佐藤流司主演「御茶ノ水ロック」TVドラマ第一話の場面写真とあらすじが解禁&舞台公演日程も発表に

2017年12月27日 (水) 18:00

|

HMV&BOOKS online - 演劇 , HMV&BOOKS online - 映画・TV , HMV&BOOKS online - アニメ・キャラクター

2018年1月10日(水)よりテレビ東京にて放送される、TVドラマ&舞台連動企画「御茶ノ水ロック」のTVドラマ第一話(1月17日放送)のあらすじと場面写真、さらに舞台公演の日程が発表された。

TVドラマ第一話は物語のプロローグとして、始(佐藤流司)のバンド「ダイダラボッチ」と、ライバルバンドの「ヘブンズドア」の現状が描かれる。相関図と15秒の予告映像が公開されているので、TVドラマを見る前にキャラの関係性をチェックしておくと尚スムーズにドラマに入り込めるはずだ。相関図は公式サイトで確認を。


第一話(1月17日放送)あらすじ

御茶ノ水駅でライブ告知のフライヤーを配る片山始(佐藤流司)や奈良悠介(前山剛久)らダイダラボッチのメンバーたち。しかし道行く人の足を止められず、その夜のライブは観客も集まらなかった。落胆する始たち。ところが彼らの後に現れた翔平(崎山つばさ)率いるビジュアル系バンド「ヘブンズドア」は、閑散としていたライブハウスを満員にする。驚く始だったが、そんなヘブンズドアを見つめるひとりの男の姿に言葉を失う。

また、ドラマ終了後に行われる舞台公演の詳細が発表、タイトルは「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」、さらに公演期間、会場も併せて発表された。チケットのオフィシャル最速先行発売は1月初旬を予定している。

作品&公演概要


<ドラマ版>
「御茶ノ水ロック」


【出演】
佐藤流司
崎山つばさ・前山剛久・松本岳・宮城紘大
砂原健佑・Chiyu・夛留見啓助
谷水力・中西良太/染谷俊之

【脚本】田中眞一
【監督】横尾初喜、直、畝田光記

2018年1月10日(水)テレビ東京にて深夜2:35より放送
※初回は直前スペシャルとして、「あにてれ」にて放送直後から配信


<舞台版>
「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」


【公演日】
2018年3月30日(金)〜4月15日(日)全23公演

【劇場】
AiiA 2.5 Theater Tokyo

【出演】
佐藤流司
崎山つばさ・前山剛久・谷水力・松本岳・宮城紘大
砂原健佑・Chiyu・夛留見啓助
染谷俊之ほか


<漫画版>
2017年12月15日(金)1月号より「月刊コミックジーン」にて連載

ストーリー

「いつか武道館に立ちたい」
子供の頃、片山始(佐藤流司)と片山亮(染谷俊之)の兄弟は同じ夢を掲げるも、母親の死をきっかけに別々の道へ。

数年後、始の作ったバンド「ダイダラボッチ」のメンバー5人は、待望のライブが決まる。しかし、「ダイダラボッチ」のライブはガラガラで散々な結果に。ライブの大トリは、話題の実力派プロデューサー 片山亮がプロデュースする「ヘブンズドア」。彼らが登場すると、さっきまでガラガラだったライブハウスが観客でいっぱいに。そんな中、「ダイダラボッチ」のボーカルが突然辞めることに。翌週にはライブが控えている。不在のボーカルの代わりにギターの始が歌うことになるが――…。

兄貴にまた認めてもらいたい…。始はその想いを胸に自分のバンド「ダイダラボッチ」で武道館ライブを目指す。



©御茶ノ水ロック製作委員会

関連ニュース


%%message%%


HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る