CD Import

"Symphony No, 14, : Currentzis / MusicAeterna, Korpacheva, Migunov"

Shostakovich, Dmitri (1906-1975)

User Review :5.0
(7)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
ALPHA159
Number of Discs
:
1
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

Dmitri Shostakovich: Symphony No. 14

MusicAeterna / Teodor Currentzis, conductor
Julia Korpacheva, soprano - Petr Migunov, Bass

After a very striking version of Purcell's Dido and Aeneas, that left no-one unconcerned and won public praise all over the world, Teodor Currentzis and his Siberian orchestra have recorded for Alpha a version of Shostakovich's 14th Symphony that leaves us breathless. He conserved the same approach; a scrupulous respect of the score, the manuscript source and the musicological context; in order to inspire a new energy to the music. Currentzis is not an artist who barges into the music to produce artificial effects. On the contrary, this recording proves again that the strength of his work comes, above all, from a meticulous respect of the score's details, with a coherent larger picture of the interpretation. A lesson that teaches us what the "early music spirit" can provide to all repertoires. ( alpha )

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショスタコーヴィッチの交響曲14番、19...

投稿日:2014/02/04 (火)

ショスタコーヴィッチの交響曲14番、1973年に、ロストロポーヴィッチがソ連で秘密裏に発表した曲を、ピリオドアプローチで演奏する? そんなあり得ない事をやってしまったギリシャ生まれ、ソ連、ロシアで学び、ピリオドオケも組織したクルレンツィス。時代を経、変化は当然とは言え、反則じゃねえかとの杞憂は、すぐ晴れた。ショスタコーヴィッチの怒り、諦めも斬新、そして適確、徹底されたサウンドで、その精神、披露している。見事、感心、恐れ入った。SONY移籍のモーツァルトも楽しみ。又も、才の登場。只、その変化に、私達、付いていけるか。私は、聴いて驚かされ、感心。支持する。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

5
★
★
★
★
★
完璧。演奏、録音、格調、ジャケット共瑕疵...

投稿日:2011/08/23 (火)

完璧。演奏、録音、格調、ジャケット共瑕疵なしで、即、お宝CD入り。

NAKAKO さん | 長崎県 | 不明

6
★
★
★
★
★
---ショスタコーヴィチはようやく亡くなっ...

投稿日:2011/02/12 (土)

---ショスタコーヴィチはようやく亡くなった。--- この曲の革新的な演奏が生まれた。この作品は全ての交響曲の中で最も難解なものであるがゆえ、これまでの演奏はバルシャイ・ロストロポーヴィチに代表される過激なソビエト流解釈と、オーマンディやキタエンコのような淡々と楽譜に書かれたことを描く解釈の二つしかなかった。しかし今回のような、「楽譜や文献から」作曲家の心境をくみ取り、「表情付けをしっかりとつけた」演奏というのはこれが初ではないだろうか。特に第6楽章と第8楽章の声楽陣のテキストに対する感情移入っぷりはさながら演劇のようである。ここに私はこの曲に対して非常に客観的な立場から本質をえぐり出そうとするエネルギーを感じる。それは過去の演奏におけるひどく主観的(作曲家に近い存在による視点)な演奏や、ひどく客観的(交響曲という純音楽の再現という視点)な演奏とも違う、新たなこの曲の基軸となる解釈である。もちろん前二つの解釈そのものを否定しているわけではない。当時は作曲家本人がご存命であったり、資料が少なかったりとするわけで、解釈が限られるのは当然である。しかし、この演奏の登場により、ようやくショスタコーヴィチは現世の呪縛から逃れられ、真に亡くなったのではないか、と感じざるを得ない。そうした意味あいでこの演奏は歴史的大名演だと私は考える。

waldmorgen さん | 東京都 | 不明

11

Shostakovich, Dmitri (1906-1975) Items Information

Symphonies Items Information

Recommend Items