ア・パーフェクト・サークル、通算4作目のスタジオ・アルバム『EAT THE ELEPANT』

「A Perfect Circle - The Doomed [Official Video] 」



ご購入はこちら

ア・パーフェクト・サークル、約14年振りとなる新作スタジオ・アルバム


TOOLのメイナード・キーナンとギタリスト/作曲家のビリー・ハワーデルを中心に結成されたア・パーフェクト・サークル。その彼らが長い沈黙を破り再始動!約14年振りとなる新作スタジオ・アルバムを引っ提げてシーンに戻ってきた!!

待望の新作『EAT THE ELEPHANT』は、元スマッシング・パンプキンズのジェイムス・イハが2004年に加わった、現ラインアップによる初めてのアルバム。ア・パーフェクト・サークルとしては、2004年の『eMOTIVe』以来となる通算4作目のスタジオ作品である。12曲が収録された本作をバンドと共にプロデュースしたのは、スレイヤーやオアシスなどとの仕事で知られるデイヴ・サーディ。ミックスも彼が手掛けている。

アルバムの資料によると、ア・パーフェクト・サークルが長い沈黙に入っていた間、何と!中心メンバーの1人であるビリー・ハワーデルは所謂”コールドスリープ”に入っていたそう。アリゾナのウィッケンバーグにあるデイリークイーンで行われたビリーの“目覚めの儀式”に立ち会ったメイナードによれば、彼が眠っていた間に「プリンス、デヴィッド・ボウイ、そしてエイミー・ワインハウスが亡くなり、でも一方で「クリードやスリー・ドアーズ・ダウンといったバンドがまだ元気でやっていることを知ったら、彼が回復しないじゃないかって思った」という。「彼はTV番組“The Surreal Life”や”The Apprentice"も大好きだったんだけど、今何が起こっているのか(The Apprenticeに出演していたドナルド・トランプは、今やアメリカの大統領となっている)、とてもじゃないけど彼に伝える勇気はないね」

アルバム資料曰く約14年もの間、世間から切り離されていたらしいビリーだが、そんな彼でも本作『EAT THE ELEPHANT』は、ア・パーフェクト・サークルにとっての最高傑作になると語っている。「音楽専門誌や新聞の大物ロック評論家たちが、このアルバムを気に入ってくれるといいと思っている。SPINやBLENDERといった雑誌に取り上げてもらえることもグレイトだが、現実を見ようぜ――ティーンにとって、有力紙のおっさんたちのコメントほど影響力のあるものはないんだよ。それが実現すれば、CDがタワーやSam Goodyといった店で飛ぶように売れるんだ!」さらにビリーは、MySpaceでのプロモーションも重要だと語っている。彼の音楽メディアに対する認識はどうやら、14年前で止まっているままのようだが、メイナードはまだ、2018年の現在ではこれらの音楽媒体やCDショップは既になくなっているか、もしくは弱体化しているという事実をビリーに伝えることが出来ていないという。「段階を踏んで少しずつやらないと、彼がパンクしてしまうからね」

14年間というブランクを経て帰ってきたア・パーフェクト・サークル。しかし彼らは、決して現代的感覚を忘れている訳ではない。アルバム・タイトルの『EAT THE ELEPHANT』からも想像できるように(ちなみに共和党のシンボルは象である)、アルバム中には、論争の火種になりかねないような政治的見解が反映された曲もあるとメイナードも認めている。アルバムからは、ピアノの響きが美しい「Disillusions」、聴くものを静かなカタルシスへと誘う「Talk Talk」、そしてリード・トラックとなる、静かな導入部分から力強く畳み掛けてくる「The Doomed」の3曲が公開中。これまでの作品に比べ、繊細でメランコリックというか、ムーディなサウンドの本作だが、これには、メイナードが最近ローリング・ストーンとのインタビューで語った「耳を傾けるべきなのは、自分の内側の声だけだ」という心境が表れているのかも知れない。

社会的不平等、混乱、自己中心的考え、様々な問題や懸念が渦巻く現代社会――その中で今、ア・パーフェクト・サークルは何を語り、問いかけるのか。その答えはこの中にある。
(メーカー・インフォメーションより)




2件中 1-2件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて