Books

深夜百太郎 出口

Outarou Maijou

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784904292624
ISBN 10 : 4904292626
Format
Books
Publisher
Release Date
October/2015
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

二つの街を行き来する百物語、遂に出口へ。その先で何を見たの?50写真!一話完結50小説!

【著者紹介】
舞城王太郎 : 1973年福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』でメフィスト賞を受賞しデビュー。2003年『阿修羅ガール』で第十六回三島由紀夫賞を受賞。近年は小説に留まらず、翻訳、短編映画や短編アニメの原案、脚本、監督などを手掛けている

MASAFUMISANAI : 佐内正史。1968年静岡県生まれ。1995年、第十二回キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。1997年『生きている』でデビュー。2002年『MAP』で第二十八回木村伊兵衛写真賞受賞。近年は自主レーベル「対照」より私家版写真集を発表し続けている。現在、アストルティアで精力的に撮影中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • めしいらず

    舞城版「百物語」の後半50編。著者が縦横無尽の創造力でここに詰め込んだのは、「??」な奇譚であり「!!」な恐怖譚であるが、そんな形を借りながら多くの話の中で本当に語っていたのは、是非ない強固な「家族愛」だ。守るべき家族を災禍に巻き込んだ上、遂には守り切れず死に往く男の忸怩「カラスの神」、死を超えて繫がる親が子を、子が親を思う気持ち、見守る親族の優しさが胸を突く「保留中の黒電話」が好き。そして本書の白眉は最終話「ワタシシ死」。自己愛に溺れた女が死後に知る己の過ち。死して尚逃れられぬその十字架。愛の苦しみ。

  • 里愛乍

    世の中ホラーやオカルト数あれど、自分的にフィクションだと割り切って読めるものはどんなに怖くても残らない。滅茶苦茶怖いのに因果関係がはっきりと綺麗に完結しているのもそう。本書の怖さというかヤバいと思うところは偶々の体験・縁者・癖等、巻き込まれ型的な怖さを感じてしまうからなんですね。結構理不尽だし、人間の好奇心・探究心を突くものもあるし、人とは結構なリスクを背負って生きているものだな、と。うん、楽しい現代版百物語でした。舞城さんのポップな文が最後までのせて読ませてくれました。面白かったです。

  • りー

    入り口と比較すると舞城らしさを三割増くらいでお届けしてきやがるのがこの出口。終盤のおじいちゃんの死体を巡る話なんて「舞城さん!ちょっと!これコメディやアクションじゃなくて一応百物語の体ですからね!」って声をかけたくなってしまうくらいにエスカレートしてわけわからなくなっているのだけれども、この執筆スタイルに慣れてきたからなのか全体的にはちゃんと怖さも増量されていて満足のゆく掌編集として仕上がっていました。

  • 踊る猫

    スピード感だな、と思った。中弛みを許さない急速な展開。そして、どれもチャイルドライクな要素が含まれていることに気づかされている。つまり良く言えば甘酸っぱく切ない。悪く言えば青臭くて幼稚……怪談として読めば平山夢明や福澤徹三の作品のようなリアリティは望めない。頭でっかちな作り話ばかり、という印象を受ける。だから怖くはないのだが、兎にも角にもここまでの量を読ませる筆力は流石というべきだろう。発想の妙に著者のクレヴァーさを感じさせられ、改めて舞城は侮れないと思ってしまった。だが、過剰に評価すべきだとも思われない

  • salvador

    やっぱ舞城だなって思う。入口同様、怖いのに残酷なのに不気味なのにちょっと泣けるのに、所々で笑ってしまう。舞城が書くと、こちらとあちらの境界線があやふやっぽくなるからかな。入口より怖さが増していた気がした。九十八太郎の寝ずの番は少し長めでハチャメチャで、どうにもならなそうな危機感の中ですごく笑わせてくる。九十九太郎は他と違っていて想像を掻き立てる。これ新聞書評で宮部みゆきさんが3頁なのにめちゃ怖いと言ってたのよね。納得。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items