CD

Scheherazade: Dutoit / Montreal.so

Rimsky-Korsakov (1844-1908)

User Review :4.0
(7)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
POCL5037
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD

Product Description

ややゆっくりしたテンポ、すみずみまで施した入念な細工、木管の語り口のうまさ……。まるで「千夜一夜物語」の華麗なタピストリーといった趣で、その色糸の何と美しいこと。名演である。加えて、輝しくスケールの大きな録音もすばらしい。(長)(CDジャーナル データベースより)

Track List   

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
演奏はフランス風のややすっきりしたもので...

投稿日:2021/04/16 (金)

演奏はフランス風のややすっきりしたもので聴きやすく録音もよい。ロストロと両方持っていてもいいのでは。しかし、何とつまらない音楽なのかと思う。所詮よくできました、の部類の音楽だろう。まだ、詩情がある<展覧会の絵>のほうが音楽としては上だと思う。もちろん、好みの問題でもあるのは承知で言っています。

robin さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
チェリビダッケと並んで、青春時代から、聴...

投稿日:2016/02/21 (日)

チェリビダッケと並んで、青春時代から、聴いている名盤。レコードだから加工はしているだろうけれど、個々の響き、全体の音色、統一感、ドラマ性、演出、録音も素晴らしい。モントリオールもN響も鍛え上げた手腕は、エクセレント。デュトワさんの盤は、フランス国立管、フィラデルフィア管なども、がっかりさせられたことがない。もうかなりのご年齢だけど、大きな指揮姿は、今も健在。ライヴでは、うなり声も。シェエラザードは、ロイヤルフィルと再録されてますが、これとは、全く違った味わい。懐深くよりダイナミック、ちょっと粗い位。そう言われれば、枯れた感じもするかな。まだまだ名演、名盤、聴かせて欲しい。Paavoさんの元で再び躍進しつつあるN響とも。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
透明感のある美しい録音です。演奏は整然と...

投稿日:2015/10/15 (木)

透明感のある美しい録音です。演奏は整然とした感じがします。この曲を鑑賞するのに過不足のない表現でしょうか。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

1

Orchestral Items Information

Recommend Items