UKロックシーンの最重要アーティスト ジョニー・マーの通算3作目となるソロアルバムが完成


ご購入はこちら

このアルバムは僕にとっての”マジックリアリズム”なんだ― UKロックシーンの最重要アーティスト ジョニー・マーの通算3作目となるソロアルバムが完成


UKロック/ブリットポップムーヴメントに多大なる影響を与える超重要アーティスト、ジョニー・マー。伝説的ロックアクト、スミスのギタリストであり、ソロアーティストとしても高い評価を受け、数々のアーティストに影響を与え続ける彼が、前作『PLAYLAND』より約4年ぶりとなる通算3枚目の最新作『CALL THE COMET』を完成させた。

2013年に発表した初のソロアルバム『THE MESSENGER』は全英10位に、そして2014年のセカンドソロアルバム『PLAYLAND』は全英9位を記録、貫禄の存在感を見せつけてくれる彼が放つこの最新作『CALL THE COMET』は、マンチェスターにあるMarr's Crazy Face Studiosにてレコーディングされた作品。

UKロックを体現するかのように展開していく楽曲、そこで歌われる秀逸のメロディラインと、そのメロディにからみ合う流麗なギターリフ、そして楽曲そのものの要素をさらに増幅させるかのように様々なエフェクトを駆使して多彩な色合いを表現するギターサウンド・・・ジョニー・マーというアーティストの魅力は何といってもその尽きることのない創造性とそのアイデアを音で実体化させる才能の豊かさなのだが、その魅力はこの最新作にも最大限に封じ込められている。

すでに公開されている新曲「The Tracers」でも、ジョニー・マーらしさ全開のギターワークと憂いを帯びた疾走感のあるロックサウンドが展開されている。




他にも、きらびやかなギターリフで幕を開け、ジョニーの湿り気のある歌声でまさにスミスそのものとも言えるメロディを歌うアルバムのオープニングトラック「Rise」や、彼のライヴではすでに定番の曲となっている「Spiral Cities」、様々な音色を駆使しながら独自の世界観を紡いでいく「Actor Attractor」や、ピアノのイントロで静かに幕を開け、その後内にある情熱を静かにほとばしらせていく「Walk Into The Sea」など、多彩なロックサウンドを持つ楽曲を収録しており、その創造性の豊かさをまざまざと見せつけてくれる素晴らしいアルバムとなっている。

ジョニー・マーはこの最新作に関してこうコメントしている。
「コンセプトアルバムってわけじゃないけど、このアルバムにはある一つのテーマが存在している。宇宙からの別の知的存在が地球を訪れ、今の俺達をとりまく状況から救ってくれるっていうね。タイトル『CALL THE COMET』っていうのは、言ってみれば新たな道への意識的な申し立てみたいなものさ」。

「そんなに遠くはない未来を舞台としていて、別に存在する社会っていうものに関係している曲が入ってるよ。曲の中で歌われるキャラクターは、新しい理想/概念を追い求めてるんだけど、中にはとてもパーソナルな曲もある。このアルバムは、俺にとってのマジックリアリズムなのさ」。


Call The Comet (Official Album Trailer)


The Tracers (Official Music Video)



Call The Comet


収録曲
01. Rise
02. The Tracers
03. Hey Angel
04. Hi Hello
05. New Dominions
06. Day In Day Out
07. Walk Into The Sea
08. Bug
09. Actor Attractor
10. Spiral Cities
11. My Eternal
12. A Different Gun

27件中 1-27件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて