Books

マイルス・デイヴィスが語ったすべてのこと マイルス・スピークス

Takao Ogawa

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784309277707
ISBN 10 : 4309277705
Format
Books
Publisher
Release Date
October/2016
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

日本におけるマイルス・デイヴィス研究の第一人者が、10回にも及ぶ貴重なインタビューから、名著『マイルス・デイヴィスの真実』にも描かれなかったマイルスの素顔を描き出す。

【著者紹介】
小川隆夫 : 整形外科医、JAZZジャーナリスト。1950年生まれ。60年代から70年代初めにかけての学生時代、渋谷や新宿のジャズ喫茶に通い詰める。ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレイキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、『スイングジャーナル』誌の連載を持つとともに、ジャズを中心に約三千本のライナーノーツを手がける。マイルス・デイヴィスや、ブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ソラ

    ストイックで完璧主義。自分の中でそんな印象うのあるマイルス・デイヴィス。確かに、そんな一面は持ち併せているのだろうけど、本作に登場するマイルスは、それだけでは無い魅力に溢れている。筆者の、マイルスに対する真摯な姿勢と強い尊敬の念が、人にはなかなか見せない、また違ったマイルスの一面を知らしめてくれる。書籍で目にしたエピソードの真相や、ジャズレジェンド達との邂逅等々、とても興味深い話が数多く語られており、読んでいる自分がその場にいるかのような不可思議な感覚に陥り、筆者の高揚感と寂寥感がじみじみと流れ込んでくる

  • なおうど

    音楽ライターで医師の小川隆夫がマイルス・デイヴィスにインタビューをした本。デイヴィスの脚の具合を聴いたり、リハビリのメニューを作ったりということもした。黒人だったが自分は黒人とは思わないで育ったが五歳の頃の体験でそれを意識する。音楽の世界にあって、白人と黒人の差別があり、評論家が嫌いで、傲慢ととられていた態度に、シャイな性格や、もてなしの心に触れる。サルトルやピカソ、ダリとも会っていたという所は、もう少しきいて見たかった。常に新しい音楽を生み出そうと若いミュージシャンの音楽、感性に触れ取り入れていた。

  • kazissho

    この本は私が抱いてきたMiles Davisに対する見方を大きく変えた。そしてMiles Davisを人間として理解でき私の中で今までより近い存在になった。ずっとBGMにMilesを流しながら読んでいた。

  • Roko-san

    マイルスは常に新しいものを求め、人と違うことをしようとしていた。その根底に流れるのは、ゆるぎない美意識と自我なのだと思う。

  • redlorry

    僕がマイルスを最初に聴いたのは1973年新宿厚生年金で、最後は、1988年の昭和女子大の人見記念講堂だった。マイルスは好きで来日するたびにかなり行った。この本ではそんなマイルスの肉声が聞こえてくるように小川さんが書いてくれて興味深く読んだが、マイルスは思っていたイメージとはかなり違っていて、気配りのある優しい人だったように思える。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items