CD Import

Sym.2: Rozhdestvensky / Lso

Rachmaninov, Sergei (1873-1943)

User Review :4.5
(9)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
RRC1210
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

ラフマニノフ:
・交響曲第2番ホ短調[完全全曲版]

 ロンドン交響楽団
 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)

 デジタル録音

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ロジェストヴェンスキイは80年代後半にロン...

投稿日:2021/03/17 (水)

ロジェストヴェンスキイは80年代後半にロンドン交響楽団とチャイコフスキイの交響曲第4〜6番と管弦楽作品。そしてラフマニノフの交響曲第2番を録音している。 その一連の録音の中でも特にこのラフマニノフの交響曲第2番は特筆すべき名盤だ。 全体的にゆったりしたテンポを崩さず細部まで丁寧に演奏されている。 ロマンチックな演奏だが、それでいてクールな部分も兼ね備えている。 ロジェストヴェンスキイとロシアのオーケストラによるラフマニノフの交響曲全曲の録音がメロディアにありそうなものだが見当たらない。 その意味でもこのセッション録音は貴重なものだ。 (90年代前半のライブ録音で交響曲第1番・第3番はある。) ちなみに、NIMBUS RECORDSにはロジェストヴェンスキイとロンドン交響楽団によるストラヴィンスキイの『春の祭典』、組曲『火の鳥 1910年版』、『ぺトルーシュカ 1911年版』、『3楽章の交響曲』の録音がある。 ロジェストヴェンスキイはイギリスではBBC交響楽団との結び付きが強いが、これらの録音からロンドン交響楽団との相性も良いことがわかる。 これらに続いてロシア・ソヴィエトの作曲家の作品を数多く録音して欲しかった。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
この曲を初めて聴いたのは当時から日本に客...

投稿日:2016/07/31 (日)

この曲を初めて聴いたのは当時から日本に客演していたレナード・スラットキンとNHK交響楽団の定期演奏会。当時まだ3楽章の美しさと4楽章の快活でリズミックな演奏に魅かれたものです。その後、リッカルド・シャイーがベルリン放送交響楽団を振ったライブ演奏?とNHK FM放送でエアーチェックし、スラットキン解釈とはまた全然異なる3楽章と特に4楽章のサルタレロのリズム感(ウィーン人独特のワルツの呼吸に類するもの)に圧倒され、シャイー信奉者になりかけました(笑)。が、シャイーはこの曲をレコードに残してくれていないようで、その後のCD時代に私もこの曲の最強盤を探していろいろ漁りました。そして以外に早くたどり着いた究極盤が、このロジェストヴェンスキー&LSO盤です(当時学生でしたが、秋葉原の石丸電気で輸入盤を安価に買えたのです)。その後、今までにプレヴィン、マゼル、デュトア、マリナー、アシュケナージ、スヴェトラーノフなどなど、ほかの演奏家の方々の演奏を聴いてきましたが、これほどまで一音一音に拘った、情感の塊のようなロマンチックな世界を味わうことは出来ません。最近ではキタエンコとケルンゲルツェニッヒの盤も非常に音が美しく注目どころではありますが、やはりこのロジェストヴェンスキー&LSO盤のロマンチシズムは遥かに凌駕しています。ではどこにこの盤の魅力があるのか・・・それは、全体的にゆったりしたテンポを取り、それにより特に緩徐部分の歌が情感たっぷり歌われていることに尽きると思います。もちろん3楽章も感動的だと思いますが、1楽章はほかの演奏家の演奏の追随を許しません。最高です。快活な演奏に慣れていると一瞬もたついて何?となるかもしれませんが、一度これを味わってしまうと、ほかの盤は物足りなくて聴けなくなると思いますよ!? それほど麻薬性の(笑)一品です。 今後は、シャイー&BRSOのライブ盤CDをなんとか入手して、このロジェストヴェンスキー盤とセットで、それぞれの特徴を楽しんでいきたいと思っています。

DG さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
この曲は好きでCD10枚程持っていますが、文...

投稿日:2012/09/16 (日)

この曲は好きでCD10枚程持っていますが、文句なしにこのアルバムがダントツの一位です。第3楽章の美しさ、第4楽章フィナーレの最後の最後の尋常ではない気の溜め方......。こんなに安くてこんなに感動できるCDとは、滅多に出会えません。絶対にオススメです。

hikarudache さん | 埼玉県 | 不明

4

Symphonies Items Information

Recommend Items