CD Import

Piano Sonata.1, 2, 3, 4, 5, 9, 10, 12, 13, 15, Fantasy: Gulda

Mozart (1756-1791)

User Review :4.5

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
4776130
Number of Discs
:
3
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

未発表音源!
「The Gulda Mozart Tapes」(3CD)

フリードリヒ・グルダの1980年の未発表プライヴェート音源が、ドイツ・グラモフォンのリマスタリングで蘇ります。ベートーヴェンと並んでモーツァルトを得意としていたこのピアニストが残した、ベーゼンドルファーの響きもすばらしい名演奏。まさに「モーツァルト・イヤー」にふさわしいリリースと言えるでしょう。(ユニバーサルミュージック)

The Gulda Mozart Tapes

モーツァルト:
CD-1:
・ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 K.330
・ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調 K.332
・ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調 K.333

CD-2:
・ピアノ・ソナタ第1番ハ長調 K.279
・ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調 K.280
・ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調 K.281
・ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調 K.282

CD-3:
・ピアノ・ソナタ第5番ト長調 K.283
・幻想曲ハ短調 K.475
・ピアノ・ソナタ第15番ハ長調 K.545
・ピアノ・ソナタ第9番ニ長調 K.311

 フリードリヒ・グルダ(p)

 録音:1980年 ウィーン(Weisenbach am Attersee)
 ステレオ録音[K.283のみMONO]

 Exective Producer:Rico Gulda
 Tonmeister(Balance Engineer):Hans Klement
 Remastering:Greenlight Studio

Track List   

Disc   1

Piano Sonata No.10 in C major, K.330

  • 01. 1. Allegro moderato [9:19]
  • 02. 2. Andante cantabile [7:45]
  • 03. 3. Allegretto [8:40]

Piano Sonata No.12 in F, K.332

  • 04. 1. Allegro [9:23]
  • 05. 2. Adagio [5:05]
  • 06. 3. Allegro assai [9:05]

Piano Sonata No.13 in B flat, K.333

  • 07. 1. Allegro [10:43]
  • 08. 2. Andante cantabile [11:06]
  • 09. 3. Allegretto grazioso [6:27]

Disc   2

Piano Sonata No.1 in C, K.279

  • 01. 1. Allegro [5:57]
  • 02. 2. Andante [9:15]
  • 03. 3. Allegro [4:18]

Piano Sonata No.2 in F, K.280

  • 04. 1. Allegro assai [5:53]
  • 05. 2. Adagio [8:07]
  • 06. 3. Presto [3:47]

Piano Sonata No.3 in B flat, K.281

  • 07. 1. Allegro [6:29]
  • 08. 2. Andante amoroso [7:15]
  • 09. 3. Rondeau (Allegro) [3:44]

Piano Sonata No.4 in E flat, K.282

  • 10. 1. Adagio [7:57]
  • 11. 2. Menuetto I-II [4:32]
  • 12. 3. Allegro [2:53]

SEE ALL TRACKS >

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
20
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
★
S.H.さんの仰る通り、ヴェーグとグルダの...

投稿日:2010/09/25 (土)

S.H.さんの仰る通り、ヴェーグとグルダのモーツァルトは別格ですね。中古品を手に入れましたが、硬質なベーゼンドルファーの音と塵ひとつない澄み切った構成美に驚きました。そしてデモーニッシュな側面も覗かせて、もう一歩進むとシューベルトの世界のような惹きこまれる演奏です。ヴェーグとの共通点は、って?整った様式感の素晴らしさでしょうか。

ミケランジェリ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
今まではアマデオ盤の11番13番15番(...

投稿日:2010/08/08 (日)

今まではアマデオ盤の11番13番15番(とDGに入れた16番など(こちらは私は未聴))しかなかったがこのほかの曲も聴けるようになったのはうれしいことだ。しかし,演奏としてはやはりアマデオ盤の方が格段に優れていると思う。(音質のことではない。演奏に関してのこと)。こちらはどうも迫力がありすぎるというか,音色が汚いというか,あまり繊細なイメージを受けなかった。その点,アマデオ盤の方は実にタッチが繊細,神経質。ピンと張り詰めた空気がある。こちらの方がオススメである。

オットー さん | 滋賀県 | 不明

4
★
★
★
★
☆
音が割れていたり擦れている部分もあります...

投稿日:2010/01/07 (木)

音が割れていたり擦れている部分もありますが、然程気になりませんでした。 というのも、私はグルダの魅力は冷静でいながら自由奔放な演奏にあると思っているからです。  明るい中にも、そこかしこから滲み出る哀しさが聴き手を何とも言えない気持ちにさせる。

sisina さん | 千葉県 | 不明

0

Instrumental Music Items Information

Recommend Items