Blu-spec CD 2

Piano Concerto, 2, 3, : Buniatishvili(P)P.jarvi / Czech Po

Rachmaninov (1873-1943)

User Review :5.0
(8)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
SICC30427
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
Blu-spec CD 2

Product Description

Japanese Blu-Soec CD2. Sony. 2017.

Track List   

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
NHKのシューマンで好印象だったので、こ...

投稿日:2017/12/10 (日)

NHKのシューマンで好印象だったので、この二曲、何枚も持ってるんですが、買ってみました。  まず三番、これは凄いですね!  アルゲリッチやユジャ・ワンもすごかったけれど、ちゃんとオーケストラとアンサンブルになってるところが素晴らしいです。 ライブのノリや勢いじゃなくてセッションだというのだからさらに驚きです。 そして二番! 昔はチャイコのB面というのが相場だった気がしますが、こんなのが入ってたらびっくり仰天です。  しかしメロディラインの美しさは崩れてないし、二楽章は本当に美しい。 ここでもオーケストラは脇役になってるわけじゃなくて、「協奏曲」になってるんですよね。  聴き終わってしばらく呆然としておりましたが、20年愛聴しているジルベルシティンの緩い演奏を聴きなおしてみたら、それはそれで魅力的だったので、なぜかほっとしました。 録音もいいですが、ややピアノにかぶりつき気味?で管楽器が遠目な印象なのが少々残念(オーディオ環境によってはいい按配なんかもしれません)。

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

4
★
★
★
★
☆
2番が素晴らしい。ブニアティシヴィリの疾...

投稿日:2017/06/08 (木)

2番が素晴らしい。ブニアティシヴィリの疾走するピアノにオーケストラがうまく合わせ、切れ味鋭い爽快感のある演奏に仕上がっている。フレーズのニュアンスや全体の流れもよく、音楽としてちゃんと腑に落ちる表現ができている。問題は3番。終始流麗で流れの途切れない2番と違い、緩急が激しくピアノの技巧を限界まで駆使する必要がある3番では、ブニアティシヴィリのピアノ表現に迷いを感じる部分が多く聴こえた。特に第1楽章カデンツァ(大ossia)に打鍵の乱れによる音抜けが多く見受けられたのが残念。3番についてはピアノよりもヤルヴィ&チェコフィルの多彩な表現、サポートに耳を傾けるべき。今後の演奏に期待したい。

waldmorgen さん | 福岡県 | 不明

3
★
★
★
★
★
ピアニスト嫌いだが面白かった 何故かK.B....

投稿日:2017/05/02 (火)

ピアニスト嫌いだが面白かった 何故かK.B.は「マザーランド」以来ほとんど聴いているのではないかしら 打鍵感が無いと言うのか 叩かないし品をつけて歌わないのもいい 本人ピアノを聞かせようと言う気が無い だから空虚な”ピアノ音”を聞かないで済む ”いい音でしょ””よく弾けるでしょ”とピアノそのものを見せつけられるピアニストにどの位出会ったことか ラフマニノフは音楽を書いたのだし わたしは音楽を聴きたい どなたかも書いておられたが 同時期に聴いた”ラフ3”がそれだった 自身のピアニズムが前面に出ているからラフマニノフとの対話ができない K.B.のテンポが速いと言われる方があるけれど それは情報量の豊富さと粒立ちを失わない音像の為せる業だ ラフマニノフは作曲ができないと嘆いていた ピアニストは生活の糧で生涯の多くの時間を奪われた 古希まで生きて作品45で止まった だからシンフォニーやコンチェルトには二曲三曲分のアイディアが詰め込まれている 演奏時間を超えて膨満感や過剰感を感じるほど長大な作品になった そして憧憬と哀感がどの作品からも滲み出ることになった K.B.をピアニストではなく音楽家として注目している ご一聴を  

風信子 さん | 茨城県 | 不明

6

Recommend Items