SACD

Ein Heldenleben, Don Juan : Paavo Jarvi / NHK Symphony Orchestra

Strauss, Richard (1864-1949)

User Review :5.0
(1)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
SICC19003
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
SACD
Other
:
Hybrid Disc

Product Description


リヒャルト・シュトラウス:英雄の生涯、ドン・ファン
パーヴォ・ヤルヴィ&NHK交響楽団のシュトラウス:交響詩チクルス始動!


2015年9月からNHK交響楽団の首席指揮者に就任するパーヴォ・ヤルヴィ。それを機にこのコンビによる録音プロジェクトが始動。N響に刻み込まれてきたドイツ本流の演奏伝統・重厚なソノリティ、そして現在のN響が備える「アメリカのメジャー・オーケストラに匹敵するほどの」(パーヴォ言)卓越した機能美や色彩感。その全てを生かすことのできるレパートリーとして選ばれたのが、シュトラウスの交響詩チクルスであり、2年間でその代表的な作品を3枚のディスクに収録予定。
 「あらゆるものを音楽で描写することが出来る」と豪語するほど楽器の特性を知り尽くしていた才人シュトラウスが残した交響詩は、19世紀末に大きな発展を遂げた近代オーケストラの特徴を掴み、極限まで生かすように作曲されています。4管編成を基本とする巨大なオーケストラを駆使して描き出される極彩色の音世界がその醍醐味です。
 チクルス第1弾はシュトラウス自身の戯画化とも思える『英雄の生涯』と、理想の女性を求めての彷徨を描く『ドン・ファン』の2曲。パーヴォの緻密なかつ大胆な解釈のもと、N響の持つ底力と凄みが発揮された演奏は、シュトラウス作品の本質を鋭く突いています。(RCA)

【収録情報】
リヒャルト・シュトラウス:
● 交響詩『ドン・ファン』 op.20 (1888)
● 交響詩『英雄の生涯』 op.40 (1898)


 篠崎史紀(ヴァイオリン・ソロ)
 NHK交響楽団
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)

 録音時期:2015年2月18,19日
 録音場所:東京都、サントリーホール(N響 第1804回定期公演Bプログラム)
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)

【アーティストプロフィール】
パーヴォ・ヤルヴィは現在世界で最も活躍している指揮者。パリ管弦楽団音楽監督、ドイツ・カンマーフィル芸術監督、フランクフルト放送響桂冠指揮者。2015年からNHK交響楽団首席指揮者。1962年、エストニアのタリン生まれ。レパートリーの幅広さ、故郷エストニアの作曲家を中心とする同時代音楽への熱心な取り組み、そして積極的な録音という点において、同世代の中で群を抜く存在。(RCA)

Track List   

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
外装フィルムのシールに「2015年、空前のコ...

投稿日:2015/09/22 (火)

外装フィルムのシールに「2015年、空前のコンビが船出する」とあり、いわば鳴物入りのリリースである。パーヴォとN響の相性は相当良いらしく、以前もシューマンのラインやショスタコーヴィチの5番などで良い演奏を聞かせていた。この盤に収められている両曲は、最早定番とでも言えるもので、世界中の一流オーケストラによる数多の録音が存在している。今のところ国内限定のようだが、インターナショナルリリースもあるとすれば、多くの名盤に伍してその存在意義を主張し得るレベルにあるかどうかということだろう。結論から言えば「ある」という事だろうと思う。R.シュトラウスらしい豊穣な音楽が眼前に展開する。サントリーホールの特性もあり、全体に角の取れた柔らかい響きだが、金管はの合奏など、単に正確なだけでなく、十分に音楽的である。聞き手を包み込むような弦の豊かな響きはことのほか魅力的。「英雄の生涯」における、「英雄の戦場」の場面でも、いたずらに狂騒的にならず、金管の動きや弦の内声部や木管の細かいフレーズが十分に聞きとれ、なお且つ巨大である。音色のパレットも豊かだ。録音は、オクタヴィアの江崎氏が担当。マスで捉えた響きだが、細部もクリアに拾えており、理想的な録音である。やや録音レベルが低いようにも思うが、馬力のあるアンプを駆使し、SACDの特性を最大限に引き出すことが出来れば、素晴らしい音響が得られるだろう。当方のチープなシステムでも十分楽しめるが。 結論:これまで登場したおびただしい「英雄の生涯」の録音の中でもベストを狙う名盤の登場と言える。「ドンファン」も良い。

七海耀 さん | 埼玉県 | 不明

9

Orchestral Items Information

Recommend Items