボウイに捧げる曲「Dandy」を含む感動作!

“このアルバムを聴いた多くの人が気に入ってくれるだろう。
俺はこのアルバムの出来に非常に満足している” イアン・ハンター


2016年初頭にアメリカのニュージャージー州にあるHOBOスタジオにて、アンディ・ヨーク(20年近くジョン・クーガー・メレンキャンプと活動を共にした事で有名なアーティスト)とイアン・ハンターの共同プロデュースにより制作された本作には、イアンのオリジナル新曲が10曲(日本盤は12曲)収録されています。モット・ザ・フープルのヒットアルバム「全ての若き野郎ども」(1972年)をプロデュースしたデヴィッド・ボウイに捧げる「Dandy」をはじめとして、メンフィスにある伝説のスタジオ“サン・スタジオ”でのジャム・セッションからインスパイアされて作られた「Ghosts」など、大変印象的な素晴らしいナンバーばかりを収録した充実作です。

レコーディングにはコンサートツアーを共にしている“ラント・バンド”が全面的に参加しています。今年(2016年)はイアンにとって特別な年です。ニューヨーク、スウェーデン、イギリスでのコンサートツアーをはじめ、大ヴォリュームのボックスセットのリリースも控えています。2012年以来のオリジナルアルバムとなる本作は、この6月に77歳を迎えて、なおも前進を続けるイアンのまさに渾身の1枚と言えます。全曲イアン・ハンターのオリジナル曲。アレンジはアンディ・ヨークとイアン・ハンター。

■ 日本盤のみボーナストラック2曲収録
■ 歌詞・対訳・アルバム解説付き
■ アルバム解説:大鷹俊一/曲解説・歌詞対訳:武内邦愛

収録曲


01. That's When The Trouble Starts
02. Dandy
03. Ghosts
04. Fingers Crossed
05. White House
06. Bow Street Runners
07. Morpheus
08. Stranded In Reality
09. You Can't Live In The Past
10. Long Time
11. Seein' Red (日本盤のみのボーナストラック)
12. Have A Nice Day (日本盤のみのボーナストラック)


《楽曲解説》

01. Thatʼs When The Trouble Starts
“15分の名声の後には ― 気を付けな 途方もない雨が降ってくるぜ”のフレーズが印象的なアルバムのオープ ニングを飾るに相応しい素晴らしい曲です。

02. Dandy
デヴィッド・ボウイへのトリビュート作品。“この曲はアルバムの中でも一番好きな曲かも知れない。デヴィッドはあらゆる事に関して非常に貪欲に好奇心を持った途方もないアーティストだった。”(イアン・ハンター)

03. Ghosts
2014年メンフィスにある伝説のレコーディング・スタジオ、サン・スタジオでジャム・セッションを行った事に触発されて作られた曲です。

04. Fingers Crossed
男達が半ば強制的に海軍に入隊させられたという1750年代の史実に基づいて作られた曲です。“強力なオープニング・ ラインが出来上がった時には素晴らしい気分だったよ。”(イアン・ハンター)

05. White House
恋人との白い家での暮らしを歌い込んだ、史実に基づいた曲です。

06. Bow Street Runners
1700年代、ロンドンには警官は一人もいなかった。大変治安が悪かった当時、“バウ・ストリート・ランナーズ”という防犯組織が結成されたという史実に基づいて作られた曲です。

07. Morpheus
この曲のタイトル「モーフィアス」は人間の姿に化身し、人の夢を現実にする能力を持つ古代ギリシャの神の事です。

08. Stranded In Reality
イアン・ハンターの心の内面が歌い込まれた曲です。

09. You Canʼt Live In The Past
“あの日々は去った 前進するしかない過去に生きる事は出来ない”と歌い込まれています。

10. Long Time
“あれはもう 遠い遠い昔のこと あれからもう 長い時間が経った”と歌い込まれた歌詞が印象に残る、アルバム本編を締め括るに相応しい曲です。


8件中 1-8件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて