CD Import

Symphony No, 14, : Bertini / Cologne Radio Symphony Orchestra, Cahill, F-Dieskau (1988)

Shostakovich, Dmitri (1906-1975)

User Review :4.0
(1)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
ALT162
Number of Discs
:
1
Label
:
:
International
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

許光俊慶大教授絶賛!
ベルティーニ渾身の壮絶ライヴ3タイトル


ショスタコーヴィチも迫真の大演奏。ちょっと他に変えがたいものがございます。そのうえ極上の音質! 日本語解説・歌詞訳付。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ショスタコーヴィチ:交響曲第14番ト短調作品135『死者の歌』
 テレサ・カーヒル(ソプラノ)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 ケルン放送交響楽団(現WDR交響楽団)
 ガリー・ベルティーニ(指揮)

 録音時期:1988年2月8日
 録音場所:ケルン・フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(ライヴ)

 

CDは国内プレスとなります。

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ハイティンク盤と同じくスペイン、フランス...

投稿日:2009/07/25 (土)

ハイティンク盤と同じくスペイン、フランス、ドイツ、ロシア語を歌い分ける「原語版」による演奏。爆演型ではないが、ライヴならではの生々しさと(ハイティンクにはない)遅い楽章での呼吸の深さが魅力的。それにF=ディースカウのうまさは、やはり超絶的。本物のバスでこそないが、声のポジションが低いこの曲では声の衰えがさほど気にならず、変幻自在のテクニックが存分に味わえる。一方、カーヒルはハイティンク盤のヴァラディと比べるとだいぶ聴き劣りする。ドスが効いているのはいいが、音程が終始ぶら下がり気味なのは痛い。

村井 翔 さん | 愛知県 | 不明

1

Shostakovich, Dmitri (1906-1975) Items Information

Symphonies Items Information

Recommend Items

HMV&BOOKS online Recommend

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト