「veritas×2」新譜

3件中 1-3件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • 深い信仰心、マリアに対する感情の表出あふれるD.スカルラッティの『スターバト・マーテル』。
    ガーディナーの統制のとれた指揮、モンテヴェルディ合唱団の見事な歌唱が感動を呼んだ名盤

    スカルラッティ、カヴァッリ、ジェズアルド、クレマンのこれらの作品は、聖母に敬意を表して、西洋のポリフォニーの豊かさを反映し、聖母マリアの悲しみを反映した詩によって構成されています。ここに記録された作品は、間違いなくローマ・カトリックのアイデンティティが共有されたものです。作曲者はそれぞれ独自の作曲方法で、当時の絶えず新しくなっていく合唱作品の目撃者であり冒険者でした。美しさと感情の源であり、精神的で忠実なる聖母への典礼のアイデアを示しています。
     エクス・アン・プロヴァンスで生まれの作曲家カンプラは「フランス音楽の繊細さとイタリア音楽の活気を可能な限り混ぜようと試みた」と書いています。この目標は、彼の音楽の目指すものと見なすことができます。宗教的または世俗的かどうか。カンプラのレクィエムはおそらく17世紀の最後の10年に書かれたものであり、その神秘的な力は素晴らしく、フランスとイタリアのスタイルの最も美しく成功した組み合わせの1つとされています。ガーディナーの統制のとれた指揮、モンテヴェルディ合唱団の見事な歌唱が感動を呼ぶ名盤です。
     歌詞・対訳は付属しません。(輸入元情報)

    【収録情報】
    1. D.スカルラッティ:スターバト・マーテル
    2. カヴァッリ:サルヴェ・レジナ
    3. ジェズアルド:モテット『いとやさしきマリアよ』
    4. クレマン(クレメンス=ノン=パパ):モテット『おおマリア、春のばらよ』
    5. カンプラ:死者のためのミサ曲(レクィエム)



     モンテヴェルディ合唱団
     イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
     ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)

     録音:1984年2月(1-4)、1979年9月(5)/ステレオ

  • ヴィラゾン、ディドナート他の圧倒的なキャストによるヴィヴァルディ

    『テルモドンテのエルコレ』はヴィヴァルディ45歳、1723年に初演されたオペラ。初演を彼の本拠地ヴェネト地方ではなくローマで上演する賭けにでた作品で、当時ローマでのオペラ・スタイルに革命的なインパクトと成功をもたらしたとされます。テルモドンテは神話のテルモドン川、現在のトルコ北部テルメ川のことで、オペラは、アマゾンの女王イッポリータからベルトを奪うミッションをおびたヘラクレスの物語。現在では7曲のアリアの楽譜しか残されていませんが、ビオンディは初演のためのリブレットやヨーロッパ各地のライブラリーにあるヴィヴァルディ作品を参照してこの作品を再構成し、2007年(ヴェネツィア)、2009年(パリ)で上演。さらに、ヴィラゾン、ジュノー、ダムラウ、チョーフィ、ジャルスキーなどの超豪華キャストを起用し、本録音を完成させました。
     歌詞・対訳は付属しません。(輸入元情報)

    【収録情報】
    ● ヴィヴァルディ:歌劇『テルモドンテのエルコレ』 RV.710 全曲


     ロランド・ヴィラゾン(テノール:エルコレ)
     ヴィヴィカ・ジュノー(メゾ・ソプラノ:アンティオペ)
     ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ:イッポリータ)
     パトリツィア・チョーフィ(ソプラノ:オリジア)
     ディアナ・ダムラウ(ソプラノ:マルテージャ)
     ロミーナ・バッソ(メゾ・ソプラノ:テセオ)
     フィリップ・ジャルスキー(カウンターテナー:アルチェステ)
     トピ・レティプー(テノール:テラモーネ)
     エウローパ・ガランテ
     ファビオ・ビオンディ(指揮、ヴァイオリン)

     録音時期:2008年7月24-31日、2009年1月2-6日、2010年6月6-7日、
     録音場所:フィレンツェ、ペルゴラ劇場
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

  • 古楽歌唱における先駆者、ナイジェル・ロジャースによる名歌唱

    ジョン・ダウランドは、イングランドで最も偉大な作曲家の一人。彼は生涯、傑出したリュート奏者として認められ、また彼の歌曲は常に人気がありました。ソングライターとしてのダウランドの際立った特徴は、詩にふさわしい音楽的雰囲気を作り出す彼の不思議な能力であったことでしょう。1610年、当時のマイナーな作曲家であったジョン・ダウランドの息子、ロバート・ダウランド[1591-1641]は、「A Musicall Banquet(音楽の饗宴)」というタイトルの様々な作曲家による作品のコレクションを組み立て、自分の名前を付けて編纂出版しました。このコレクションは、フランス、イタリア、英語とはば広く選曲されています。こういったアプローチを採用した最初のリュート歌曲集であり、1600年頃のヨーロッパでの音楽を、宮廷から庶民にまで提示したものでした。
     古楽歌唱の大御所テノール歌手ナイジェル・ロジャース[1935-]は、幼い頃からボーイ・ソプラノで歌い始め、ケンブリッジ大学のキングス・カレッジに合唱奨学生として学びました。卒業後、彼は最初に留学。ミュンヘンで日本でも人気の高かった著名なバリトン歌手ゲルハルト・ヒュッシュに師事。1960年代初頭、彼はイングランドに戻る前に世界中をツアーし、そこでバロック音楽に大きな関心を持ち始めました。トマス・ビンクリー率いるミュンヘン古楽スタジオのメンバーとなり、古楽演奏の声楽における先駆者の一人となりました。ユルゲン・ユルゲンス指揮のモンテヴェルディのオペラ『オルフェオ』でのタイトル・ロールのほかに、アーノンクールが1970年に録音した『マタイ受難曲』のテノールのアリアを担当するなど、中世からバロックまでの作品の歌唱法と自然な発声法によって、音楽の解釈を変えた歌手です。ここにセットに収録された2枚のアルバムは、ナイジェル・ロジャースと、ジョルディ・サヴァール、ポール・オデット、アントニー・ベイルズによる、リュートやヴィオール伴奏の美しく哀愁にみちたメロディの宝庫が収録されています。
     歌詞・対訳は付属しません。(輸入元情報)

    【収録情報】
    Disc1 ジョン・ダウランド:リュート歌曲集

    1. Come away, come sweet love
    2. Come heavy sleep
    3. Wilt thou unkind thus reave me
    4. If my complaints could passions move
    5. My thoughts are wing’d with hopes
    6. Awake sweet love
    7. Sorrow, stay
    8. Fine knacks for ladies
    9. Flow my tears
    10. Shall I sue
    11. I saw my lady weep
    12. When Phoebus first did Daphne love
    13. Say, love, if ever thou didst find
    14. Fie on this feigning
    15. Weep you no more sad fountains
    16. Love those beams
    17. Sweet, stay awhile
    18. To ask for all thy love
    19. Were every thought an eye
    20. Shall I strive with words to move

    Disc2 ロバート・ダウランド編纂によるルネサンス歌曲名曲集(1610年出版)より
    1. ジョン・ダウランド:Sir Robert Sidney His Galliard
    2. アントニー・ホルボーン:My heavie sprite, oppress’d
    3. リチャード・マーティン:Change thy mind since she doth change
    4. ロバート・ヘイルズ:O eyes, leave off your weeping
    5. 作者不詳:Go, my flock, go get you hence
    6. 作者不詳:O dear life, when shall it be?
    7. ダニエル・バチェラー:To plead my faith
    8. ギョーム・テシエ:In a grove most rich of shade
    9. ジョン・ダウランド:Far from triumphing court
    10. ジョン・ダウランド:Lady, if you so spite me
    11. ジョン・ダウランド:In darkness let me dwell
    12. ピエール・ゲドロン:Si le parler et le silence
    13. ピエール・ゲドロン:Ce penser qui sans fin tirannise ma vie
    14. ピエール・ゲドロン:Vous que le bonheur rappelled
    15. 作者不詳:Passava Amor su arco desarmado
    16. 作者不詳:Sta notte mi sognava
    17. 作者不詳:Vuestros ojos tienen d’Amor
    18. ドメニコ・マリア・メッリ:Se di farmi morire
    19. ジュリオ・カッチーニ:Dovro dunque morire?
    20. ジュリオ・カッチーニ:Amarilli mia bella
    21. 作者不詳:O bella

     ナイジェル・ロジャース(テノール)
     ポール・オデット(リュート:Disc1)
     アントニー・ベイルズ(リュート:Disc2)
     ジョルディ・サヴァール(ヴィオール:Disc2)

     録音時期:1987年11月(Disc1) 1976年9月(Disc2)
     録音場所:ロンドン、聖バルナバス教会(Disc1) スイス、ゼオン、福音教会(Disc2)
     録音方式:ステレオ(デジタル:Disc1、アナログ:Disc2/セッション)

チェックした商品をまとめて