「MTVアンプラグド」も初CD化!ジョージ・マイケル『Listen Without Prejudice』25周年記念盤


ご購入はこちら

歴史に残る1996年の名演「MTVアンプラグド」ライヴが初CD化!ジョージ・マイケル『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス』の4枚組25周年記念デラックス・エディションが発売決定


彼の中にレノンがいる ― リアム・ギャラガー
揺ぎ無き最高傑作 ― エルトン・ジョン
神様がくれた世界への贈り物だ ― スティーヴィー・ワンダー


発売から四半世紀を経た現在も世界的なアーティストたちがこう評する、ジョージ・マイケル1990年の傑作アルバム『LISTEN WITHOUT PREJUDICE Vol.1/リッスン・ウィズアウト・プレジュディス Vol.1』が、このたび25周年記念盤としてソニー・ミュージックより、4枚組(3CD+DVD)デラックス・エディションと2枚組(2CD)スタンダード・エディションの2形態で近日リリースされることが明らかになった。

『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス25周年記念盤』デラックス・エディションは、2015年リマスターのオリジナル・アルバムに加え、DISC2ではジョージの歴史的な名演として知られる、1996年の【MTVアンプラグド】ライヴが最新リマスターで公式初CD化。更に当時のシングルのB-Sideやチャリティー作品への提供曲、ポール・マッカートニーとのデュエット曲などを含む数々のレア・トラックを収録したDISC3と、1990年当時に制作・放送されたジョージの貴重なドキュメンタリー【The Southbank Show】の他、ミュージック・ビデオやライヴ・パフォーマンス映像を収録したDISC4(DVD)で構成された濃密な内容になっている。

『リッスン・ウィズアウト・プレジュディスVol.1』はジョージの2作目のソロ・アルバムであり、アレンジ、プロデュース、曲作りの全てをジョージ本人が行なったこの作品は、彼が草分け的なアジェンダセッティング・アーティストであることを雄弁に物語っている。

「山のてっぺんまで登りつめたら、次はどこを目指せばいいのか ―。自分が前に出るのはもう十分だ。自分のやることがもし、音楽のみに焦点を当てたものだったらどうだろうか」。




1987年のソロ・デビュー作『FAITH/フェイス』の圧倒的な成功により、ジョージは、世界的規模で何百万枚ものセールスを記録できる数少ないアーティストの一人になった。これは、レーベルにとっては願ってもないシナリオだったが、ジョージには違う考えがあった。常に注目を浴び続ける“24時間ポップ・スター”になる事を望んでいなかったジョージは自分の作品をどう世に出すべきかということに関して、自身のアーティストとしての本能に従う必要があった。彼は『リッスン・ウィズアウト・プレジュディスVol.1』のアルバム・ジャケットに自分の姿を出さないと決め、大々的なアルバムのプロモーション活動も行なわなかった。厳選されたわずかな取材にのみ対応した代わりに、彼は地球上で最も有名な5人の顔をレーベルに提供した(デヴィッド・フィンチャーが監督を務め、スーパーモデルたちがジョージの歌声でリップシンク=口パクする“Freedom 90”のビデオは当時、非常に画期的で斬新なものだった)。これにより、ジョージとレーベルの間にはアルバムの宣伝のあり方において意見の相違が生じることとなった。

それでも『リッスン・ウィズアウト・プレジュディスVol.1』は世界中のチャ―トで首位を獲得し、マルチプラチナム・アルバムとなった。同作はイギリスでも1位を記録し、『FAITH/フェイス』を上回る4×プラチナを記録している。そして何よりも、先例のないことを成し遂げる世界的スーパースターが我が道を切り開いた作品となった。

アルバム発売直後、ジョージは最愛の恋人アンセルモ・フェレッポと出会う。アンセルモの悲劇的な早すぎる死への怒りと、アメリカのレーベルによるアルバムのマーケティングへの不満は、彼をソニーとの裁判に踏み切らせることになる。これにより彼は丸2年創作活動から遠ざかることになる。この間、それまでのレコード契約の常識に異義を唱え、全てのアーティストに代わって戦うことに全精力をつぎ込むことに意識的な決断を下す。ジョージは訴訟には負けることになるが、切望していた個人及びアーティストとしての自由をこの時遂に勝ち取った。

それから四半世紀が経ち、ジョージとソニーが和解して久しい。『リッスン・ウィズアウト・プレジュディスVol.1』は今でも並外れた、時代を超えた作品である。現在でも見事に真実を突いているプロテスト・ソングの「Praying For Time」と「Mother's Pride」から、自伝的な“Freedom 90”、そして親密な“Cowboys & Angels”まで、これはジョージ・マイケルが心から自分と固く結ばれていると感じた音楽である。

歴史的な名演との呼び声高いジョージの見事な【MTVアンプラグド】ライヴもまた、今回のアニバーサリーを機に遂に公式に初CD化となる。この貴重なライヴは、1996年10月11日にイースト・ロンドンのスリー・ミルズ・アイランド・スタジオで行なわれたもので、ジョージはワム!、『FAITH/フェイス』、『リッスン・ウィズアウト・プレジュディスVol.1』から自身の最高傑作10曲を特別な空間で披露している。

BAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー賞)ノミネート経験のあるフィリップ・スミス監督による最新ドキュメンタリー『Freedom: George Michael』は、『リッスン・ウィズアウト・プレジュディスVol.1』が出来るまでの秘話とその後の裁判沙汰、そしてアンセルモを失ったジョージの苦悩と悲哀を伝える、心打つ、ドラマチックな物語である。 これまで多くの人が試みては失敗したが、ジョージは“Freedom 90”に出演した5人のスーパーモデルを再び集める事に成功する。他の出演者には、世界的アーティストのスティーヴィー・ワンダー(彼の曲「They Won't Go When I Go」は『リッスン・ウィズアウト・プレジュディスVol.1』唯一のカヴァー曲だった)、このアルバムをジョージの“揺ぎ無き最高傑作”と評するエルトン・ジョン、“彼の中にレノンがいる”と彼らしい言葉でジョージを称えるリアム・ギャラガー、ジョージが「全てのアーティストのために常識を破ってくれた」ことを我々に思い出させてくれるメアリー・J・ブライジ、トニー・ベネット、マーク・ロンソン、トレイシー・エミン、ジャン・ポール・ゴルティエ、リッキー・ジャーヴェイス、フランス版「ヴォーグ」編集長のエマニュエル・アルト、そしてジェームズ・コーデンらが名を連ねる。また、当時自社の大物アーティスイトと裁判で顔を合わせなければならなかったレコード会社の役員や、この事案の弁護士らも出演しており、そうした側面からも非常に興味深い内容になっている。


【日本盤のみの追加仕様】
■ 高品質ブルースペックCD2仕様(DISC1〜3)
■ 日本語字幕付き(DISC4ドキュメンタリー)
■ 日本語ブックレット/歌詞・対訳・解説/英文ブックレット翻訳

3CD+DVDデラックス・エディション収録内容


CD1
オリジナル・アルバム:2015年デジタル・リマスター [日本盤のみBlu-SpecCD2仕様]

01. プレイング・フォー・タイム
02. フリーダム!‘90
03. ゼイ・ウォント・ゴー・ウェン・アイ・ゴー
04. サムシング・トゥ・セイヴ
05. カウボーイズ・アンド・エンジェルズ
06. ウェイティング・フォー・ザット・デイ
07. マザーズ・プライド
08. ヒール・ザ・ペイン
09. ソウル・フリー
10. ウェイティング(リプライズ)

CD2
MTVアンプラグド(公式初CD化):2015年デジタル・リマスター [日本盤のみBlu-SpecCD2仕様]

01. フリーダム!′90
02. ファストラヴ
03. アイ・キャント・メイク・ユー・ラヴ・ミー
04. ファザー・フィギュア
05. ユー・ハヴ・ビーン・ラヴド
06. 恋のかけひき
07. ザ・ストレンジスト・シング
08. オールダー
09. スター・ピープル
10. プレイング・フォー・タイム
11. 僕の瞳に小さな太陽(withエルトン・ジョン)Wembley Arena, London, 23 March 199

CD3
レア・トラックス:2015年デジタル・リマスター [日本盤のみBlu-SpecCD2仕様]

01. ソウル・フリー (Special Radio Edit)
02. フリーダム!′90 (Back To Reality Mix) ※「Freedom! ‘90」 12inch Single B-side
03. フリーダム!′90 (Back To Reality Mix Edit)
04. ファンタジー ※「Freedom! 90」 CD Single B-side
05. フリーダム!′90 (Edit)
06. カウボーイズ&エンジェルズ (Edit)
07. イフ・ユー・ワー・マイ・ウーマン ※「Praying For Time」 CD Single B-side
08. トゥー・ファンキー (single edit) ※from the album 『Red Hot + Dance』
09. クレイジー・マン・ダンス ※「Too Funky」 CD Single B-side
10. ドゥ・ユー・リアリー・ウォント・トゥ・ノウ ※from the album 『Red Hot + Dance』
11. ハッピー ※from the album 『Red Hot + Dance』
12. トゥー・ファンキー (Extended)
13. トゥー・ジャジー (Happy Mix) ※「Too Funky」CD Single B-side
14. ファンタジー ‘98 ※「Outside」 CD Single B-Side
15. ヒール・ザ・ペイン (with ポール・マッカートニー) ※from the album 『Twenty Five』
16. デサフィナード (with アストラッド・ジルベルト) ※from the album 『Ladies & Gentlemen:The Best Of George Michael』

DVD
約70分

01.『The Southbank Show 1990』ドキュメンタリー (51:16) /日本語字幕付き(日本盤のみ)
02.「Freedom 90」 ミュージック・ビデオ (6:40)
03.「Praying For Time」ミュージック・ビデオ (4:45)
04.「Freedom90」 MTV 10th Anniversaryライヴ (5:41)


20件中 1-20件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて