CD Import

Die Walkure: Keilberth / Bayreuther Festspielhaus Milinkovic Hotter Vinay

Wagner (1813-1883)

User Review :4.0

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
SBT41391
Number of Discs
:
4
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

『ジークフリート』に続いてステレオで登場!
ワーグナー:楽劇『ワルキューレ』全曲
カイルベルト&バイロイト(1955)

世界初のステレオでの『ニーベルングの指環』の録音は、1958年から1965年に行われたショルティ/カルショウによるスタジオ・セッションではありません。1955年夏のバイロイト・ライヴが、なんと全編ステレオで残されていたのです。
 指揮はヨーゼフ・カイルベルト。プロデューサーは、当時まだヴィクター・オロフの助手だった若き日のピーター・アンドリー(後に「アート・オブ・コンダクティング」にも出演)が務め、エンジニアは辣腕ケネス・ウィルキンソンと、技術力のロイ・ウォレス、そしてまだ若かった後の天才エンジニア、ゴードン・パリーがアシスタントというデッカ気鋭のチームにより、ステレオ録音そのものが大変珍しかった時代に、『指環』全曲のライヴ・レコーディングがおこなわれていたのです(ちなみにピーター・アンドリーは、オロフと共にこの3ヵ月後にはウィーンのムジークフェラインでベームの『影のない女』のステレオ録音をおこなっています)。

 ノイマンM49マイクロフォン6本を使用してのここでの録音は、しかしながらある意味“賭け”でもありました。一回設置されたマイクは一度演奏が始まれば二度と触れることができなかったからです。6本のうちの3本は、照明固定用のバーに一緒に吊り下げられ、舞台上20フィートにありました。それらが集約されたのが、ロイ・ウォレスの設計した6チャンネル・ミキサーST2。そして2台のAEG TR9テープ・レコーダーに、ヴィントガッセン、ホッター、ヴァルナイなど、そうそうたるワーグナー歌手たちの競演と、カイルベルトが指揮するオーケストラが醸し出す、バイロイト祝祭劇場の独特なサウンドがステレオで収められたのです。
 一連の試みは、奇跡的としか言いようのないほど成功し、近年の録音と言われれば信じてしまうばかりの瑞々しさで、半世紀前の『指環』を今に伝えているとのこと。

 1955年の夏、『指環』は2チクルス演奏されました。デッカのこの実験的な試みは、1回目のチクルスにおけるヴァルナイ、ブロウェンスティーン、ウーデ(それぞれ2回目には不参加)を録ることにあったといっても過言ではありません。2回目も歌手の変更以外のところではバックアップに使えたのですが、基本的には本番とオーケストラ・リハーサル及びゲネラルプローベの時のテープだけでマスター・テープは完成されています。

 しかしながら、周囲の思惑や、EMIまで含んだ複雑な契約上の問題で、この『指環』がリリースされることはありませんでした。ひとつにはプロデューサーのピーター・アンドリーが、ボスのヴィクター・オロフと共に録音の翌年にはEMIに移ってしまったことが挙げられるでしょう。オロフの後任は、キャピトルからデッカに戻ったジョン・カルショーであり、彼がライヴ録音嫌いであったこと、すでに『指環』のセッション録音の計画を持っていたことが、この『指環』の存在を封印するに充分な要因であったことは容易に想像のつくところでもあります。

 装丁は、4枚組ではありますが、プラスチックのマルチ・ケースではなく、美麗紙ケースにそれぞれ紙スリーヴにCDが収められています。このスリーヴ及びブックレットには、英独の歌詞対訳のみならず、貴重な資料と写真が満載されています。
 TESTAMENT社スチュワート・ブラウン氏が『なにより、この素晴らしい音楽を自レーベルで取り扱うことができたことを神に感謝したい!』というように、氏の愛情と尊敬の念が結晶したかのようなアートワークです。

 『ジークフリート』『ワルキューレ』と続いたこの企画、今後、CDでは2006年中に『ラインの黄金』『神々のたそがれ』がそれぞれ個別のBOXで発売されます。また、『指環』全曲のアナログ盤(19枚組予定)の発売も決定しています。こちらは、完全限定品となるとのことです。

・ワーグナー:楽劇『ワルキューレ』全曲(4CD)
 ジークムント:ラモン・ヴィナイ
 ジークリンデ:グレ・ブロウェンスティーン
 ブリュンヒルデ:アストリッド・ヴァルナイ
 フンディング:ヨーゼフ・グラインドル
 ヴォータン:ハンス・ホッター
 フリッカ:ゲオルギーネ・フォン・ミリンコヴィッツ
 ヴァルトラウテ:エリーザベト・シェルテル
 ヘルムヴィーゲ:ヒルデ・シェップファン
 オルトリンデ:ゲルダ・ラマース
 ゲルヒルデ:ヘルタ・ヴィルフェルト
 シュヴェルトライテ:マリア・フォン・イロスファイ
 ジークルーネ:ジーン・ワトソン
 ロスヴァイゼ:マリア・グラーツ
 グリムゲルデ:ゲオルギーネ・フォン・ミリンコヴィッツ

 バイロイト祝祭管弦楽団
 ヨゼフ・カイルベルト(指揮)

 録音:1955年8月 バイロイト祝祭劇場[ステレオ]

Track List   

Disc   1

  • 01. Brouwenstijn, Gre - Die Walkuere (oper In 3 Akten)
  • 02. Vorspiel
  • 03. Wes Herd Dies Auch Sei (1. Akt)
  • 04. Kuehlende Labung Gab Mir
  • 05. Mued Am Herd Fand Ich Den Mann
  • 06. Friedmund Darf Ich Nicht Heissen
  • 07. Aus Dem Wald Trieb Es Mich Fort
  • 08. Ich Weiss Ein Wildes Geschlecht
  • 09. Ein Schwert Verhiess Mir Der Vater
  • 10. Schlaefst Du, Gast?
  • 11. Winterstuerme Wichen Dem Wonnemond
  • 12. Du Bist Der Lenz
  • 13. Wehwalt Heisst Du Fuerwahr?

Disc   2

  • 01. Vorspiel
  • 02. Nun Zaeume Dein Ross (2. Akt)
  • 03. Der Alte Sturm
  • 04. So Ist Es Denn Aus Mit Den Ewigen Gottern
  • 05. Nichts Lerntest Du
  • 06. Was Verlangst Du?
  • 07. Schlimm, Fuercht' Ich, Schloss Der Streit
  • 08. Was Keinem In Worten Ich Kuende
  • 09. Ein Andres Ist's
  • 10. O Sag', Kuende
  • 11. Raste Nun Hier
  • 12. Hinweg! Hinweg!

SEE ALL TRACKS >

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
諸氏絶賛、何かこの発掘のお陰で、これまで...

投稿日:2012/02/24 (金)

諸氏絶賛、何かこの発掘のお陰で、これまでの諸々RINGの存在価値が無くなったなんて、風評ですが、何の何の〜この録音の存在と発見、商品化の意義はもちろん絶大ですが、これが全てではありません。これひとつを取り上げれば、例えばヴィナイの重苦しく若さのまったくない歌唱や、ただ歌っているだけのフリッカなど、必ずしも手放しベタ褒め演奏ではありません。同曲異盤を聴き比べる選択肢が広がったことには大いに感謝。カメラに納められた舞台写真の面白さ。特に「ラインの黄金」に見られたカラー写真! もっと見られないものでしょうか?

オペラかじり虫 さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
第3幕の一部でモノラルになる以外は文句あ...

投稿日:2011/07/11 (月)

第3幕の一部でモノラルになる以外は文句ありません。有名な第1幕はクナッパーッブッシュの録音が好きでしたが、断然こちらに惹かれます。クナは素晴らしいがあくまで異端・異形。正統はこちら。「ジークリート」もそうですが、歌手もオケも全力でフォルテッシモになっても、決して耳障りにならず(ショルティはその点うんざり)むしろ圧倒的な感動を与えるところが凄いです。これこそ本物の名演奏・名録音ではないでしょうか。

影の王子 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
長大な第一幕が言葉にできないほど素晴らし...

投稿日:2009/09/14 (月)

長大な第一幕が言葉にできないほど素晴らしい。録音も第一幕と比較するとそれ以降は落ちるように思える。第一幕にワーグナーの童心を垣間見る瞬間があるように思えた。ドイツ古典派の引用も聴かれました。それが格好よいと思いました。ワーグナーは神格化すべきではありません。素直に聴けば素直に心を開いてくれそうです。聖より俗の似合う方だ。

arabandaluz さん | 山梨県 | 不明

0

Recommend Items

HMV&BOOKS online Recommend