TOP > Music CD・DVD > Classical > Brahms (1833-1897) > Symphony No.4, Haydn Variations : Wilhelm Furtwangler / Berlin Philharmonic (1948, 1950)-Transfers & Production: Naoya Hirabayashi

Brahms (1833-1897)

CD Symphony No.4, Haydn Variations : Wilhelm Furtwangler / Berlin Philharmonic (1948, 1950)-Transfers & Production: Naoya Hirabayashi

Symphony No.4, Haydn Variations : Wilhelm Furtwangler / Berlin Philharmonic (1948, 1950)-Transfers & Production: Naoya Hirabayashi

Customer Reviews

  • ★★★★★ 
  • ★★★★☆ 
    (0 posts)
  • ★★★☆☆ 
    (0 posts)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 posts)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 posts)

Do you want to write a review?

Write you own review

Showing 1 - 1 of 1 items

  • ★★★★★ 

    カニさん  |  兵庫県  |  不明  |  21/November/2021

    ブラームスの交響曲第4番は、4度目のリマスターとライナーノーツに、書かれています。執念が実って大変よく出来ている。素晴らしい。特に、前回のものに比べて、ブラームスの交響曲第4番の第3楽章の新鮮さは、驚くばかりです。フルトヴェングラーのブラームスの交響曲第4番の第3楽章で、こんなにも「トライアングル」が響いているのが聞けるのは、初めての経験です。現在のステレオ録音のブラームスの交響曲第4番の第3楽章は、ともかく、モノーラル録音で、しかも、フルトヴェングラーのものでは、目から鱗が落ちるようです。「トライアングル」は、コンサート会場では、よく聞こえるのに、レコードやCDになるとフレッシュな弦楽合奏にかき消されて、滅多に聞こえない。フルトヴェングラーの微妙に揺れる(ズレる。)絶妙な指揮による音のズレが各楽器の妙音を拾い出してくれる。そこが、分かる。そこを注目しての再リマスターだが、見事に成功した。是非とも、買って確認してほしい。オススメです。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 1 - 1 of 1 items