Vivaldi (1678-1741)
New Items Available

Vivaldi (1678-1741) Review List

Vivaldi (1678-1741) | Review List | HMV&BOOKS online is a world class entertainment website which provides CD, DVD, Blu-ray, Games and Goods, Books, Comics and Magazines. Ponta Point available for both sites! Special campaigns and limited novelty with multiple payment & delivery options for our customer’s satisfaction!

Customer Reviews

593Reviews
Sort by.: New Arrivals| Order by Empathy Score| Higher Reviews
  • やはり真面目なヴァイオリニストだなぁ、と思う。だか...

    Posted Date:2020/07/22

    やはり真面目なヴァイオリニストだなぁ、と思う。だからそれが当然音に出てくる。聴いていていい音だなぁと感心するが、何となく心が弾まないし面白くない。音に柔らかさが欲しいし遊び心も。その点グリュミオはヴィヴァルディ、モーツアルトに向いていると思う。シェリングは、バッハ,ベートーヴェン、シューマン、ブラームス等の音楽の線であるのは確かだ。シェリングのファンなら持っていてもいいCDだ。今もモーツァルトの5番を聴いているが、いいヴァイオリンだなぁとは思うが他人にはあえて薦めないだろう、なぜなら、ヴァイオリンの音でなく曲を楽しんでもらいたいから。

    robin . |70year

    0
  • やっぱり名演です。クロティンガーのソロは、イムジチ...

    Posted Date:2020/04/16

    やっぱり名演です。クロティンガーのソロは、イムジチのアーヨほど柔らかくなく、ミケルッチに近い硬質なタッチだが、こちらの方がミュンヒンガーの指揮と同様に「バロック的」。現今のピリオド的な要素を先取りしている偉大で記念碑的な名演。

    よねさん .

    0
  • 懐かしい、美しい演奏。ジャケットデザインも昔のフィ...

    Posted Date:2020/04/16

    懐かしい、美しい演奏。ジャケットデザインも昔のフィリップス盤LPとほぼ同じ。とっても流麗で、レガートたっぷりのロマンティックな(?)演奏。ピリオド奏法全盛の時代にあっては、古いソースながらとっても新鮮。しかもコスパが凄くいい。1970年に1000円盤LPが出たが、それに匹敵する。

    よねさん .

    0
  • ラ・プティット・バンドより好きになりそうです。木管...

    Posted Date:2020/03/22

    ラ・プティット・バンドより好きになりそうです。木管コンチェルト、楽しくてチャーミング。録音も秀逸で響きが美しい。ピリオドはちょっと、、、という方に、是非。

    skase . |50year

    0
  • 面白いあるいは流麗な四季はこれからも聴けても、こん...

    Posted Date:2020/01/17

    面白いあるいは流麗な四季はこれからも聴けても、こんな芸術性の高い四季の演奏はもうないかもしれない。さすがチョンのヴァイオリン、芸術性は並みではない。これが四季の演奏としてベストではないかも知れないが、現時点ではこの演奏を上回るものはないと思う。

    robin . |70year

    0
  • LP時代の中、四季ブームとあって買ったのがこのミュ...

    Posted Date:2019/12/27

    LP時代の中、四季ブームとあって買ったのがこのミュンヒンガー盤でした。併録がアイネクライネであったこともその理由。ガッチリとした演奏スタイルは、それはそれで好きでした。その後、イ・ムジチを聴いて、その爽快感に圧倒され、これが四季か!と目から鱗が落ちました。現在は、イ・ムジチを主に聴いていますが、たまにこのミュンヒンガー盤を聴くと、やっぱりいいなと思います。四季では、対極的なこの二つがあれば十分だと思います。併録のフルート協奏曲は、ランパルの名技が楽しめます。

    じゅんとねね .

    0
  • パールマンの甘い音色の素晴らしさがよりわかる盤です...

    Posted Date:2019/06/29

    パールマンの甘い音色の素晴らしさがよりわかる盤です。飾り気の無い素直な誠実な音楽です。

    せごびあ . |50year

    0
  • これは荒々しいヴィヴァルディである。アーノンクール...

    Posted Date:2019/05/10

    これは荒々しいヴィヴァルディである。アーノンクールの「四季」以来の衝撃的な演奏だと思った。演奏は、テンポ、デュナーミク、間やノリの過激な変化がおもしろい。加えて多彩な通奏低音楽器による即興的フレーズの挿入など多岐に渡るアレンジで以ってバロックの音楽を天衣無縫、縦横無尽に遊んでいる。このかなりラジカルで尖った攻撃性を隠さない破壊力のある演奏は、きっと化けて出てくるであろうヴィヴァルディの幽霊さえも冥界へ追い返すに違いない。

    zaionji . |60year

    0
  • グリエルモとラルテデラルコの演奏はフレッシュかつ過...

    Posted Date:2019/01/02

    グリエルモとラルテデラルコの演奏はフレッシュかつ過激で、イルジャルディーノアルモニコ以来の衝撃的な演奏と思う。ただラルテデラルコの演奏だけだったら、別のOp.1〜12のボックスの方に入っているチェロソナタの演奏が良いので、迷うところだ。ヴィヴァルディ・エディションには他の曲も一杯入っているから、追加でチェロソナタのCDを買うのが一番いいのかな。

    Dinkelbrot . |60year

    1
  • 全てのパートがソロで演奏されるところから生まれるソ...

    Posted Date:2018/12/29

    全てのパートがソロで演奏されるところから生まれるソノリティは啓示に溢れている バロックのConcertoはロマン派の同曲とは似て非なるもの感を深くした 音楽も社会と人間の志向にシンクロナイズする まだ音楽が個人の表現手段と認知される前の実態を如実にした チェロ・ソロのConcertoをアクセントに置いた”調和の霊感”からの後半6曲が面白かった バッハがチェンバロ協奏曲に編曲して耳に馴染んでいる4Vnと2Vnソロを有する曲も含まれ興味は尽きない Vnのパブロ・バレッティとCembのセリーヌ・フリッシュはアルゼンチン出身であったことに思い至った バッハ由来のバンド名からドイツ系楽曲に目が行きがちだったが ヴィヴァルディに限らずイタリア系フランス系へも手を広げてほしいものだ それにしても音楽の粋はアンサンブルにあると感じさせずに置かないカフェ・ツィマーマンだ あなたも如何

    風信子 . |60year

    0

You have already voted

Thankyou.

%%message%%