ガヴァメント・ミュール、約4年ぶり10枚目のアルバム

U2

ご購入はこちら

ガヴァメント・ミュール、約4年ぶり10枚目のアルバム


デレク・トラックスと共に2000年代初頭のオールマン・ブラザーズを支えてきたギタリスト、ウォ−レン・ヘインズ率いるサザンロック・ジャズ・バンド、ガヴァメント・ミュールの約4年ぶり10枚目のアルバムがFantasyから登場。

「ウォーレン・へインズはスライド・ギターのマスターであるが、同時にソウルフルなシンガーで素晴らしいソングライター。」とRolling Stone誌も絶賛。

ルーツ・ミュージック、ロック、ブルース、ソウル、ジャズ、カントリーの要素をすべて含んだ本作、曲作りもよく練られている上、アメリカの大統領選から録音を開始したこともあり、現アメリカの時代を反映したタイムリーな詞、そしてカッコいいサウンド、全てがロック・ファンを裏切らない仕上がり。

バンドは今夏、本作を引っ提げて全米ツアー敢行の予定だが、ゲストにはGalacticを迎えるとのこと。

先行シングルはギター・リフがカッコいい “Stone Cold Rage” そしてソウルフルなグルーヴの “Sarah, Surrender”の2曲。

アルバムのジャケットのアート作品は Richard Borgeによるもので、兵士が壊れたおもちゃのラバに間違った方向に乗り、オレンジコーンを使って叫んでいるといったもの。「詩と同じように今のアメリカの状況を表している。このキャラクターは誰に向かって叫んでいるわけでもなく、後ろを向いている。人々に考えさせるでしょ。」とへインズ。

政治的メッセージばかりではもちろんなく、人生と愛について考えさせられるロード・ソング “Traveling Tune,” や “The Man I Want To Be” ゆっくりと燃え上がる “Easy Times.”なども収録。アルバムを通して,へインズのダイナミックなヴォーカルがこれまで以上に力強く、ロックンロールとソウル の間を彷徨う。6曲は長い間へインズをコラボレートしてきたGordie Johnsonが共同プロデュースで参加, また2曲"Dreams & Songs"“Pressure Under Fire.” はDon Wasが共同プロデュース。Jimmie Vaughan は“Burning Point.”で参加。 “Dark Was The Night, Cold Was The Ground” はBlind Willie Johnsonのオリジナル録音で知られるトラディショナル・ブルースだが、へインズが歌詞を加え、ゴスペル・ロック調にリワークを施した。今最も注目のアメリカン・ジャズ・バンドの一つだ。




3件中 1-3件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて