【コラム】My Material Season / Yoshihiro Nozaki

2016年05月25日 (水) 16:45

|

HMV&BOOKS online - Rock & Pop , HMV&BOOKS online - 洋楽

ローチケHMVをご覧の皆様、My Material SeasonのYoshihiro Nozaki (ds、key&piano)です。

3rdアルバム『Awaking to the Piano Dramatic』から約2年ぶりの新作『Desire in the Black Material』が6月22日(水)にWalküre Recordsよりリリースされます。

ということで、コラムを書かせていただくことになりました!
最後までお付き合いよろしくお願い致します(^^ゞ

まずは僕の自己紹介とバンドの紹介から始めます。

音楽を始めたのは、ピアノを幼いころから習っていたのが切っ掛けです。

ファミコン世代のゲーマーでロボットアニメ・ファンだったので、ピアノを弾けるのを良いことに(笑)、気に入った曲をピアノでコピーし自分で満足する日々を送ってましたが、小学生の時に聴いたX(X JAPAN)に衝撃を受け、「大人になったら僕もヘヴィメタルをやろう!」と思ったのが切っ掛けでした。

高校生の時に念願のドラムセットを、今は亡きおばあちゃんが買ってくれて、そこから毎日毎日ツーバス連打だけを練習してまして(笑)、連打が出来るようになってから基礎を覚えました。

ただ、当時はメタルよりもビジュアル系が流行りだした時期ということもあり、加入希望のバンドが軒並みビジュアル系でしたので、Xのコピー・バンドを経て自分でバンドを結成したのが16歳の夏でした。

僕が高校生の時にちょうど日本でもニュースクール・ハードコア・バンドが出現し始め、僕のバンドのギターのお兄ちゃんがニュースクール・ハードコア・バンドをやっていてライヴに誘われたのですが、「こんな音楽があったのか!」と人生で一番の衝撃を受けました。
その後IN FLAMESやAT THE GATES、スカンディナビアのブラック・メタル等のエクストリーム・メタルを好むようになり現在に至ります。

さて、My Material Seasonの結成ですが、約11年前の2005年の終わりに遡ります。

当時、ピアノ演奏の仕事でビッグ・バンド・ジャズに参加していたのですが、仕事終わりに更衣室でDARKTHRONEというブラック・メタル・バンドのTシャツに着替えてる巨漢の強面を目にし、僕は勇気を持って(決死の覚悟で…!)話かけたところ意気投合してしまい、一緒にエクストリーム・メタルをやろうということになり、My Material Seasonを結成しました。
その彼が現メンバーのYuya Sakurai(g)です。

幼い頃からカントリーやジャズを演奏してきた彼は速弾きは勿論、音楽的な知識もあり作曲もスムーズに出来るため、どんどん曲のアイデアが浮かぶ中で、僕が一番得意とする、また日本ではあまりいない、本格的なクラシック・ピアノを導入したメロディック・デス・メタルをやろうと思いつきました。

僕はまず、ドラムの個人レッスンを受け、レコーディングの知識をつけるため、独学でDTMを始めました。
それらの目論見が功を奏し、初めてリリースしたミニ・アルバム『Eyes of Enemy』は僕らの予想をはるかに上回る売上となり、シングル、国内外のコンピレーションの参加等を経て、1stアルバム『Mind Of You Fragile in Vitriform』、そして2ndアルバム『Braidal Aisles Of Tragedy』をリリースしました。

しかし、ちょうどその頃に、僕は無理なドラムの叩き方や、生活リズムの変化から体調を崩し、幼い頃からの持病を悪化させてしまい、長く入院してしまいました・・・。

ただ解散はあり得ないと思いました。
最初のミニ・アルバム以降、皆様の感想やご意見を欠かさずチェックさせていただいたことが励みになり、良い部分、僕が最も得意とする『クサいメロディ』を追究し、「次も楽しみだ!」と思って貰えるような音楽を作り続けることは、僕が死なない限りは続けていけると思えました(^^ゞ

今後も音楽的な路線変更はしないと約束させていただきます!

さてさて、ここからは最新作『Desire in the Black Material』について書こうと思います。

今作は6部構成の長編組曲です。(6曲ではなく6部構成)

僕がずっとやりたかったことでして、現在制作中の4thアルバムの前章となります。

レコーディングは難航しました・・・とにかく「全てが難しい!」の一言につきます(笑)。

マスタリング・エンジニアさんからも、『これは、レコーディングもミックスも相当大変だったでしょう?』と言われました(笑)。

物憂げなピアノからイントロ→疾走からパワー・バラードに移り狂気的なピアノ・ソロへ。慟哭のギター・ソロが入り・・・という基本的な音楽性は変えてませんが、これらの要素を組曲にし、壮大なミニ・アルバムを完成することが出来たと思います。

20年以上愛用してる、グランド・ピアノを使うレコーディングは今までもこれからも変えませんが、今回は一部パートにて生オーケストラを導入しました!
現役女子音大生に囲まれながら楽しい一時を・・・いや!自分の理想とする音楽を作ることが出来たのはやはり嬉しかったです。

組曲はただ曲をつぎはぎするのではなく、世界観を変えず、かつ変化をつけ、一つの映画を観るようなイメージを持って貰えなければ組曲ではないと思います。

ただ闇雲に転調を繰り返すのでは作品にならない・・・
毎日毎日曲の展開のことだけ考え、楽曲構成を練りあげ、クラシック音楽からヒントを頂いてはいますが、あくまでもメロディは日本人特有のセンスが出ているかと思います。

特にギター・ソロ・パートはメタル的な速弾きではなく、ブルースやジャズをヒントにメタルの要素を織り交ぜている為、サビとイントロ、ソロと違った雰囲気をもつギター・メロディとなりました。

ピアノは僕が得意とするクラシック・ピアノとジャズ・ピアノをベースに、’80年代歌謡曲のエッセンス・・・そう、火曜サスペンス的なメロディとなっています(笑)。

かなりテクニカルで難解なフレーズも使ってますので、メタル・ピアニストの方々には是非とも聴いていただけたらな・・・と思います。
機会があれば楽譜も公表しようと思ってます。

何よりも曲構成に時間をかけて、納得いくまで練りましたので、きっとクサメタル・ファンの皆さんを唸らせる作品になったと思います!
メロディック・デス・メタルとしては勿論なんですが、一つの芸術作品として作ってみたかったので、小説を読むような感じで聴いて貰えたら嬉しいですし、皆様のご意見やご感想も楽しみにしてます!

それではまたお会いしましょう!ありがとうございました!

Yoshihiro Nozaki / My Material Season

試聴トレイラー

%%message%%

Desire In The Black Material

CD

Desire In The Black Material

My material season

Price (tax incl.): ¥1,760

Member Price (tax incl.): ¥1,619

Multi Buy Price (tax incl.): ¥1,443

Release Date: 22 Jun 2016

My Material Season Weblinks:
  Official Twitter

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る