【インタビュー】ブラッド・ケリー「ディズニー・オン・クラシック 〜春の音楽祭 2018」

2018年01月15日 (月) 00:00

|

HMV&BOOKS online - クラシック , HMV&BOOKS online - クラシック , HMV&BOOKS online - アニメ・キャラクター

インタビュー・文/山本航
写真/矢野寿明
撮影協力/サントリーホール
構成/月刊ローチケ編集部 1月15日号より転載
※写真は本誌とは異なります

毎回新しい挑戦をしながら挑むライブ演奏


ディズニー映画やテーマパークの珠玉の名曲たちを、フルオーケストラの迫力ある演奏とニューヨーク・シンガーの美しい歌声で届ける「ディズニー・オン・クラシック」。毎年3カ月かけ全国を巡る秋冬の恒例ツアーは、15回目が昨年末、大盛況のうちに幕を閉じたばかり。そして「秋まで待てない!」というファンの声に応える形で、2015年から開催されている「ディズニー・オン・クラシック 〜春の音楽祭」が、今年もまた開催される。4度目となる春公演の見どころを、「ディズニー・オン・クラシック」2002年の初演から指揮者を務めるブラッド・ケリー氏に聞いた。

ケリー 春の音楽祭は、短期決戦。ですからアメリカからやって来るシンガーたちは、過去に秋冬ツアーに参加したことのある、実力も折り紙付きのメンバーばかり。オーケストラとも気心が知れていますから、すぐトップギアで最高のパフォーマンスを見せてくれますよ!

まず、こうアピールするケリー氏。そして、アルバムで言えばベスト盤のような構成も、春の魅力として付け加える。

ケリー “いいとこ取り” と言えばいいのかな。楽曲、演奏、歌の素晴らしさを、きっとダイレクトに感じ取ってもらえるはずです。

実は、取材をしたのは、12月上旬。その時点ではプログラムの内容はまだ明かされていなかった。

ケリー でも、必ず面白いステージになりますから絶対に見に来てください!

笑顔で話すケリーさんの自信は、日本で600回を超える公演で指揮棒を振ってきた経験にきっと裏打ちされたものなのだろう。けれど、そんなに回数を重ねていると、さすがに飽きてくるのでは?ちょっと意地悪な質問には、きっぱり全否定する。

ケリー ライブ演奏は1度たりとも同じことはあり得ないんです!毎回新しい挑戦をしながら楽しんで取り組んでいます。時には失敗もありますが(笑)

さすが、ベテランの言葉は重みが違う。そんなケリーさん率いる春の公演は京都、神戸、東京の3会場で計15回開催の予定だ。“いいとこ取り” の魅力を体感してみよう。

プロフィール

ブラッド・ケリー
指揮・編曲。ディズニー・オン・クラシック開始当初から指揮を担当。東京ディズニーシー®の音楽なども手掛ける。

公演情報


ディズニー・オン・クラシック 〜春の音楽祭 2018

指揮・編曲:ブラッド・ケリー
オーケストラ:THE ORCHESTRA JAPAN
ヴォーカル:ディズニー・オン・クラシック・スターズ
ナビゲーター:麻生かほ里

5月17日(木)・18日(金) ロームシアター京都 メインホール
5月19日(土) 神戸国際会館 こくさいホール
5月23日(水)〜6月3日(日) 東京・東急シアターオーブ


%%message%%


「月刊ローチケ/月刊HMV&BOOKS」は毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

1月15日号の表紙は、MISIA / Little Glee Monster



HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る