桜井日奈子×吉沢亮 原作から飛び出したような2ショットを披露 映画『ママレード・ボーイ』

2017年12月22日 (金) 12:00

|

HMV&BOOKS online - 映画 , HMV&BOOKS online - 映画・TV , HMV&BOOKS online - アニメ・キャラクター

2017年11月20日(月)にクランクイン、順調に撮影を進めている映画『ママレ―ド・ボーイ』から、2ショットビジュアルとオフショットが到着した。初解禁となったこのビジュアルは、原作漫画の世界観が最大限に表現され、まるで光希と遊が漫画から飛び出してきたような仕上がりだ。誰しもが共感できる素直で元気な女の子の光希を演じる桜井は、男女問わず愛されるキャラクターである光希の親近感を身にまとい登場、そして頭脳明晰・スポーツ万能と王子様を絵に描いたような遊を演じる吉沢は、本作の為に髪色を金髪に。“吉沢遊” とのキーワードを世にとどろかせており、その完成度はさらなる話題を呼ぶこと間違いなしだ。

大人気漫画のタイトルを背負うこととなった主演の二人。大きなプレッシャーの中でも「すごく楽しいです!」と口をそろえる。フレッシュなキャスト陣と、和気あいあいとしながらも切磋琢磨している様子で、桜井は「光希のキャラクターにすごく共感しました!」、吉沢は「女子ってどういうことにキュンとするのかな……と真剣に考えたりしています」とそれぞれが役作りについてコメントを寄せている。

原作者の吉住渉は、制作発表&キャスト解禁時に「実写化は憧れだったので、お話を頂いてとても嬉しかったです。フレッシュで可愛い桜井さん、誰もが認める超美形の吉沢さんが、廣木監督の美しい映像の中で、光希と遊としてスクリーンで輝く姿を見るのが本当に楽しみです!」と語っていたが、実際に撮影現場を見学して「桜井さんの光希ちゃんは可愛いしか出てこないし、吉沢さんの遊くんはカッコ良すぎて直視できない。益々、映画が楽しみになりました」と大絶賛しているという。

共に解禁となったオフショットは、地方ロケに行った際に撮影されたもの。クランクアップは年明け1月上旬を予定している。

人気・実力共に兼ね備えたフレッシュなキャストと豪華スタッフ陣による映画『ママレード・ボーイ』は、2018年4月27日(金)より全国ロードショー。

作品情報


映画『ママレード・ボーイ』

【あらすじ】
女子高生の小石川光希は、ある日突然、両親から離婚することを告げられる。ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚するのだと言う。

しかも、松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末…。

そんな常識はずれな両親たちのもと、一つ屋根の下で暮らし始める光希と遊。異常すぎる両親たちと一定の距離を保ちたい光希に対して、そんなことはまったく気にする様子のない遊。クールな中にも時折見せる遊の優しさに次第に惹かれていく光希。そんな中、中学の時、自分を振ったはずの銀太が光希に「ずっと好きだった」と告白!昔、遊の彼女だったと主張する亜梨実も現れて――。

主演(ダブル):桜井日奈子、吉沢亮
原作:吉住渉「ママレード・ボーイ」(集英社文庫コミック版)
監督:廣木隆一「PとJK」、「オオカミ少女と黒王子」
脚本:浅野妙子「今日、恋をはじめます」ドラマ「ラブジェネレーション」、「神様、もう少しだけ」
配給:ワーナー・ブラザース映画



©吉住渉/集英社 ©2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


%%message%%




HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る