【映像】マルク・アルブレヒト&オランダ・フィル/ベルク:『ヴォツェック』


ご購入はこちら

ベルク:『ヴォツェック』/オランダ国立歌劇場 2017
マルク・アルブレヒト指揮、クシシュトフ・ヴァリコフスキ演出


1820年頃のドイツの小さな町。ここに住む小心者の兵士ヴォツェックが、彼の内縁の妻マリーと鼓手長の不義を知り、口論の末に彼女を刺し、自身も沼にはまり溺れ死ぬという実際に起きた事件を元にした悲惨な物語。ドイツの劇作家ビュヒナーによる戯曲を観たベルクは、この物語を歌劇にすることを思い立ちます。
 完成された作品はそれまでの後期ロマン派の歌劇とは全く違い、厳密に構成された台本と、無調を取り入れた各場の音楽が絡み合った斬新で革新的な出来栄えを見せ、現代では「20世紀に作曲された歌劇」の中の最高傑作のひとつとみなされています。
 この演奏は、人物の性格描写と猟奇性を全面に押し出すために、装置や衣装は極力シンプルに抑えられており、全ての成り行きは歌手たちの歌とオーケストラが奏でる精緻で強烈な音楽に委ねられています。主役ヴォツェックを歌うのはイギリスのバリトン歌手クリストファー・マルトマン。コヴェント・ガーデン王立歌劇場を始め、バイエルン国立歌劇場、ベルリン国立歌劇場など世界中の舞台で活躍するとともに、ドイツ・リートでの巧みな歌唱で知られており、このヴォツェックでも繊細な男が狂気に至るまでを克明に歌い上げています。マリー役は強靭な声の持ち主として知られるオランダ出身のソプラノ、ウェストブロークが務めており、揺れ動く女性の心理を見事に演じました。医者や鼓手長など他の役もそれぞれ個性豊かな歌手たちが担当、全体をマルク・アルブレヒトがドラマティックにまとめ上げています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベルク:歌劇『ヴォツェック』 (1914-1922) 全曲


 ヴォツェック…クリストファー・マルトマン(バリトン)
 マリー…エヴァ=マリア・ウェストブローク(ソプラノ)
 鼓手長…フランク・ファン・アーケン(テノール)
 大尉/狂人…マルセル・ビークマン(テノール)
 医者…サー・ウィラード・ホワイト(バス・バリトン)
 アンドレス…ジェイソン・ブリッジス(テノール)
 マルグレート…ウルズラ・ヘッセ・フォン・デン・シュタイネン(メゾ・ソプラノ)
 兵士…リチャード・プラダ(テノール)
 オランダ国立歌劇場合唱団
 新アムステルダム児童合唱団
 オランダ・フィルハーモニー管弦楽団
 マルク・アルブレヒト(指揮)

 演出:クシシュトフ・ヴァリコフスキ
 装置&衣装:マウゴジャータ・シュチェシュニアク
 照明:フェリーチェ・ロス
 ヴィデオ・デザイナー:デニス・グェガン
 振付:クロード・バルドゥーユ
 物語進行:クリスティアン・ロンシャン

 録音時期:2017年3月23日、4月6日
 録音場所:オランダ国立歌劇場(ライヴ)
 映像監督:フランソワ・ルシヨン

 収録時間:107分
 画面:カラー、16:9
 字幕:日本語・ドイツ語・英語・フランス語・韓国語
2件中 1-2件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて