フリー名盤7枚組アナログLPボックス


ご購入はこちら

フリー ISLAND期名盤が7枚組アナログLPボックスで登場

フリーのアルバムをLP7枚組にて収録したボックスセットが登場。オリジナル・テープからアンディ・ピアースによる最新リマスタリングで、オリジナル・アートワークを再現。180g重量盤&ダウンロードカード付き。

収録アルバム


01. 『Tons Of Sobs』 (1968年作品)
02. 『Free』 (1969年作品)
03. 『Fire And Water』 (1970年作品)
04. 『Highway』 (1970年作品)
05. 『Free At Last』 (1972年作品)
06. 『Heartbreaker』 (1973年作品)
07. 『Free Live!』 (1971年作品)

収録アルバムについて


『Tons Of Sobs』
英国ハード・ロック/ブルース・ロックを代表するバンド、フリーの記念すべきデビュー・アルバム。
全員が10代という若さながら、英ブルース・シーンの中で培われたキャリアに裏打ちされたサウンドは、既に風格すら感じさせる。1968年発売。

『Free』
ブルース・ロックから脱却し、よりロック色の強いフリーならではのサウンドを確立したセカンド・アルバム。1969年発表。

『Fire And Water』
大ヒット曲「オール・ライト・ナウ」を収録し、全英2位を獲得したフリー初期の最高傑作。1970年発売。

『Highway』
前作『ファイアー・アンド・ウォーター』の大ヒットを受けて、わずか半年のインターバルの後にリリースされた4thアルバム。フリーならではの間合いを生かした鋭角なサウンドに、アーシーで粘っこい感覚が加わった充実作。1970年発売。

『Free At Last』
一度目の解散の後、それぞれのソロ・プロジェクトを経て再編されたフリーの“再結成”作にして、オリジナル・メンバーでの最終作。より幅を拡げた音楽性が先の可能性を感じさせるが、バンドはその後すぐに二度目の解散を迎えてしまう。1972年発売。

『Heartbreaker』
アンディ・フレイザー(b)が脱退し、山内テツ(b)、ラビット(key)を加えて制作されたフリーの第7作にしてラスト・アルバム。「ウィッシング・ウェル」他収録。1973年発売。

『Free Live!』
一度目の解散直前、1971年初頭の英国ツアーを捉えたフリー唯一のライヴ・アルバム。彼らのライヴ・バンドとしての実力が遺憾なく発揮された13曲に、スタジオ録音の新曲を2ヴァージョン収録。1971年発売。

9件中 1-9件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて