『ギュンター・ヴァント 不滅の名盤』2タイトル

【ALTUSより新シリーズ「ギュンター・ヴァント 不滅の名盤」堂々始動!】
第1回発売はベルリン・ドイツ響との名演2タイトル!
1タイトルずつ丁寧に最新リマスタリングを施しSACD ハイブリッド化。
今こそ改めて世に問いたい、空前の完成度を誇るライヴの数々!!
「1980年代から90年代初頭にかけて客演したベルリン・ドイツ交響楽団とのライヴ録音には、ヴァントの解釈がとりわけ鮮烈に現れているといっていいだろう。ヴァントの演奏解釈の本質は、一つひとつのパーツが全体を構成するための入念な設計にある。テンポは速めで、決して流れを停滞させることなく、圧倒的な構成美を作り出す。ベトついた感情表現などは無縁で、透き通るようなクリアさ、辛口の味わいが魅力だ。こういった方向性に、ベルリン・ドイツ交響楽団はじつにフレキシブルに、過剰なまでの反応の良さで応えている。異様なまでに密集度の高いサウンドだが、同時に適切なバランスで組み立てられている。そこで生み出されるのは、驚異的といっていい立体感だ。」〜音楽評論家 鈴木淳史〜(販売元情報)
2件中 1-2件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • ヴァントの最重要レパートリー、シューベルトとブルックナー、2人の未完成交響曲!
    評価:4.5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (5)

    「Profil」レーベルのヴァントの名盤がSACDハイブリッド化! 「Altus」レーベルがライセンスし、このハイブリッド盤のための最新リマスタリングを施して製品化しました。シューベルトとブルックナー、ふたつの未完成交響曲を1日で演奏した93年のライヴをそのまま収録。両曲共にヴァントの得意とした作品で大変な聴きごたえです。恐ろしい低音が聴き手を一気に音楽へ引きずり込む『未完成』は2楽章の楽器バランスの美しさもヴァントの独壇場。そして泣く子も黙るヴァントのブル9! 完璧に整っていながらも熾烈・強烈な音響で、圧倒的な完成度でもって至高の音の大伽藍を築き上げています。(販売元情報)

    【収録情報】
    Disc1

    ● シューベルト:交響曲第7(8)番ロ短調 D.759『未完成』

    Disc2
    ● ブルックナー:交響曲第9番ニ短調 WAB.109(原典版)

     ベルリン・ドイツ交響楽団
     ギュンター・ヴァント(指揮)

     録音時期:1993年3月20日
     録音場所:ベルリン、コンツェルトハウス
     録音方式:ステレオ(ライヴ)
     SACD Hybrid

     国内プレス
     日本語帯・解説付

  • 怒涛の名演に唸らされる圧巻『グレート』とチャイ5
    そして得意の1945年版に心の底から痺れる『火の鳥』!

    「Profil」レーベルのヴァントの名盤がSACDハイブリッド化! 「Altus」レーベルがライセンスし、このハイブリッド盤のための最新リマスタリングを施して製品化しました。
     緻密にして長さを全く感じさせない『グレート』は終楽章の開放感が抜群。『火の鳥』は一般的な1919年版ではなく1945年版を使っているのがヴァントならでは。凝った管弦楽法を明瞭に解きほぐした演奏で、終曲のブツ切れ旋律の強烈さには戦慄が走ります。力強さ、美しさ、歌と構築が見事に結晶化したチャイ5もたまりません!(販売元情報)

    【収録情報】
    Disc1

    ● シューベルト:交響曲第8(9)番ハ長調 D.944『グレート』

    Disc2
    ● ストラヴィンスキー:組曲『火の鳥』(1945年版)
    ● チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 Op.64

     ベルリン・ドイツ交響楽団
     ギュンター・ヴァント(指揮)

     録音時期:1993年6月14日(Disc1)、1987年4月5,6日(Disc2)
     録音場所:ベルリン、コンツェルトハウス
     録音方式:ステレオ(ライヴ)
     SACD Hybrid

     国内プレス
     日本語帯・解説付

チェックした商品をまとめて