Simon & Garfunkel

CD Sounds Of Silence

Sounds Of Silence

Customer Reviews

Do you want to write a review?

Write you own review

Showing 1 - 9 of 9 items

  • ★★★★★ 

    ビートルマニア  |  新潟  |  不明  |  29/February/2008

    タイトル曲はいまさら言うまでもありませんが「April Come She Will」の美しいメロディや「Leaves That Are Green」の印象的な演奏etc 聞き応え十分です。

    3 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ノッポ  |  兵庫  |  不明  |  14/August/2007

    とって付けたようなエレクトリックサウンドに違和感は有りますが、やっぱり良いです。アレンジが中途半端だろうが、アルバムとしてまとまりに欠けてようが、後の作品より完成度が低かろうが、最高です(レビューになってないな。贔屓が過ぎる)。若い方には各楽器の定位がとんでもない事になっている様に聴こえるかもしれませんが、当時(もしくはこれ以前)は彼らに限らず誰の作品でも似た様なもんです(試行錯誤の時期なんでしょう)。押尾コータローさんがTVやネットで簡単に見られる今の若い方には、アンジーはどう聴こえるんだろうなー。

    4 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    オーディオ・ファイル  |  東京都  |  不明  |  08/April/2007

    ある日ポールが車を運転していると…ラジオからヒット・チャートを上がる(サウンド・オブ・サイレンス)が流れた。彼の知らぬ間にチャートの1位になった!などとランナーに書かれた事があったが事実ではない。そして短期間でレコーディングされたのが本作である。ポール自身のイギリス在住時代の作品が中心だが…季節の穏やかな移り変わり、愛する女性と故郷への郷愁など、20代前半のポールのみずみずしい感性が光っている。キャシーと言う女性はこのアルバムと(アメリカ)にも登場するがポールにとってキャシーの存在は楽曲制作に良いインスパイアを与えてると思う。またレビューにハンブル氏が書いているようにポールのアコギの巧さは素晴らしく日本のシンガーに

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ハンブル・フェイセズ  |  秋田県  |  不明  |  26/October/2006

    ところで、ポールのギターだけの「Anji」が収録されていることでも有名な本作品。S&Gファンというよりも、アコースティック・ギターをやる人にとても有名な曲ですよね。私も一生懸命コピーしましたが、下手なので全然同じようには弾けません(^_^;)ポールの素晴らしいギタープレイが堪能できる作品です。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★★ 

    ランブル  |  福島県  |  不明  |  13/January/2006

    俺が彼等聴き始めたのは、好きだった彼女の影響だな蔑ォークロックの一つの完成形。歌詞に注目アメリカの病んでる状態を歌う、ガキながら対訳を見て噛み締めたものさ!

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    ヨシ  |  茨城県  |  不明  |  06/February/2004

    60年代の大ヒット曲「サウンド・オブ・サイレンス」、「アイ・アム・ア・ロック」を含む。彼らの他のオリジナルアルバムと比べるとロック調ではあるが「キャシーの歌」や「4月になれば彼女」は何とも言えぬ美しさ。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    サイモンさん  |     |  不明  |  18/November/2003

    ギターのインスト「アンジー」は、発売当時の日本で、ギター少年たちの憧れの的になった。ボーナストラックの、「ブルース・ラン・ザ・ゲーム」は、ポールがイギリス旅行中に知り合ったフォーク歌手、ジャクソン・C・フランクのオリジナル。アルバムに収録予定だったのかもしれない。残りの「バーブレリアン」「ローズ・オブ・バディーン」「ローヴィング・ギャンブラー」は、なぜか70年発表のラストアルバム『明日にかける橋』でのセッションから。なぜこの入っているのかは全く不明。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★★☆ 

    サイモンさん  |     |  不明  |  18/November/2003

    「サウンド・オブ・サイレンス」の予想外のヒットの為に、急遽製作されたセカンドアルバム。『サウンド・オブ・サイレンス』をそのままタイトルにし、内容もその曲にあやかってロックっぽいアレンジを施したものが大半を占める。(当時はこれでロックだったのだ)大急ぎで製作されたわりに、その完成度は高く、名曲「キャシーの歌」「4月になれば彼女は」「アイ・アム・ア・ロック」も含んでいる。「リチャード・コリー」は後にヴァン・モリソンがカヴァー。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • ★★★☆☆ 

    三上工務店  |  不明  |  18/February/2003

    セカンド。まだまだ中だるみしてしまう感もするが名曲も多数含む。ポールのギター一本による「アンジー」も注目。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 9 of 9 items