CD Import

Original Jazz Classics Remastered

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
7233324
Number of Discs
:
20
Label
:
Ojc
:
International
Format
:
CD
Other
:
24 Bit, Box Collection, Remaster,Import

Product Description

ORIGINAL JAZZ CLASSICS REMASTERS シリーズから20枚組限定ボックスが登場!Riverside、Contemporary、Pablo、Prestige の各レーベルから、“世紀の名盤”だけを選りすぐった決定盤ボックス!しかも全曲、24bit 最新リマスターを施し、さらに40曲以上のボーナス・トラックを収録!フィーチャーされているのは Miles Davis、Bill Evans、Sonny Rollins、Chet Baker、Ella Fitzgerald、Thelonious Monk、Art Pepper、The Dave Brubeck Quartet、Joe Pass、Cannonball Adderley、Art Blakey & The Jazz Messengers、Stan Getz、Vince Guaraldi Trio、Wes Montgomery、Ornette Coleman という、まさに世界を代表するJazz Giantsばかり!

●THELONIOUS MONK / WITH JOHN COLTRANE 1957年発表(Riverside)。至高のピアニスト Monk が1957年にNYで録音し Riverside Records から初めて発表した記念すべきアルバム。John Coltrane との共演盤。ジャズの巨人2人が密な関係にあった50年代後半の名盤。訥々と語るようなMonk、シーツ・オブ・サウンドで多量の音を発する Coltrane の対照がスリリング。Orrin Keepnewsプロデュース。ボーナス・トラック1曲。【Personnel】 Thelonious Monk (piano) / John Coltrane (tenor sax) / Gigi Gryce (alto sax) [track 3] / Coleman Hawkins (tenor sax) [tracks 3&5] / Ray Copeland (trumpet) [track 3&5] / Wilbur Ware (double b) / Shadow Wilson (ds) [track 3以外] / Art Blakey (ds) [track 3]

●SONNY ROLLINS / WAY OUT WEST 1957年発表(Contemporary)。西海岸に行った Rollins がRay Brown、Shelly Manneと出会い誕生した名作。ピアノレス編成がサックスを際だたせ不思議な魅力を発散。Lester Koenigプロデュース。ボーナス・トラック3曲。【Personnel】 Sonny Rollins (tenor sax) / Ray Brown (b) / Shelly Manne (ds)

●ART PEPPER / MEETS THE RHYTHM SECTION 1957年発表(Contemporary)。西海岸を代表するサックス奏者の Pepper が、Miles Davis Group のリズム・セクションを従えて吹いた歴史的一枚。Lester Koenig プロデュース。ボーナス・トラック1曲。 【Personnel】 Art Pepper (alto sax) / Red Garland (piano) / Paul Chambers (b) / Philly Joe Jones (ds)

●THE DAVE BRUBECK QUARTET / JAZZ AT OBERLIN 1953年発表(Fantasy)。ウェストコースト・ジャズを代表するピアニスト Dave Brubeck のトリオによる、1953年の米オハイオ州オバーリン大学におけるライヴ録音。Desmond と Brubeck のコンビによるスリリングなプレイが刻まれた、トリオ初期の名盤。 【Personnel】 Paul Desmond (alto sax) / Dave Brubeck (piano) / Lloyd Davis (ds)

●JOE PASS / VIRTUOSO 1973年発表(Pablo)。超絶技巧ギタリスト、Joe Pass が70年代に連続して発表し、大きな話題を呼んだソロ録音シリーズの第1弾。その超絶技巧はもちろん、根底にある深い歌心に心奪われる名盤。Norman Granz プロデュース。Billboard Jazz Albumsチャート最高16位。

●CANNONBALL ADDERLEY WITH BILL EVANS / KNOW WHAT I MEAN? 1961年発表(RIverside)。1950〜60年代にHard Bopスタイルで鳴らしたサックス奏者 Cannonball Adderley が Bill Evans とのコラボレーションでリリカルなプレイにも冴えを見せた名盤。Orrin Keepnewsプロデュース。ボーナス・トラック3曲。 【Personnel】 Cannonball Adderley (alto sax) / Bill Evans (piano) / Percy Heath (b) / Connie Kay (ds)

●ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS / UGETSU 1963年発表(Riverside)。ジャズ史上最も"ホット"なプレイを繰り出してきた怒涛のドラマー、Art Blakey 率いる The Jazz Messengers が1963年に NY の名門ジャズ・クラブ Birdland で録音した熱狂のライヴ盤。来日公演直後のタイミングだったこともあり、日本にちなんだ「Ugetsu」「On the Ginza」の2曲をプレイ。Orrin Keepnewsプロデュース。ボーナス・トラック4曲。【Personnel】 Art Blakey (ds) / Wayne Shorter (tenor sax) / Cedar Walton (piano) / Curtis Fuller (trombone) / Freddie Hubbard (trumpet) / Reggie Workman (double b)

●CHET BAKER / IN NEW YORK 1958年発表。(Riverside)。甘いルックスとムーディにメロディを紡いでいく演奏スタイルで絶大なる人気を誇ったトランペッター/ヴォーカリスト=Chet Baker がヴォーカルを封印し、バリバリのHard Bopper たちを従えてトランペット1本で望んだ傑作。ボーナス・トラック1曲。 【Personnel】 Chet Baker (trumpet) / Al Haig (piano) / Johnny Griffin (tenor sax) / Paul Chambers (b) / Philly Joe Jones (ds)

● ELLA FITZGERALD & OSCAR PETERSON / ELLA & OSCAR 1975年発表(Pablo)。13度のグラミーを受賞し、サラ・ヴォーン、ビリー・ホリデイと並び称される女性ジャズ・ヴォーカリスト、"Lady Ella"、"The First Lady of Jazz"、Ella Fitzgerald が、カナダ出身のピアニスト Oscar Peterson とコラボレーションした傑作。Norman Granz プロデュース。【Personnel】 Ella Fitzgerald (vo) / Oscar Peterson (piano) / Ray Brown (double b)

●STAN GETZ & CAL TJADER / STAN GETZ/CAL TJADER SEXTET 1958年発表(Fantasy)。そのスタイルを ”The Sound" と呼ばれた屈指のサックス・プレイヤー Stan Gets とラテン・ジャズのヴィブラフォン奏者 Cal Tjader の共演セッション作品。Scott LaFaro、Vince Guaraldi をはじめとする西海岸の精鋭たちがバックを固める。 【Personnel】 Stan Getz (tenor sax) / Cal Tjader (vib) / Vince Guaraldi (piano) / Eddie Duran (g) / Scott LaFaro (b) / Billy Higgins (ds)

●THELONIOUS MONK / MONK’S MUSIC 1957年発表(Riverside)。曲中の「Coltrane! Coltrane!」という Monk の呼び声も有名な珠玉の名盤。3本のサックスとトランペットが、Monk 自身のチョイスによる代表曲を豪快かつ陰影豊かに歌い上げる。Orrin Keepnews プロデュース。ボーナス・トラック3曲。【Personnel】 Thelonious Monk (piano) / Ray Copeland (trumpet) / Gigi Gryce (alto sax) / Coleman Hawkins (tenor sax) / John Coltrane (tenor sax) / Wilbur Ware (double b) / Art Blakey (ds)

●THE BILL EVANS TRIO / WALTZ FOR DEBBY 1961年発表(Riverside)。至高のピアノ・トリオの頂点を刻んだ、ニューヨーク名門ジャズ・クラブ Village Vanguard でのライヴ録音。知的な美しさにあふれた永遠のピアノ・トリオの超名盤。天才ベーシスト Scott LaFaro にとっての遺作。Orrin Keepnews プロデュース。【Personnel】 Bill Evans (piano) / Scott LaFaro (b) / Paul Motian (ds)

●CHET BAKER / CHET BAKER SINGS: IT COULD HAPPEN TO YOU 1956年発表(Riverside)。天才トランペッター、チェット・ベイカーが歌手としての魅力を広く知らしめた名作。スタンダード・ナンバー「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のカヴァーは秀逸で、フランク・シナトラ、マイルス・デイヴィス、キース・ジャレット等によるカヴァーを凌ぐ決定版との呼び声高い。Richard Bock プロデュース。ボーナス・トラック4曲。 【Personnel】 Chet Baker (vo, trumpet) / Kenny Drew (piano) / Sam Jones (b) / Philly Joe Jones (ds) / George Morrow (b) / Dannie Richmond (ds) / Jimmy Bond (b) / Carson Smith (b) / Russ Freeman (piano, celeste) / Peter Littman (ds) / Larance Marable (ds) / Bob Neal (ds)

●MILES DAVIS feat. SONNY ROLLINS / DIG 1951年発表(Prestige)。モダン・ジャズの“帝王”と呼ばれ、クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、フュージョンなど、時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引した巨人 Mailes Davis が、当時は未知数の逸材だった Sonny Rollins、Jackie McLean などをいち早く起用した、初期の名作のひとつ。ボーナス・トラック1曲。 【Personnel】 Miles Davis (trumpet) / Jackie McLean (alto sax) (01-05) / Sonny Rollins (tenor sax) / Walter Bishop, Jr. (piano) / Tommy Potter (double b) / Charles Mingus (double bass) (07 only) / Art Blakey (ds)

●VINCE GUARALDI TRIO / JAZZ IMPRESSIONS OF BLACK ORPHEUS 1962年発表(Fantasy)。60年代から70年代にかけて15本にのぼるTVアニメ版『ピーナッツ』で音楽を担当した西海岸のジャズ・ピアニスト / 作曲家 Vince Guaraldi による名作。「Cast Your Fate to the Wind」はグラミー賞の Best Original Jazz Composition を受賞。 【Personnel】 Colin Bailey (ds) / Vince Guaraldi (piano) / Monty Budwig (double b)

●WES MONTGOMERY / BOSS GUITAR 1963年発表(Riverside)。若くしてこの世を去った天才ギタリスト Wes Montgomery が Melvin Rhyne のオルガンとコラボレーションした傑作。Orrin Keepnews プロデュース。【Personnel】 Wes Montgomery (g) / Melvin Rhyne (organ) / Jimmy Cobb (ds)

●THE BILL EVANS TRIO / EXPLORATIONS 1961年発表(Riversaide)。『Waltz For Debby』と同時期に発表された名作。Bill Evans Trio の絶頂期がここに。Billboard誌が実施したジャズ評論家による投票の Best Piano LP 部門で1位を獲得。Orrin Keepnews プロデュース。 ボーナス・トラック4曲。【Personnel』 Bill Evans (Piano) / Scott LaFaro (b) / Paul Motian (ds)

●ELLA FITZGERALD & JOE PASS / EASY LIVING 1986年発表(Pablo)。不世出の女性ジャズ・ヴォーカル Ella Fitzgerald が、天才ギタリスト Joe Pass と共演した名作。Norman Granz プロデュース。ボーナス・トラック2曲。【Personnel】 Ella Fitzgerald (vo) / Joe Pass (g)

●ORNETTE COLEMAN / SOMETHING ELSE!!! 1958年作品(Contemporary)。ジャズの革命児、Ornette Coleman の出現を世に知らしめた歴史的デビュー作。それまでのジャズの常識を覆し、限りない自由を目指すフリー・ジャズ・スピリットが大胆に表現されている。Lester Koenig プロデュース。 【Personnel】 Ornette Coleman (alto sax) / Don Cherry (cornet) / Walter Norris (piano) / Don Payne (double b) / Billy Higgins (ds)

●THELONIOUS MONK / THELONIOUS ALONE IN SAN FRANCISCO 1959年発表(Riverside)。セカンド・ソロ・アルバム。Monk 得意のソロ・ピアノ集。ボーナス・トラック1曲。【Personnel】 Thelonius Monk (piano)

Track List   

Disc   1

Thelonious Monk Featuring John Coltrane / Thelonious Monk with John Coltrane

  • 01. Ruby, My Dear (Album Version)
  • 02. Trinkle, Tinkle
  • 03. Off Minor - Take 4 /Thelonious Monk Septet
  • 04. Nutty
  • 05. Epistrophy - Short version / Thelonious Monk Septet
  • 06. Functional - Alternate Take
  • 07. Monk's Mood (Album Version)

Disc   2

Sonny Rollins / Way Out West

  • 01. I'm An Old Cowhand (Album Version)
  • 02. Solitude (Album Version)
  • 03. Come, Gone (Album Version)
  • 04. Wagon Wheels (Album Version)
  • 05. There Is No Greater Love (Album Version)
  • 06. Way Out West (Album Version)
  • 07. I'm An Old Cowhand - Alternate Take
  • 08. Come, Gone - Alternate Take
  • 09. Way Out West - Alternate Take

SEE ALL TRACKS >

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Modern Jazz Items Information

Recommend Items