【映像】ドゥダメル&ベルリン国立歌劇場/モーツァルト:『フィガロの結婚』


ご購入はこちら


ドゥダメル×ベルリン国立歌劇場
ユルゲン・フリム演出のモーツァルト『フィガロの結婚』
ダルカンジェロ、レシュマン、プロハスカ、クレバッサ
当代きってのモーツァルト歌手が勢ぞろい


2018年3月までベルリン国立歌劇場のインテンダントを務めたユルゲン・フリム演出のモーツァルト『フィガロの結婚』。上演は2015年11月シラー劇場で行われました。ベルリン国立歌劇場は2010年から老朽化のための修復工事に入り、およそ7年かけて2017年9月に完成。この上演は修復中に使用していたお隣のシラー劇場での公演を収録したものです。ユルゲン・フリムが『フィガロの結婚』を手掛けるのは3度目。フリム自身これまでで最高の出来だという自信作です。
 指揮は、現在の音楽総監督であるダニエル・バレンボイムも認める次世代の巨匠グスターボ・ドゥダメル。また歌手陣は、当代きっての名モーツァルト歌手が勢ぞろい。アルマヴィーヴァ伯爵には、現在世界で最も人気のあるバス・バリトン歌手イルデブランド・ダルカンジェロ。2016年のウィーン国立歌劇場来日公演でも聴かせた艶やかで力強い歌声で圧倒的な存在感をみせます。そして伯爵夫人には今やモーツァルトを歌わせたら右に出るものはいないとも言われるドイツの名ソプラノ、ドロテア・レシュマン。スザンナは情感豊かな美声をもつアンナ・プロハスカ。フィガロにはエストニア出身のバス・バリトン、ラウリ・ヴァシャール。ケルビーノには、ズボン役として世界の劇場にひっぱりだこのフランスの名花マリアンヌ・クレバッサ。
 洗練された舞台演出に、最高の布陣で送るモーツァルト『フィガロの結婚』の登場です。(輸入元情報)


【収録情報】
● モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』全曲


 イルデブランド・ダルカンジェロ(アルマヴィーヴァ伯爵)
 ドロテア・レシュマン(伯爵夫人)
 アンナ・プロハスカ(スザンナ)
 ラウリ・ヴァシャール(フィガロ)
 マリアンヌ・クレバッサ(ケルビーノ)、他
 ベルリン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 グスターボ・ドゥダメル(指揮)

 演出:ユルゲン・フリム&ベッティーナ・ハルトマン
 舞台:マグダレーナ・グート
 衣装:ウルスナ・クドルナ
 照明:オラフ・フリーゼ
 ドラマトゥルク:デトレフ・ギーゼ

 収録時期:2015年11月
 収録場所:ベルリン、シラー劇場(ライヴ)

 収録時間:187分45秒
 画像:カラー、16:9
 言語:イタリア語
 字幕:独英仏韓日

4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて